4月の気になる新刊 
4月6日刊 『ちくま文学の森9 賭けと人生』(ちくま文庫 1260円)
4月7日刊 クラフト・エヴィング商會『おかしな本棚』(朝日新聞出版 予価1890円)
4月10日刊 リチャード・マシスン『闇の王国』(ハヤカワ文庫NV 予価840円)
4月12日刊 サマセット・モーム『パーティの前に/雨』(光文社古典新訳文庫)
4月15日刊 パトリック・ハミルトン『孤独の部屋』(仮題)(新人物往来社 予価2846円)
4月15日刊 イタロ・カルヴィーノ『カルヴィーノアメリカ講義 新たな千年紀のための六つのメモ』(岩波文庫 予価882円)
4月19日刊 村上リコ『図説 英国メイドの日常』 (河出書房新社 予価1890円)
4月25日刊 フィリップ・K・ディック『アジャストメント』(ハヤカワ文庫SF 予価987円)
4月25日刊 平松洋『恐怖絵画美術館へようこそ』(仮題)(新人物往来社 予価1890円)
4月下旬刊 スティーヴン・キング『アンダー・ザ・ドーム 上・下』(文藝春秋 予価3105円/3000円)
4月刊 R・A・ラファティ『翼のおくりもの』(青心社 予価1575円)

 『おかしな本棚』は、クラフト・エヴィング商會ひさかたぶりの新刊。クラフト・エヴィング商會の書庫の内容を紹介したブックガイド、だそうです。実在する書物のガイドなのか、それともクラフト・エヴィング商會の創作になる架空のガイドブックなのか、そのあたりは不明ですが、とりあえず楽しみ。
 このところ邦訳が続いているリチャード・マシスン『闇の王国』は、「自伝的大作」だそうです。
 古典新訳文庫でいつかは出ると思っていましたが、ようやく登場。サマセット・モームの作品集『パーティの前に/雨』。珍しい作品が収録されるのを期待したいところです。
 フィリップ・K・ディック『アジャストメント』は、ディックの短編集。映画化の副産物のようですが、本邦初訳作品がどの程度なのかが気になりますね。
 青心社からR・A・ラファティの短編集『翼のおくりもの』が登場です。青心社といえば、以前〈青心社SF〉シリーズが復刊されましたが、結局ヤングとラファティが出ただけ。残りのカットナーやデーモン・ナイト、ハミルトンなどは復刊されずじまいでした。できれば残りのシリーズも復刊していただきたいところです。
この記事に対するコメント

はじめまして。コメントははじめてですが、昨年末ころから楽しみに拝見させていただいております。
青心社からラファティの新作がでるんですね!全く知りませんでした。 読んだ瞬間心臓がカラ打ちしましたよ(笑) 比喩ではなく。しかも井上央氏翻訳/編集というのがよいですね。【子供たちの午後】は発売当時随分とバッシングされていた記憶がありますが、実は私は翻訳のセンスも作品のチョイスも好きで愛読書なんです。
おかげで見逃さずにすみました。ありがとうございます!
【2011/03/30 09:34】 URL | ヤス #DOJ9pm0Y [ 編集]


モームは楽しみではありますが、あるいみ「新潮社のあのブルー+グリーンの本」
でそろえてきたので・・・と複雑。

珍しいのが収録されているとよいですね。本当に
地震の影響で、図書館がなかなか利用できなくなって、読書量へってます。
【2011/04/01 18:17】 URL | fontanka #JalddpaA [ 編集]

>ヤスさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ラファティ短編集の新刊にはびっくりしました。もう彼の作品集は出ないと思っていたので、とてもうれしいですね。
僕も『子供たちの午後』のセレクションは好きですよ。
【2011/04/02 07:53】 URL | kazuou #- [ 編集]

>fontankaさん
モームは、僕も邦訳短編は全部読みたいなと思っているのですが、新潮社のはなかなか手に入らないんですよね。とりあえず、昔ちくま文庫から出たものと、岩波文庫から出た上下巻、新潮文庫のものもそろえたんですけど、新潮社版の全集で文庫化されていないものは持っていません。文庫で全集を復刊してくれたりするとうれしいんですけどね。

地震の影響で、本当にいろんな所で影響が出てますね。仕事関係は言わずもがなだし、町に出てもやっぱり全体に品薄感があります。地元の書店には新刊がちゃんと予定通り入っているようなのが救いです。
【2011/04/02 07:58】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/448-d341dc29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する