幻の怪奇小説
 「あの作品が読みたい」。本が手に入らなかったり、翻訳がなかったり、いろんな理由で読めない作品は、たくさんあります。
 僕の場合、好むジャンルが欧米の「怪奇小説」「幻想文学」方面なのですが、翻訳の出ている作品に関しては、読みたいと思っていた本は、大分読むことができたかな、と最近感じています。
 けれど、ブックガイド的な本、ジャック・サリヴァン編『幻想文学大辞典』やマルセル・シュネデール『フランス幻想文学史』などを読むと、まだ日本に紹介されていない作家や作品がごろごろしていて「読みたい!」という気持ちにさせられます。
 ヤン・ポトツキ『サラゴサ手稿』の完訳版(これは翻訳は完成しているそうですが…)、ポーランドの作家ステファン・グラビンスキの作品、あとはフランスの作家モーリス・ルナールの短編集であるとか、名前を挙げれば枚挙に暇がありません。
 そんな未訳作品で気になる作品のひとつが、アレクサンドル・デュマの『ビロードの首飾りの女』という作品です。この作品を知ったのは、国書刊行会の≪ドイツ・ロマン派全集≫の月報に載っていたエッセイでした。
 これ、なんとドイツの幻想作家ホフマンを主人公とする怪奇小説だそうで、紹介文にはホフマン作品の要素を巧みにとりこんでいるとありました。デュマもホフマンも僕の敬愛する作家であり、その意味でも、すごく興味がありました。
ぜひ読みたいものだと思っていましたが、翻訳の出る気配もなく、十数年経つうちに忘れていました。
 先日ネットを徘徊していると、なんとこの作品を原書で読んだ人のページがあり、驚きました。(http://d.hatena.ne.jp/ikoma-san-jin/20080830/1274832186
 詳細なあらすじ紹介をしてくださっているので、物語の内容が大分わかり、長年の渇を癒すことができました。実際の作品をぜひ読んでみたいものですが、翻訳出版はなかなか難しいのでしょうね。一緒に紹介されていた『1001幽霊譚』もすごく面白そうです。
 この方、ジャン=ルイ・ブーケとかマルセル・ブリヨン、ジャン・ロラン、クロード・セニョール、エーヴェルスなんかを原書で読んでいるんですね。すごいです。
 僕も大学時代にホフマンを原語で読もうと思って、ドイツ語をかじったりしてみたのですが、ぜんぜん歯が立たなかった苦い思い出があるので、なおさら尊敬してしまいます。
 それにつけても思うのは、日本において翻訳紹介されている欧米の作家の多さです。『フランス幻想文学史』などを読んでいても、少ないとはいえ、かなりのマイナー作家でも翻訳があったりして驚かされます。そういう意味では、翻訳小説ファンにとって、日本はすごく恵まれた国なのかな、という思いもします。

 それにしても、創元社から刊行予定になっていた『サラゴサ手稿』の完訳版はどうなっているのでしょうか。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
サラゴサ手稿は...
ごぶさたしています! 日本は欧米の作家の翻訳はかなり出ているほうだとは思いますが、
それでも本の売れ行きなどを考えると、翻訳出版はこれからどんどん厳しくなっていきそうですよね。

それにしても『サラゴサ手稿』の完訳版は一体何があって、どうなっちゃったんでしょう!
英訳がペンギンから出ているので、出ないならいっそ英語で読むべきか…とアマゾンのカートに入れたり、やっぱり邦訳を待とうとカートから出したりして早数年。

せめて状況を教えてほしい~!

『ビロードの首飾りの女』おもしろそうですね。読んでみたいです。
【2011/06/15 04:54】 URL | 春巻 #eEWuiN3Q [ 編集]

>春巻さん
もともと、翻訳作品の出版はかなり厳しくなっているようですが、このご時勢で、さらに拍車がかかっているみたいですね。
『サラゴサ手稿』に関しては、出版告知もされていながらストップしたまま…。まあ難しいとは思いますが、いつか出してほしいです。
【2011/06/25 21:05】 URL | kazuou #- [ 編集]


こんにちわ、いつも楽しく拝見させてもらってます。いつも更新日がとても待ち遠しいです。
以前、国書から出てた『幻想文学1500』に工藤氏のコメントで『サラゴサ手稿』の完訳たぶん来年にはとありました。1997年出版の本です。どうなったんでしょうね。
(工藤氏にはヴィトキェヴィッチ、翻訳出してほしかった。たしか『ブルーノ・シュルツ全集』に翻訳するような事、書いてあったような。)
まあ東京創元社、いよいよ『アンドロギュヌスの裔』出るらしいので、こちらは楽しみです。
古本、高くて手が出ませんでした。

『幻想文学大辞典』ん?です。
【2011/07/13 19:26】 URL | コジコジ #- [ 編集]


正しくは『アンドロギュノスの裔』でした。すみません。
ひとのこと、言えないですね。
【2011/07/13 19:40】 URL | コジコジ #- [ 編集]


愚老の拙いブログを過分にご評価ご紹介いただきありがとうございました。これを励みにまた辞書を片手にフランス語を読んでまいりたいと思います。
気づくのが遅くなりコメントが遅れましたことをお詫び申し上げます。
「今月の気になる新刊」情報をよく集められていますね。感心しました。
【2011/07/14 08:06】 URL | 生駒散人 #- [ 編集]

>コジコジさん
コジコジさん、コメントありがとうございます。

『サラゴサ手稿』の『幻想文学1500』の記述は僕も読みました。ずいぶん前に訳稿は完成していたようですよね。やっぱり経済的な問題で出版が難しいんでしょうか…。

同じく以前から出る、出るといっていた『アンドロギュノスの裔』に関しては、実際に出版されるようで、うれしい限りです。

『幻想文学大辞典』は、正確には『幻想文学大事典』でしたね。失礼しました。
【2011/07/16 20:23】 URL | kazuou #- [ 編集]

>生駒散人さん
生駒散人さん、わざわざコメントありがとうございました。

原書が読めれば、気になる作家のあの作品を読めるのになあ、と思いながらも、その労力を考えて二の足を踏んでしまいます。それだけに生駒散人さんが羨ましいです。
ブログ、いつも拝見していますので、長く続けていただけるとうれしいです。
【2011/07/16 20:29】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/452-305c9340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する