2010年を振り返って
失はれる物語 (角川文庫) ZOO 1 (集英社文庫) GOTH 夜の章 (角川文庫) さみしさの周波数 (角川スニーカー文庫) 暗黒童話 (集英社文庫) 平面いぬ。 (集英社文庫) 天帝妖狐 (集英社文庫)
新生活読本魔術師 (双葉文庫名作シリーズ) SFロマン タイム・スクーター (双葉文庫名作シリーズ) ロマン劇場地球最後の日 (双葉文庫名作シリーズ) ポーラレディ (双葉文庫名作シリーズ) (双葉文庫 さ 10-27 名作シリーズ) SFシリーズ ミステリアン (双葉文庫名作シリーズ) 謎の怪人 蜃気郎(1)(双葉文庫名作シリーズ) (双葉文庫 さ 10-25 名作シリーズ)
 今年は例年になく、忙しかったです。とくに年末。なかなか記事を更新できませんでした。読書欲もあり、本の購入数もそんなに減っていないのですが、とにかく時間がない!
 そんななか、今年いちばんはまったのは、やっぱり乙一の作品でしょうか。デビュー作『夏と花火と私の死体』は以前に読んでいたのですが、そのときはそれほど感銘は受けなかったんですよね。今年になって、アンソロジーでいくつか短編作品を読む機会があり、意外といいなあ、と思いはじめたのが読み出すきっかけです。
 まず最初に手にとった短編集『ZOO』(集英社文庫)でやられてしまいました。収録作品はどれも良かったのですが、ことに『SEVEN ROOMS』のインパクトは圧倒的。続けて読んだ『平面いぬ。』『失はれる物語』『さみしさの周波数』『天帝妖狐』『暗黒童話』『GOTH リストカット事件』と、どれも面白く読むことができました。
 この作家の魅力は「せつなさ」にある、というのが世間一般の定評のようです。たしかにそうした魅力はあるのですが、個人的に惹かれる理由を考えると「せつなさ」とか「情感」よりも、その小説作法の「天衣無縫さ」にあるのではないかと思えてきました。
 ジャンル小説を長年読んでいると、ジャンルの「型」とか「形式」が何となくわかってきます。この作品は「あのパターン」だな、とか何となく読めてくるわけです。けれど、乙一の作品にはそうした既視感がない。そこらへんに、個人的に惹かれる魅力があるのかな、という気がします。
 あと、西岸良平の短編マンガ作品の魅力にも目覚めました。『三丁目の夕日』で知られる作者ですが、過去にSFやファンタジーめいた短編マンガを多く描いているんですよね。それらの作品が、今年になって双葉文庫から続けて文庫化されました。『ポーラーレディ』『ヒッパルコスの海』『ミステリアン』『地球最後の日』『魔術師』『タイム・スクーター』『赤い雲 青春奇談』『謎の怪人蜃気郎』など。《異色短編》や《奇妙な味》風味の短編が盛りだくさんで、この手の作品が好きな人は、ぜひ読んでみていただきたいです。
 藤子・F・不二雄に似た感じのテイストですが、この作家特有の人情味もあって、後味はすごく良いのがウリですね。どれも面白かったのですが、驚いたのは『謎の怪人蜃気郎』。これ、なんと江戸川乱歩風の怪盗ものです。正直、西岸良平のタッチと「乱歩」というのは、ミスマッチみたいな気がするのですが、これはこれでなかなか味のある作品ですね。

年内最後の更新になるかと思います。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。
この記事に対するコメント
ごぶさたしております
最近忙しくてごぶさたしておりました。
kazuouさんのブログにくると、そのゆるぎなさにほっとします。
お忙しいようですが、これからもぜひ続けていってください。
では、よいお年を。
【2010/12/31 04:28】 URL | タナカ #- [ 編集]

読めない理由
少々ご無沙汰しておりますが…
私もなかなか忙しくて、何とか本屋に寄って買っても、読むに至らない本が増えました… 例えば、お勧めいただいて買った泰平ヨンもまだ積読状態です。
特に、諸事情からtwitterなぞするようになると、通勤時間をそちらで使うことが増えてしまい、これまでにも増して本が読めないことに…
更に、書店で衝動買いした本を読んでいたり、ノンフィクション系に目移りしたりと、本自体もここでご紹介いただいているような者の比率相対的に下がってしまったりしています。
因みに、twitter で勧められて読んだ本もありますが、基本的に小説みたいなものを紹介する媒体としては、ブログの方が相性が良い気がします。(twitterでも、結局サイト記事やBlogへのリンクが主眼のものが結構あるのですが)

乙一は私は1冊読んでふーん、こんなもんか、で止まっている状態です。でもいろいろな書評紙の方が称賛していますよね… kazuouさんが
マンガに(まぁ他のこともですが)あまり詳しくないため、西岸良平と聞いて「『自虐の歌』の人だっけ…?」などと思った私でした… (因みにそちらも読んだことなし)

本年も充実した記事で楽しませていただきました。
来年も楽しみにしております。先ずは良いお年を!
【2010/12/31 07:20】 URL | Green #- [ 編集]

>タナカさん
ご無沙汰しております。
こちらこそ、忙しいとはいいながら、毎回あれだけ読みごたえのある記事をかかれるタナカさんにあやかりたいです。

今年もお世話になりました。来年も変わらずよろしくお願いいたします。
【2010/12/31 08:47】 URL | kazuou #- [ 編集]

>Greenさん
僕はtwitterには触れてないのですが、twitterとブログの両立は難しいみたいですよね。個人的にはこの「ブログ」という媒体に割と愛着があるので、続けられる限り、続けていきたいと思ってます。

記事中ではけっこう持ちあげてますが、乙一は、若いころに書いた作品はやっぱりそれなり…、という面も確かにあります。けれど、着実に上手くなってきているんですよね。そういう意味で将来がすごく楽しみな作家です。

『自虐の詩』は、業田良家ですね。タッチは近いものがありますが、業田良家の方が地に足がついている感じですね。西岸良平の方が「夢がある」ので、僕はこちらの方が好きです。双葉文庫から出ているノンシリーズ短編集はどれも面白いので、オススメですよ。

それでは、来年もよろしくお願いいたします。
【2010/12/31 08:59】 URL | kazuou #- [ 編集]


とりあえずこちらで、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、西岸良平、けっこうこだわりのある漫画家のようですが、メジャー作品とのバランスをうまくとりながら作品を発表してますね。
『鎌倉ものがたり』はメジャーのほうなのでしょうけど、ミステリ、ホラー風味がいっぱい。
『三丁目の夕日』も回によっては、なかなかのホラーぶりを発揮してますよ。
【2011/01/02 16:57】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
あけましておめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

メジャー系の作品にも、そういう要素があるんですか。作家の好みなんでしょうかね。
西岸良平、好きな作家なのですけど、『三丁目の夕日』『鎌倉ものがたり』の方には、まだ手を出してません。そういうことなら、いずれそちらのシリーズにも取りかかりたいな、と思います。
【2011/01/02 20:40】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/442-813e3fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する