夢マンガをめぐって

4904376625エデナの世界
メビウス
ティー・オーエンタテインメント 2011-09-24

by G-Tools

 発売されたばかりの、メビウス『エデナの世界』を入手しました。メビウスはフランスのマンガ、≪バンド・デシネ≫の巨匠と言われる作家です。さっそく一読したのですが、この『エデナの世界』、「夢」が重要なモチーフになっています。
 主人公のステルとアタンは、宇宙船で、エデンの園を思わせる、楽園のような惑星に辿り着きます。しかしふとしたことから、二人は離ればなれになってしまい、見知らぬ土地で互いを探し合うことになります。
 ホルモン抑制剤を飲んでいた二人は、この星で暮らすうちに、本来のホルモンが活動し始め、それぞれ男女らしい体つきになっていきます。離れ離れになった二人が互いを探しあううちに、この星の「神」と「悪魔」にあたる存在が、それぞれの思惑を持って二人の冒険行にからんでいきます。
 二人がことあるごとに「夢」を見るのですが、これが単なる「夢」ではなく、物語に重要な関わりあいを持ってくるのです。
 読み終えて、そういえば最近読んだマンガに似たモチーフを扱った作品がいくつかあったなあ…と思い出したのが、岸浩史『夢を見た』とフジモトマサル『夢みごこち』



4575302945夢を見た
岸 浩史
双葉社 2011-04-06

by G-Tools

 岸浩史『夢を見た』は、一編がそれぞれ2ページ程度で描かれる、ファンタジー作品。明確なストーリーがあるわけではなく、夢で見るような、ある種不条理なイメージを視覚化したものが描かれます。「夢」といっても、それを見て楽しめるエンターテインメントに昇華しているのが素晴らしいです。



4582287360夢みごこち
フジモト マサル
平凡社 2011-01-30

by G-Tools

 フジモトマサル『夢みごこち』は、連作短篇集なのですが、1篇1篇が終わるごとに、それが夢だった…という展開になっています。いわゆる「夢オチ」作品といえるのですが、それが毎回繰り返されることによって、物語の舞台が現実なのか夢なのか判然としなくなってきます。登場人物たちは、著者独特のかわいいタッチで描かれる動物で表現されているのですが、夢がなかなか終わらない…という、ある種悪夢のような展開とのミスマッチが、何ともいえない雰囲気を生み出しています。
 それぞれの短編も、世界すべてが自分の夢だと思っている男が、夢警察に囚われる話だとか、空を飛ぶ夢を見ている女がラジオ番組に電話をかけてくる話、人格改造システムの実験によって、記憶を奪われてしまう話など、異色作家短篇集を読んでいるような味わいで、楽しめます。
この記事に対するコメント

お初にお目にかかります。

八楽と言います。

おかげさまでSF、ミステリ、怪奇や少し異端な作品を探す際にはいつも参考にさせてもらっています。
佐々木淳子さんはこのサイトで知り、以後会い読書の一冊になっております。

さて、夢を扱ったマンガというのでふと気になったのですが、高橋葉介さんはご存知ですか?
デビュー当初から夢や幻想などをモチーフにしてかなりの数の作品を書いています。

絵柄は好みが分かれるところですが、ミステリマガジンで連載をされてますし、短篇好き、異色作家好きとしては外せない一人だと思います。
【2011/09/26 21:10】 URL | 八楽 #- [ 編集]

>八楽さん
八楽さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

高橋葉介さんの作品は、全部とはいきませんが、いくつか読んだことがあります。確かに夢のモチーフは、よく出てきますね。
正直、作品によって合う合わないがはっきりわかれることが多いのですが、近作は好みの作品が多いです。『顔のない女』とか良かったですね。いま連載中の『怪盗ミルク』は、ずばり好みのストライクで愛読しています。
【2011/09/28 23:08】 URL | kazuou #- [ 編集]


はじめまして。
いつもこっそりきて買う本の参考にさせていただいております。
「夢を見た」は私も大好きです。

夢の本だと久住 昌之「マンガム」も好みです。

またこちらで勉強させていただきます。
失礼いたしました。
【2011/10/03 20:31】 URL | 長島 #- [ 編集]

>長島さん
長島さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

『夢を見た』はいい作品ですよね。夢の不条理さを描いたマンガ作品というのは、以前にもありましたが、この作品ほど魅力的なビジュアルで夢を描いた作品は初めて見ました。この作者、もっと他の作品を読んでみたいです。

『マンガム』という作品は知りませんでした。面白そうですね。さっそく注文してしまいました。
【2011/10/04 22:01】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/458-dc1be3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する