11月の気になる新刊と10月の新刊補遺
10月25日刊 若島正『乱視読者のSF講義』(国書刊行会 予価2520円)
10月27日刊 『南欧怪談三題』(未来社 予価1890円)
10月下旬刊 紀田順一郎『乱歩彷徨 なぜ読み継がれるのか』(春風社 予価2000円)
10月下旬刊 レーモン・クノー・コレクション8『聖グラングラン祭』(水声社 予価2940円)
11月4日刊 大森望編『NOVA(6)』(河出文庫 予価998円)
11月4日刊 小松左京『小松左京コレクション(1)』(河出文庫 予価998円)
11月16日刊 マリシャ・ペスル『転落少女と36の必読書 上・下』(講談社 予価各1890円)
11月17日刊 〈KAWADE夢ムック〉『諸星大二郎』 (河出書房新社 予価1260円)
11月25日刊 リチャード・マシスン『リアル・スティール』(角川文庫 予価735円)
11月29日刊 エリック・マコーマック『パラダイス・モーテル』(創元ライブラリ 予価1050円
11月29日刊 ブライアン・ラムレイ『幻夢の時計』(創元推理文庫 予価840円)

 『SFマガジン』に連載されていた「乱視読者のSF講義」に加えて、SF関連の文章を集めたのが、若島正『乱視読者のSF講義』です。この著者、読みがとんでもなく深いので、読んでいて新たな発見があります。
 『南欧怪談三題』は、南欧の怪談を集めた本です。収録作品は、アナトール・フランス「亡者のお彌撒」、プロスペル・メリメ「ヰギヱのヴェヌス」、G・T・ランペドゥーザ「鮫人」 の3篇。どうも編集方針がよくわからない本ですが、とりあえず怪談ファンはチェックでしょう。
 今月ハヤカワ文庫からも同名の短篇集が出ているリチャード・マシスン『リアル・スティール』が、角川文庫からも登場です。まだ収録内容は不明ですが、ハヤカワ版とかぶっていないといいですね。マシスンの短編ファンは要チェック。
 11月の一押しはこれ、エリック・マコーマック『パラダイス・モーテル』です。長らく絶版だったものの文庫化ですが、すばらしく魅力的な作品なのでぜひ。エンタテインメント性も高いので、『ミステリウム』がぴんとこなかった方にもオススメしておきます。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

いつも情報ありがとうございます!
ありゃ、ハヤカワのも買ってないのにマシスンがまた出る?しかも同じタイトル?内容には注目ですね。
持っていないパラダイス・モーテルが文庫化はうれしいですね。
もちろん一番の注目は若島正『乱視読者のSF講義』です。ただおそらくほとんどが既に読んでいるものですが(笑)。
【2011/10/16 20:24】 URL | さあのうず #- [ 編集]

>さあのうずさん
映画化の副産物とはいえ、マシスンの短篇集が複数出るというのは、嬉しいですね。マシスンの短篇って、相当未訳があったと思います。
『パラダイス・モーテル』は、すごく面白い作品なのでぜひ。
『乱視読者のSF講義』、僕も「SFマガジン」誌上でほとんど読んではいるのですが、やはり購入予定です。こういう「講義」の幻想・ホラー小説版をやってくれると嬉しいんですけどね。
【2011/10/16 21:23】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/460-8b597183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する