欧米の怪奇小説をめぐって  『BOOKMAN 19号』
 1987年、ある雑誌でこんな特集が組まれました。「本物のホラーを!-エセ恐怖ブームを斬る」。雑誌の名前は『BOOKMAN』。評論家として知られた瀬戸川猛資氏が編集していた雑誌です。さて、この号のまずは巻頭言から引用してみましょう。

 ここに至って、ようやく気がついたのだ。“ホラー”は今や“スプラッタ”と同義で使用されているのだな、と。
 冗談ではないぞう。冗談では。
 “ホラー”といえば、“幻想怪奇文学”あるいは“怪談”のことに決まっているではないか。そして、“幻想怪奇文学”や“怪談”は、決して低俗ではなく、格調の高いものなのだ。
 これらの本物のホラーに較べれば、現在、“ホラー”と呼ばれているスプラッタ系統の作品-似非ホラーと呼ぼう-は、まったくつまらない。


 当時ブームになっていた「スプラッタ・ムービー」の流行を嘆いた怪奇小説ファンたちが、伝統的な幻想怪奇文学の魅力を再認識させたい…という趣旨で組まれた特集のようなのです。
 ここでいう「本物のホラー」とは、マッケンやブラックウッドなど、古き良き怪奇小説の巨匠たちの作品を指しているようです。ジョン・ソール、クライヴ・バーカーをはじめ、果てはスティーヴン・キングですら、「想像力の感じられぬ作品群」と斬って捨てられてしまうのですから、相当なものです。
 当然、当時のホラー映画に至っては話にならない、といった論調です。ちなみに、「エセ・ホラー映画減点表」として、酷評されている映画のタイトルを挙げてみましょう。『スキャナーズ』『エルム街の悪夢』『バタリアン』『死霊のはらわた』『ハロウィン』『遊星よりの物体X』など。
 現在、ホラー映画の名作といわれているタイトルが並んでいます。映画にしても小説にしても、かなり基準が厳しいな、と感じる論調ですね。確かに当時は、ビデオ・バブルとでも呼ぶべき時期で、B級どころか、C級、D級のホラー・スプラッター作品までもがビデオ化されていました。その氾濫に、オールド怪奇小説ファンとして、一石を投じたかった、という気概はわかりますが、ちょっど原理主義的な考え方のような気がしてしまいます。
 さて、それでは内容面についても紹介しておきましょう。紀田順一郎へのインタビューや、長谷川並一による「とっておきの傑作怪奇短編6コ」などが面白く読めますが、いちばん興味深いのはやはり瀬戸川猛資と荒俣宏との対談「幻想怪奇のシリーズは貧乏と苦闘との歴史だった」でしょう。
 荒俣氏の本でも、幻想文学や怪奇小説とどう関わって紹介してきたか、という内容に触れているものがありますので、内容的にはそれとかぶるものがあります。ただ、自著の本ではあまり現れなかった、本音がちょっぴり垣間見られるのが興味深いところです。
 怪奇幻想文学は、読者はもともと少数なのだからしょうがないという瀬戸川氏に対して、荒俣氏はこう答えます。

 荒俣 それは、ミステリみたいな売れるものばかり相手にしている人がいうことなんだよ。実際にやってみれば、悲惨としかいいようがないから。小さな雑誌に書いたって、原稿料なんか出ないんだからね。それどころか、資料代だって、交通費だってない。そういうことは、君だって知ってるじゃないの。

 また現実的な数字として挙げるのは、月刊ペン社から刊行された、名ファンタジー叢書≪妖精文庫≫について。

 荒俣 あれは、編集の阿見さんが頑張って、意地で出したからだよ。売れたのは一万部いった最初の『リリス』だけ。あとは、みんな二千か三千。これは悲惨ですよ。だって、駄本じゃなくて、すごく面白くていい本を出版しているわけだから。向こうでは現在もさかんに読まれている名作ばかりなんだよ。それが、二千部だもんね。パ・リーグの消化試合の観客よりもまだ少ない数の人間しか読まない。

 読んでいて、これほど経済的に大変なジャンルだったのか、というのがビンビン伝わってきますね。それだけに、採算を無視してでも、とこれらのジャンルを紹介してくれた先達たちの苦労に、われわれは感謝すべきでしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/466-6aebc6a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する