3月の気になる新刊
3月2日刊 山白朝子『エムブリヲ奇譚』(メディアファクトリー 予価1554円)
3月8日刊 デイヴィッド・ゴードン他『ミステリアス・ショーケース』 (ハヤカワ・ミステリ 予価1890円)
3月9日刊 クリスティン・マシューズ編『主婦に捧げる犯罪』 (RHブックス・プラス 予価998円)
3月15日刊 ミハイル・ゾーシチェンコ『俺の職歴』(群像社 予価1575円)
3月17日刊 東雅夫『文学の極意は怪談である 文豪怪談の世界』(筑摩書房 予価1890円)
3月中旬刊 エリス・パーカー・バトラー『通信教育探偵ファイロ・ガッブ』(国書刊行会 予価2415円)
3月中旬予定 都筑道夫『黄色い部屋はいかに改装されたか? 増補版』(フリースタイル 予価2100円)
3月23日刊 ジュディ・バドニッツ『居心地の悪い部屋』(角川書店 予価1890円)
3月下旬刊 エルヴェ・ド・サン=ドニ『夢の操縦法』(国書刊行会 予価3990円)
3月発売 《ナイトランド》 創刊号(トライデント・ハウス 予価1700円)

 短篇集『死者のための音楽』で幻想小説ファンを驚かせてくれた、山白朝子『エムブリヲ奇譚』が登場です。某有名作家のペンネームだとされていますが、このペンネームでは非常な寡作なので、もっとこの手のジャンルの作品を書いていただきたいですね。
 3月の一押しはこれでしょうか。群像社から刊行予定のミハイル・ゾーシチェンコ『俺の職歴』。ゾーシチェンコ(ゾシチェンコ)は、ロシアのユーモア作家。まとまった翻訳としては、1961年刊行の『世界ユーモア文学全集 第12巻』収録のいくつかの短編ぐらいでしょうか。僕はこの叢書でゾシチェンコの作品を読み、とても面白いなと思った記憶があります。浅倉久志さんがまとめていた≪ユーモア・スケッチ≫と似たような感じの作品を書く作家です。とりあえず、数十年ぶりに翻訳が出ること自体、慶賀すべきですね。
 澁澤龍彦の著書をはじめ、「夢」に関する本を読んでいると、たいてい出てくる名前として、エルヴェ・ド・サン=ドニの名前があります。欧米では古典となっている著作ですが、ようやく日本語訳『夢の操縦法』が登場です。「夢」に関心のある人は必読でしょう。
 ホラーの専門誌なんて、何年ぶりでしょうか。《ナイトランド》は、「幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌」。創刊号の特集は「ラヴクラフトを継ぐ者たち」だそうです。目次予定を見る限り、かっての『幻想と怪奇』を髣髴とさせるような雰囲気ですね。これは期待したいです。
詳細については、こちらを参照願います。
この記事に対するコメント

ホラーの専門誌!→驚きです。
個人的には「黄色い部屋・・・増補」ですけど。
【2012/02/27 20:51】 URL | fontanka #- [ 編集]

お久しぶりです
《ナイトランド》にびっくり。
期待と、何号まで続くかに、
ハラハラドキドキですね。
【2012/03/02 22:30】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>fontankaさん、迷跡さん
《ナイトランド》の刊行元は、以前ゾラン・ジフコヴィッチの短篇集を刊行した版元ですね。ホラーや幻想小説にこだわりのある版元のようなので、期待しています。
【2012/03/04 17:53】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/470-13eee4cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する