4月の気になる新刊
4月6日刊 ジョー・ヒル『ホーンズ 角』(小学館文庫 予価980円)
4月10日刊 都筑道夫『黄色い部屋はいかに改装されたか? 増補版』(フリースタイル 予価2100円)
4月12日刊 H・G・ウェルズ『タイム・マシン』(光文社古典新訳文庫)
4月17日刊 ホルへ・ルイス・ボルヘス『汚辱の世界史』(岩波文庫 予価567円)
4月19日刊 ティエリー・ジョンケ『私が、生きる肌』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価672円)
4月25日刊 オラシオ・キローガ『キローガ短篇集成』(国書刊行会 予価3360円)
4月27日刊 パトリック・クェンティン『迷走パズル』(創元推理文庫 予価861円)
4月27日刊 アントニー・マン『フランクを始末するには』(創元推理文庫 予価924円)
4月27日刊 エリス・パーカー・バトラー『通信教育探偵ファイロ・ガッブ』(国書刊行会 予価2415円)

 『私が、生きる肌』は、数年前に邦訳されたサスペンス『蜘蛛の微笑』の作者ティエリー・ジョンケの新作、と思ったら、『蜘蛛の微笑』の改題新装版なのですね。どうやら映画化に合わせた再刊のようです。とても面白いサスペンス小説なので、未読の人はぜひ。
 4月のいちおしはこれ、オラシオ・キローガ『キローガ短篇集成』です。キローガは、ウルグアイの短編作家。本邦では『羽根枕』とか『彼方で』などが知られていますね。以前に、彩流社から短篇集が出たのですが、正直いまいちな出来だったような記憶があります。今回は30数編が収録された本格的な短篇集だそうですので、期待が高まります。
この記事に対するコメント

クェンティンのパズルものが出ますね。
そこまで好きではないんですが、やはりきになるところです。
【2012/03/30 23:04】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
クェンティンは、発表時期によって作品の色合いがかなり違いますね。(合作作家のペンネームらしいので)。個人的には、この作家のサスペンスものは大好きなんですが。
【2012/03/31 20:47】 URL | kazuou #- [ 編集]

フランクを始末するには
毎話の扉絵がよく合っていて洒落た本に仕上がっています。
「豚」が一番ゾッとしました。あと買物リストだけで1話作れて
しかも面白いなんて!チェスものが2話入っていましたが
自分がチェス理解不能で残念でした。SFやミステリーの作家様で
チェス好きな方は多いですね。
【2014/04/22 10:09】 URL | 奈良の亀母 #- [ 編集]


非常に洒落た短編集ですよね。
創元社は、たまにこういう小粋な短編集を出してくれるのが嬉しいです。
【2014/04/23 19:40】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/473-0a7c077c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する