3月の気になる新刊と2月の新刊補遺
2月予定 オレスト・ソモフ『ソモフの妖怪物語』(群像社 予価1050円)
3月9日刊 『ちくま文学の森8 怠けものの物語』(ちくま文庫 1155円)
3月10日刊 デイヴィッド・ゴードン『二流小説家』(ハヤカワ・ミステリ 予価1785円)
3月10日刊 アンブローズ・ビアス『アウルクリーク橋の出来事/月明かりの道』(光文社古典新訳文庫)
3月12日刊 安堂維子里『妖精消失』(徳間書店 予価620円)
3月17日刊 サム・ウェラー『ブラッドベリ年代記』(河出書房新社 予価3465円)
3月17日刊 ウィリアム・コッツウィンクル『ドクター・ラット』(河出書房新社 予価1995円)
3月18日刊 ショーン・タン『アライバル』(河出書房新社 予価2625円)
3月18日刊 三津田信三『七人の鬼ごっこ』(光文社 予価1890円)
3月21日刊 ウェルズ恵子編『狼女物語 美しくも妖しい短編傑作選』(工作舎 予価2520円)
3月24日刊 千街晶之『幻視者のリアル 幻想ミステリの世界観』(東京創元社 予価2730円)
3月25日刊 乙一『箱庭図書館』集英社 予価1365円)

 光文社古典新訳文庫から、ビアスの新訳短編集が刊行です。ビアスの短編には「怪談もの」が多いので、怪奇小説ファンにもお勧めです。
 ブラッドベリの公式の伝記『ブラッドベリ年代記』は、けっこうなお値段ですね。個人的に、後期のブラッドベリには魅力を覚えないのですが、とりあえず買ってしまいそうです。
 かってこのブログでも紹介した傑作絵本、ショーン・タン『アライバル』の日本語版がついに登場です。文字がないので、正直、日本語版を買う必要性が感じられないのですが、日本の読者に広く知られるという意味では大歓迎ですね。これを機に、タンの他の作品も邦訳が進むことを期待したいところです。
 3月の新刊でいちおしは、これ、ウェルズ恵子編『狼女物語 美しくも妖しい短編傑作選』です。「狼女」が登場する幻想小説を集めたというアンソロジーだそうですが、ずいぶん的を絞った編集ですね。収録作家は、マンリー・バニスター、クレメンス・ハウスマン、エリック・ステンボック、ギルバート・キャンベル、ジョージ・マクドナルド、キャサリン・クロウ。
 千街晶之は、評論家、書評家の中でも、ひとひねりした作品や、変わった作品に強い興味を抱いている人です。それゆえ、ミステリ畑をメインの活動場所にしながらも、幻想小説ファンにとっても親しい評論家です。以前出た『怪奇幻想ミステリ150選』(原書房)も、非常に魅力的なガイドブックでした。そんな彼の新しい評論集が『幻視者のリアル 幻想ミステリの世界観』です。前作と同様、幻想的なミステリを集めたものようで、このジャンルに興味をもつ人には必読の本でしょう。
この記事に対するコメント
リストを眺めつつ…
昨年の翻訳ミステリは豊作だったようで、私も今その一部を賞味中ですが、ホラー/ファンタジーは紹介自体がそもそも多くないよなぁと…
その限られた作品をきっちり楽しむのが正しい姿かもしれませんが…

買うかどうかまだ決めていないのですが、千街晶之氏のガイドにはちょっと興味をひかれています。
「怪奇幻想ミステリ150」は結構愉しく読んで、本選びの参考にもしたクチなので。

アライバルについても全く同感。絵本は文字が少ないので、スピーディーに翻訳されてくれないかなどと勝手なことを思ったり…

「狼女物語」にはフェミニズム的な編集意図を予期してしまいますが、その場合、ちょっと深読みしないと面白みのないようなものが選択されていそうな…などと偏見を持っていたりします。
これまで出たその手の本からの印象のせいか、ただの食わず嫌いか…

2月の欄で紹介されたミステリマガジン掲載のトリビュート作品、面白そうに紹介されていて読んでみたくなりますが(本屋ではいつもの通り書評欄を見ただけで素通りした気が…それともここしばらく忙しかったのでまだ見てもいないかも…)
逆に現代作家は、ここまでしっかりした意図でトリビュートしないといけないのかという感想も。
「冷たい方程式」のトリビュート、シチュエーションだけ見るとコメディどころか悲惨な状況しか思い浮かばないのですが(トイレその他の要素はありますが…)、コメディ要素もあるのでしょうか?

そうそう、「泰平ヨン」は読んでみたのですが、冒頭の年齢の違う自分が入り乱れる話は面白く読んだものの、以降の話が、何か思いついたことを適当にどんどん言われているだけのような気がしてきて苦痛になり、私の場合途中で頓挫という残念な結果になりました。
「平行植物」は購入検討中です。
【2011/02/20 04:59】 URL | Green #- [ 編集]


ミステリに比べると、たしかにホラー/ファンタジーは数が少ないような気はしますが、だいたいのところを追いかけられる、という点ではいいかなあ、と思ってます。ミステリなんか、邦訳されたのを全部追いかけるなんて、ほぼ無理ですもんね。

僕も『狼女物語』、なんとなくフェミニズム系のにおいがしないでもないんですが、こうした珍しい作品が訳されるだけでもいいんじゃないでしょうか。

『冷たい方程式』のトリビュート作品ですが、うまくテーマを換骨奪胎して、新しい作品に仕上げているなあ、というのが正直な感想でした。まあ、コメディというよりは悲喜劇でしょうか。
【2011/02/20 09:01】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/446-85dfd5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する