懐かしのテイスト 山口雅也責任編集『ミステリマガジン 2012年10月号』
B008WI16LYミステリマガジン 2012年 10月号 [雑誌]
早川書房 2012-08-25

by G-Tools

 『ミステリマガジン 2012年10月号』は、『ヤマグチ マサヤズ ミステリ マガジン』として、一冊まるごと山口雅也さんの個人編集という、面白い特集号となっています。
 山口雅也さんの好みを反映した短編作品、エッセイなどが掲載されているのはもちろんですが、レイアウトやデザインなど、細かい部分が非常に凝った作りになっているのに感心させられます。
 表紙のイラストは、かっての『EQMM』(エラリイ クイーンズ ミステリ マガジン)を模したデザイン、各短編の扉のカットやデザインも当時を彷彿とさせるものになっています。そして巻頭の山口雅也さんの写真、これも当時の雰囲気を再現するために、わざと粗く印刷しています(印刷では「出力線数」というものがあり、この線数を低くすると、写真が粗くなります)。これには驚きました。
 そして、特集の最後には架空の『次号予告』まで! しかもその中にマイクル・クライトン『世界最強の仕立屋』のタイトルがあります! 以前このブログでも内容を紹介していますが(http://kimyo.blog50.fc2.com/blog-entry-137.html)、個人的に大好きな作品なのです。山口雅也さんもこの作品を評価しているのがわかって、うれしいです。
 さて、内容の方を紹介しておきましょう。

『目撃』スティーヴン・バー 各務三郎/訳
『白柱荘の殺人』G・K・チェスタートン 村崎敏郎/訳
『1ドル98セント』アーサー・ポージス 伊藤典夫/訳
『町みなが眠ったなかで』レイ・ブラッドベリ 都筑道夫/訳
『では、ここで懐かしい原型を……』ロバート・シェクリイ 伊藤典夫/訳
『殺人生中継』ピエール・シニアック 末継昌代/訳
『退化した人たち』チャールズ・アダムス 山口雅也/訳
『ストーリー展開について』ジョン・ディクスン・カー 森 英俊/訳
帰ってきた『ミステリーDISCを聴こう』 山口雅也
編集ノート/次号予告 山口雅也

 チェスタートン、カーはともかく、ポージス、シェクリィなど、厳密にはミステリとはいえないものが多く掲載されています。また、再録作品が多いので、オールドファンには物足りなく思える面もあるでしょうが、とにかく読んでいて感じる楽しさは格別です。
 小説の中では、スティーヴン・バーの怪奇作品『目撃』がいちばんのオススメ作。冒頭と結末がループする展開は実に見事です。掲載誌も掲載アンソロジーも入手難になっているので、貴重な作品ですね。
 アーサー・ポージスのファンタジー、シェクリイのパロディ作品、そしてチャールズ・アダムスのノンシリーズの漫画を集めた『退化した人たち』も実に楽しい。
 僕は以前『ミステリマガジン』のバックナンバーを集めていました。近年こそ、興味のある特集号のときしか購入しなくなりましたが、『EQMM』創刊号から『ミステリマガジン』の600号あたりまでは、ほぼ全号読んでいるはずです。
 それだけの号に目を通してみると、同じ雑誌とはいえ、時代ごとに特徴があるのに気がつきます。とくに1960年代後半から1970年代後半ごろの『ミステリマガジン』は、狭義のミステリだけでなく、いろんなジャンルの小説を載せていて、たいへんに面白い雑誌になっていました。
 毎年恒例になっている≪幻想と怪奇≫特集の号でもないのに、ホラー作品が載っていたり、ヒロイック・ファンタジーが載っていたり、冒険小説が載っていたり、ユーモア小説が載っていたりと、多様なジャンルの作品が載っていました。「フィーリング小説」として、ジャンル分けできないような作品も載ってましたっけ。とにかく、この時期の『ミステリマガジン』は、「ごった煮」的な魅力のある雑誌でした。
 今号の『ミステリマガジン』は、そうした過去の号の楽しさを思い出せてくれる特集でした。過去にこの雑誌を読んでいたことのある読者にとっては、たまらない魅力のある特集号ではないでしょうか。また、若い読者にも、かっての『ミステリマガジン』の楽しさを知ってもらう(最近の『ミステリマガジン』がつまらないというわけではありませんが)という意味でも、面白い特集でした
 ひじょうに楽しい特集だったので、ぜひ、またやっていただきたいですね。また個人が責任編集を行うというスタイルも、ほかの作家や翻訳家の方を迎えてやってみてほしいと思います。
この記事に対するコメント

おもしろい試みですね。
山口雅也は、『生ける屍の死』と
キッド・ピストルズ・シリーズは読みました。
最初はとっつきにくかったんですが、
読みだすとおもしろかった記憶があります。
この人から笠井潔に行ったんだか、逆だったんだか、
とにかく同じころにふたりにハマってました。
【2012/08/26 23:11】 URL | kenn #NV6rn1uo [ 編集]


これは久々に楽しい特集でした。
山口雅也さんは、エッセイにせよ実作にせよ、マニア気質というか、ひじょうに凝ったことをされる方ですよね。僕も『ミステリーズ』とか『マニアックス』などの短編集はとても楽しく読みました。
【2012/08/27 22:29】 URL | kazuou #- [ 編集]


楽しい企画ですね!
昔風で良いと思います。
【2012/08/31 23:08】 URL | fontanka #- [ 編集]

好企画でした
『ミステリマガジン』は数年前のリニューアルから、いろいろ新しい試みをしていますが、今号はいつにも増して、いい企画だったと思います。
「自分だけのアンソロジー」と並んで、「自分だけの特集号」というのは、海外短編ファンとしては、夢ですよね。
【2012/09/01 11:04】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/489-8f359f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する