7月の気になる新刊と『トンネル』のこと
7月5日刊 フィリップ・K・ディック『トータル・リコール』(ハヤカワ文庫SF 予価987円)
7月10日刊 由良君美『椿説泰西浪曼派文学談義』(平凡社ライブラリー 予価1785円)
7月10日刊 北村薫『謎の部屋 謎のギャラリー』(ちくま文庫 予価998円)
7月12日刊 フリードリヒ・デュレンマット『失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選』(光文社古典新訳文庫)
7月18日刊 金原瑞人編訳『南から来た男 ホラー短編集2』(岩波少年文庫 735円)
7月20日刊 レオ・ペルッツ『夜毎に石の橋の下で』(国書刊行会 予価2730円)

 7月刊で気になるのは、光文社古典新訳文庫のデュレンマット傑作選と、ペルッツ『夜毎に石の橋の下で』でしょうか。
 デュレンマットといえば、今回の傑作選の収録作品に『トンネル』が挙げられているのですが、この作品、長年読みたかった作品なんですよね。とはいいながら、ついこないだ既に読んでしまったんですが。
 というのも、今年出版された『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』に収録されているからです。
 この作品のあらすじを知ったのは、たぶん角川文庫から出ていた『短篇小説の快楽』というガイド本です。このガイドを読んだのが、おそらく1992年あたり。約20年も読みたいと思いながらも果たせなかった作品が、今年になって2冊も出る、というのも、妙なめぐり合わせです。
 長年ずっと読みたいと思っていたために、いろんな想像をめぐらして期待していた作品が、実際に読んでみたら、想像していたのと違って失望した、ということもあります。
 ただ、実際に読んでみた『トンネル』は、想像通り、というか、失望はしませんでした。あらすじを紹介すると興を殺いでしまいそうなので書きませんが、A・ノイズの『深夜特急』とか、フリオ・コルタサル『続いている公園』などに似た雰囲気の作品と言えばわかってもらえるでしょうか。
 とりえあず、今回の新訳で『トンネル』を読み比べてみたいと思います。
この記事に対するコメント
ちょっと長いですが・・
デュマンレット、面白そうですね。
内容案内を見て、「失脚」など結構面白そうだけれどゴリゴリの文学系の人なのかなと思っていたら、検索してみるとポケミスで2冊の既刊がある人なんですね(これはお読みでしたか?もしそうでしたら感想など伺ってみたいです)。エンタテイメントとしても読むことが可能な面白さ?
ドイツの方かと思ったらスイスの人でしたし・・・・
これはちょっと期待してみます。
『夜毎に石の橋の下で』の方は、タイトルに雰囲気があって惹かれますが、内容は様々な登場人物が主人公を務める幻想的な歴史小説、ということなんでしょうかね・・。過去を舞台にした幻想ものだとして、どの辺りが幻想なのかがちょっと気になります。

6月新刊紹介のコメント欄で、「国書刊行会の単行本が文庫化っていう時点で、珍しい」という話がありましたが、
そういえば来月にはコルタサルの『秘密の武器』も岩波で出るみたいですね。(でも、あれそのままでしたら特に買うことはないと思いますが・・・)
バンクスの「ブリッジ」は… 今年も無理かもしれないですね…

ついでながら新刊がらみで私的な読書について書いてみますと、割と最近出た本の中では、岸本佐知子編の「居心地の悪い部屋」がこのジャンル近辺で面白かった気がします。ただ異色作家短編集にあったようなストーリー性のある面白みとは趣の違う、やはり文学系の話が多いかなという気はしました。
あと、SFですが伊藤計劃の短編をまとめた「Tne Indifference Engine」。某国の状況そのままかとも思わせる表題作と、007をネタ(007というものに対する着目点がおもしろいです。映画で主演俳優を変更しつつ延々と続くあの作品をこう捉えるか…という…)にディックの某作品とイーガンの作品辺りをブレンドしたような「From the Nothing, with Love」がとりわけ面白かったです。
昨年ちょっと話題だった皆川博子「開かせていただき光栄です」も面白く読みましたが、これは幻想ものとは言えないですね。。。
ご紹介いただいた「3秒」等も読んでいますが、これはまた別途。後はミステリ系が多いかなぁ…というかあまり本が読めていないですね。
(長々と失礼しました)
【2012/06/24 09:25】 URL | Green #- [ 編集]

デュマンレット
デュマンレットは、劇作家として有名な人ですね。ただ、ジャンル小説にも意欲を示した人で、ミステリ長編『約束』と『嫌疑』、あと短篇ですけどSF作品も邦訳があったはずです。正直、どれもいまいちだった覚えがありますが。
記憶に残っているのは、『トンネル』以外では、『ドイツ幻想小説傑作集』に入っている『犬』ぐらいでしょうか。
ペルッツは、今までの邦訳作品、当たりはずれが大きかったんですが、『夜毎に石の橋の下で』は、代表作だということで、期待しています。
伊藤計劃、世間一般の評価は良いようですが、個人的には馴染めませんでした。『ハーモニー』も『虐殺器官』も読み通せませんでしたし。
【2012/06/24 13:34】 URL | kazuou #- [ 編集]


読書・ブログ・キローガでグーグル検索して
たどりつきました幻想文学を読み始めて一年になるものです。
まさにさがしもとめていたブログをみつけて
本当にうれしいです。
これからの読書計画の参考にさせていただきます。
ありがとうございます。
【2012/07/04 20:49】 URL | オリヒロ #- [ 編集]

>オリヒロさん
オリヒロさん、はじめまして。

幻想文学ファンに出会えて、こちらもうれしいです。
ミステリ、SFファンに比べて、幻想文学ファンは絶対数が非常に少ないですから。
そう大したブログでもありませんが、お役に立てれば何よりです。
【2012/07/04 21:28】 URL | kazuou #- [ 編集]

トンネル
初めまして。こちらのサイトを拝見してデュレンマットという作家を
知り光文社文庫を買って読んでみました。「トンネル」と「故障」が面白かったです。
スイスは山国なのでトンネルが多いのですね。通勤の際、近鉄電車が短いトンネルを
通過する度に異世界に入ったような気持ちになります。
【2012/09/02 15:13】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]

>奈良の亀母さん
奈良の亀母さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

デュレンマットの作品は、抽象性が高いというか「寓話」に近いので、遠い国の人間にも面白く読めますね。『トンネル』はその最たるものだと思います。
日本でももっと知られていい作家ですね。
【2012/09/02 21:00】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/480-082e02cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する