最近読んだ本

三本の緑の小壜 (創元推理文庫) 悪魔はすぐそこに (創元推理文庫) ウォリス家の殺人 (創元推理文庫) 災厄の紳士 (創元推理文庫)

D・M・ディヴァイン『三本の緑の小壜』 (山田蘭訳 創元推理文庫)
D・M・ディヴァイン『災厄の紳士』 (中村有希訳 創元推理文庫)
D・M・ディヴァイン『ウォリス家の殺人』 (中村有希訳 創元推理文庫)
D・M・ディヴァイン『悪魔はすぐそこに』 (山田蘭訳訳 創元推理文庫)


 D・M・ディヴァインは、かって教養文庫から翻訳が刊行されていた時代から、好きな作家でした。しっかりとしたプロット、丁寧な人物造形、繊細な心理描写など、小説作りが非常に上手いのです。
 僕のミステリの読み方はかなり邪道です。ミステリのトリックやギミック部分は、正直そんなにこだわりません。物語として優れているかどうか、そこにミステリ部分が上手く噛み合っているか、という点が評価基準でしょうか。そういう意味で、僕が好きなミステリ作家の理想型に近いのがディヴァインなのです。
 上の四作はどれも面白かったのですが、人気作家とその家族の人間関係のねじれを描いた『ウォリス家の殺人』、少女の連続殺人事件をめぐるサスペンス風味の強い『三本の緑の小壜』の二作がベストでしょうか。とくに『三本の緑の小壜』は、各章語り手が変わることによって、それぞれの人間関係が多面的に描き出されるところが面白いです。



4488578039ゴースト・ハント (創元推理文庫)
H・R・ウェイクフィールド 鈴木 克昌ほか
東京創元社 2012-06-28

by G-Tools

 怪奇小説の最後の巨匠ウェイクフィールドの怪奇小説集です。この時代のゴースト・ストーリーは、現代人からはテンポが違いすぎて読みにくいことが多いのですが、さすがにウェイクフィールド、読みやすさは抜群です。そしてそれだけでなく、恐怖感の醸成もまた絶品。
 有名作『防人』、あるいは本書の表題作『ゴースト・ハント』などもそうですが、『ケルン』などを読むと、ウェイクフィールドのある種直接的なまでの手法がよくわかります。
 この『ケルン』は、雪のある時だけに怪物が現れるという山が舞台です。友人がその山を登っていくのを、主人公が望遠鏡で見ている眺めていると…という物語。実際の怪物の姿は定石通り描写されません。ただ、そこに至るまでのシチュエーションの作り方があまりに直截というか大胆なのに驚きます。それでも読ませてしまう、というのがウェイクフィールドの巨匠たるところなのでしょうか。



433605505X野性の蜜: キローガ短編集成
オラシオ・キローガ 甕由己夫
国書刊行会 2012-05-28

by G-Tools

 本邦では『羽根まくら』によって知られていた作家キローガ。30編ほどの短編が集められているので、正直、玉石混交の感はあります。ただ内容はどうあれ、彼の作品はそのどれもが、死のイメージに満ちています。
 奇妙な復讐物語『舌』、吸血鬼物語のバリエーション『羽根まくら』、結末まで間然するところのない傑作『頸を切られた雌鶏』、人間に化けた虎の少年を描く民話風の物語『フアン・ダリエン』などが注目作。話す猿を扱った怪作『転生』などという作品も面白いですね。



4309273424鳥の王さま ---ショーン・タンのスケッチブック
ショーン・タン 岸本 佐知子
河出書房新社 2012-08-25

by G-Tools

ショーン・タン『鳥の王さま ショーン・タンのスケッチブック』(岸本佐知子訳 河出書房新社)
 このところ邦訳が続いている、ショーン・タンのスケッチ・ブックを書籍化したもの。ラフやスケッチなど、作品以前のイメージが並んでいます。やはり、架空の動物や建物などを描いた絵に魅力がありますね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

ディヴァインは、教養文庫の「兄の殺人者」とか、(ちょっと甘め?)なところから入ったので(その甘めなところから「5番目のコード」の犯人が分かったんですが)

創元からでた「悪魔はすぐそこに」→うまいけど(うますぎるけど)ツライ。になって、読むけど持っていない。というシリーズになってしまいました。

うまさとしては評価しています。最初のイメージと全然ちがってしまったところが、ディヴァインを好きになれなくなってしまったので残念です。(でも、作家としては誉めています)
【2012/09/03 22:07】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
何冊も読むと、パターンが少し見えてきたりするところもあるんですが、個人的には好きな作家です。
正直「犯人は誰か?」という興味よりも、この人間関係はどうなるんだろう?というお話の興味で読んでいます。
【2012/09/04 22:04】 URL | kazuou #- [ 編集]

受け止めに困る話
キローガ短編集、読んだのですが、kazuouさんが注目作と書かれた話は、確かにどれも特に印象深く読んだ作品でした。

ただ、エンタテイメントとして書かれていないせいか、何となくどう受け止めていいものやら困るようなところがありますね・・・
死のイメージに満ちてはいても、コルタサルのように読者にそれを体感させるというよりは、起こったこととして淡々と(?)描いているような印象なので、その起きたことの意味/意味のなさがそのまま残される感じというのか・・・
「ファン・ダリエン」などは寓話風なのでまだしも消化容易ですが、大半は「こんな成り行きで人が無意味に死にました」といったことをぽんと目の前に放り出されたようで、どこか面白かったと感じづらかった気がしました。
(今更のように「ジェニーの肖像」など読んで面白かったなぁと思っている私は単なるロマンチストなのかもしれませんが・・・・)

ゴースト・ハントは「赤い館」は持っていますが買いました(まだ未読、増補分が楽しみ!)。
私事ですが、今は「夜毎に石の橋の下で」などを読んでいて(何となく東方の皇帝談(?)と似た読み心地です)、デュレンマットの短編集なども後に控えています。 
【2012/10/01 03:32】 URL | Green #- [ 編集]


そうですね。キローガは、エンタテインメントとしてはなかなか楽しみにくいかも。個人的には、そのへんが逆に新鮮に感じたりします。
感触としては、中国の志怪あたりに通じるような味わいですね
【2012/10/05 22:10】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/490-5ba0d51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する