8月の気になる新刊
8月4日刊 P・G・ウッドハウス『ドローンズ・クラブの英傑伝』(文春文庫 予価900円)
8月4日刊 ハインリヒ・フォン・クライスト『チリの地震』(河出文庫 予価840円)
8月9日刊 東雅夫編『妖魅は戯る 文豪怪談傑作選・大正篇』(ちくま文庫 予価924円)
8月9日刊 鴻巣友紀子『全身翻訳家』(ちくま文庫 予価798円)
8月10日刊 ミステリー文学資料館編『悪魔黙示録 「新青年」 一九三八 探偵小説暗黒の時代へ』(光文社文庫)
8月12日刊 山口雅也『モンスターズ』(講談社文庫 予価730円)
8月20日刊 J・G・バラード『殺す』(創元SF文庫 予価630円)
8月25日刊 大森望『不思議の扉 午後の教室』(角川文庫 予価540円)
8月25日刊 ジョン・ディクスン・カー『火刑法廷 新訳版』(ハヤカワ・ミステリ文庫 予価815円)
8月25日刊 ゾラン・ドヴェンカー『謝罪代行社』(ハヤカワ・ミステリ 1575円)(ハヤカワ・ミステリ文庫 上下 予価各815円)
8月30日刊 渡辺温『アンドロギュヌスの裔』(創元推理文庫 予価1575円)

 ハインリヒ・フォン・クライスト『チリの地震』は、以前出た文庫の復刊になると思うのですが、傑作ぞろいの短篇集なのでぜひ。ほとんど「バイオレンス小説」の域に達している『チリの地震』、極限まで削られた幽霊物語『ロカルノの女乞食』、音楽をめぐる魅力的な奇跡譚『聖ツェツィーリエ』など。
 ジョン・ディクスン・カー『火刑法廷 新訳版』は、幻想小説としても読めるミステリ『火刑法廷』の新訳版です。
 ゾラン・ドヴェンカー『謝罪代行社』は、「謝罪代行業を始めた若い四人の男女を凄惨な殺人事件が、そして思いもよらぬ悲劇が待ち受ける。」という話だそう。なかなか面白そうな作品なのですが、ハヤカワ・ミステリ版と文庫版とが同時発売だそうで、珍しい形ですね。
 8月のいちおしはこれです。渡辺温『アンドロギュヌスの裔』。探偵小説誌『新青年』の編集に携わり、珠玉の掌編を残した伝説の作家、渡辺温の傑作集です。以前から刊行の予定はささやかれていましたが、とうとう刊行です。
今までは、渡辺温の作品を読もうと思ったら、アンソロジー収録作品以外では、薔薇十字社版の作品集か、博文館新社から出た『叢書 新青年 渡辺温』ぐらいしかなかったので、文庫版作品集の刊行はうれしい限りです。薔薇十字社版の作品集は、3万~5万というすさまじい古書値がついていますし、『叢書 新青年 渡辺温』の方も、割と高価ですしね。
この記事に対するコメント

久しぶりにコメントさせていただきます。
詳しくはないのですが、経歴などで渡辺温には興味がありました。まさか出るとは。価格の方もちょっとした驚きですが(笑)。
バラードの「殺す」は地味だけど短いので後期のミステリ的な作品の入門編として最適で、文庫化はグッドニュースと思います。
【2011/07/24 20:49】 URL | さあのうず #- [ 編集]

>さあのうずさん
渡辺温は、夭折したこともあって、作品数が少ないんですよね。今回の創元文庫版も作品集というよりは、「全集」になるんだと思います。短編、というよりもショート・ショートといったほうがいい作品が大部分ですが、今読んでも味わいのある作家なので、ぜひ。


バラードの「殺す」は、僕も数年前に読みました。淡々とした筆致が逆に凄みを感じさせるというか、印象としては、ほとんどホラー小説ですね。バラード後期作品はほとんど読んでいないのですが、「殺す」が性に合っているなら、他の後期作品も面白く読めるかも…。
【2011/07/24 22:34】 URL | kazuou #- [ 編集]

青空文庫もあるけれど
渡部温、青空文庫では現在23作品公開されてますけど、まだまだ、手触りのあるリアル書籍として接する意味があるといえるかもしれませんね。

それにしても、青空文庫の「新青年」好み、ボランティアさんの趣味でしょうけど、嬉しい驚きでした。
【2011/07/27 20:22】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
渡辺温って、そんなにたくさん公開されてましたか。そういえば、青空文庫、「新青年」系の作品が意外と多いですよね。
あの時代の探偵作家の作品も、論創社のシリーズなどで、ずいぶんマイナーなものも読めるようになりました。でも、作品数の少ない作家はなかなか読者の目に触れる機会が少ないので、今回の刊行はうれしい限りですね。
【2011/07/30 16:08】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/455-28802187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する