静寂のファンタジー  ゾラン・ジフコヴィッチ『ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語』
4902075164ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語 (Zoran Zivkovic's Impossible Stories)
ゾラン・ジフコヴィッチ 巽 孝之
Kurodahan Press 2010-10-15

by G-Tools

 SFともファンタジーともホラーともつかない、独特の味わい。強いていうなら、「奇譚」でしょうか。
 旧ユーゴスラビアの作家、ゾラン・ジフコヴィッチの短編集『ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語』(山田順子訳 黒田藩プレス)は、なんとも言いようのない味わいを持った作品集です。
 収録作品は、3編と少なめですが、どれもが佳作といってよいかと思います。

『ティーショップ』 ちょっとした手違いから、次に乗るはずの鉄道を数時間待つことになったグレタ。ふと見つけたティーショップに入った彼女がメニューに見つけたのは、「物語のお茶」でした。
 ウエイターが運んできたのは、とくに変わったこともない普通のお茶でした。しかし一口お茶を飲むと、目の前のウエイターは物語を語りはじめます。それは、自分の仕事に嫌気がさした死刑執行人の物語でした。たちまちグレタは物語に魅了されます。
 その物語が短かったことを残念に思いながら、お茶をもう一口すすると、今度はレジ係の女性が目の前にやってきて別の物語を始めます。そしてその後には、なんと店にいた客が物語の続きを語り始めるのです…。
 「物語のお茶」をきっかけに、いくつもの人間を通して語られる物語。しかもそれぞれは別の物語でありながら、微妙に内容は関連しているらしいのです。ある話で語られた人物のその後が、別の人物が語る物語の続きでなされたり、とメタフィクション的な趣向が仕掛けられています。

『火事』 司書の女性は、ある夜夢で、どうやら古代の図書館らしい建物が火事に見舞われるという情景を目撃します。翌朝、勤務先の図書館でコンピュータのスクリーンに現れたのは、夢と同じとおぼしい図書館の景色。画面がその内部を写すと、失われたはずの古代の大作家の原稿がいくつも並べられているのです。この原稿の内容を保存しなければ! 慌てる彼女の目の前で建物を火が呑み込んでいきます…。
 結末を予期させつつも、神話的な風格さえ漂う佳品です。

『換気口』 担当の医師が怪我をしたため、ある女性患者を診ることになった精神科医。患者であるカタリーナは若い女性でしたが、ある時以来、未来が見えるようになったというのです。しかもそれは確定した未来ではなく、分岐した未来の可能性が光の紐となって見えるといいます。
 自殺未遂のために、拘束されたカタリーナに医師はその理由を尋ねますが、それは信じがたいものでした…。
 患者の言っていることは妄想なのか、事実なのか? 思わぬ結末に驚かされるサイコ・スリラー。

 ジフコヴィッチの作品に共通するのは、その「静けさ」です。劇的な事件が起こっても、それをガラスごしに眺めているかのような、不思議な感覚が漂います。実際に読んでみないと、なかなか伝わりにくい味わいかと思うのですが、海外の作家で言うと、マルセル・シュオッブ、日本の作家で言うと、花輪莞爾あたりに似た味わいとでも言えばいいでしょうか。
 とにかく一読をお勧めしたい作品集なのですが、この本は、どうやら一般の流通では扱っていないらしく、今のところ版元の直接販売だけのようです。
 興味を持たれた方は、こちらに。

 追記 アマゾンでも取り扱いが始まったようです。こちらです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
アマゾン
今アマゾンに載っています。
【2010/11/25 23:15】 URL | リプセット #- [ 編集]

>リプセットさん
このたびは、素敵な作品集をありがとうございました。
同じ著者の作品をもっと出版していただけると、うれしいです。
【2010/11/27 11:48】 URL | kazuou #- [ 編集]

面白かったです
こんにちは。
アマゾンで注文して読みました。
これは面白い!
とくに「ティーショップ」、こんな小説読んだことない!
この作者の作品をもっと読みたいです。
素敵な本を紹介してくださってありがとうございます。
【2010/12/29 22:27】 URL | 木曽のあばら屋 #GHYvW2h6 [ 編集]

>木曽のあばら屋さん
気に入っていただけたようで嬉しいです。
『ティーショップ』、すごい良い作品ですよね。僕もこの一編にやられてしまいました。
ぜひ、他の作品も翻訳を出していただきたいです。とくに、本をテーマにした連作短編『The Library』という作品がすごく気になります。
【2010/12/29 23:53】 URL | kazuou #- [ 編集]

一体どうやって…
これは…小説世界に取り込まれるような読書ができそうで楽しみです。早速注文しようかと。
それにしても、一般の流通では扱っていないような本なんてどんな風に見つけ出すのか、面白そうと思うのか、kazuouさんのアンテナにもビックリですが。

因みに、マルセル・シュオッブは読んだことがあるような気がするのですがブックガイドで名前を見ただけかも…(シュペルヴィエルと混同していたりもするし…)
花輪莞爾は未読です。どんな作家さんなのでしょう??

別記事の例えばイーグルマンさんなども面白そうなのですが、あまりいくつも書くとうるさくなるので…
【2010/12/31 07:06】 URL | Green #- [ 編集]

何となく…
ネットでいろんなところを見ていて、面白そうな本があったら何となく…という感じですかね。惹かれそうな要素があったら、とりあえず注文しておきます(ハズレも多いですが)。やっぱりある程度の数をこなしていけばいくほど、面白い作品との出会いも増えますよね。

シュオッブは、いまはアンソロジーぐらいでしかお目にかかれない作家ですね。ものすごくスタイリッシュで、特徴的な作品を書く作家です。
花輪莞爾は…、非常に分類しにくい作家ですね。ジャンル小説ともいえないし、純文学ともいえないし。「日常の不思議」や「人間の不可解さ」をテーマにする短編作家、とでもいったところでしょうか。個人的には、広い意味での「幻想小説」として読んでいます。
【2010/12/31 09:33】 URL | kazuou #- [ 編集]

あけましておめでとうございます
これは面白そう!と思って、アマゾンで注文しました。
届くまで時間がかかりそうですが…。
楽しみです。

それにしても、よくこんな本を見つけだせるなぁと…感服します。

別件ですが、マコーマックの第二長編『ミステリウム』がやっと出ますね。こちらも楽しみです。
【2011/01/07 15:30】 URL | green-flow #- [ 編集]

>green-flowさん
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

この短編集はオススメですよ。幻想小説好きなら、絶対気に入ると思います。
『ミステリウム』も待ち遠しいですね。
【2011/01/07 21:00】 URL | kazuou #- [ 編集]

面白かった!
昨日手に入れ(「ミステリウム」と一緒に)、先ほど読み終えたのですが、いやあ、面白かったです。
3篇のどれを一番気に入るかは人によって異なるでしょうが(それだけ粒も揃っていますね)、ホラー好きとしては鮮烈なヴィジョンに襲われ、そして逃れられない「火事」が強烈な印象でした。
夢のエピソードも本当によくできていると思います。
「ティーショップ」はエンデの「果てしない物語」を読んでいた初めのうち、提示されていく各エピソードの続きが読めないのを残念に思ったことを思い出したり…
(その後もそういった仕掛けを(部分的にでも)持った本には幾つか出会っていますが、こういう真っ向勝負は久しぶり)
ただ、ジフコヴィッチの提示するエピソードは、謎を残しつつ、じつはそこでちゃんと閉じているような印象も持ちました。(マコーマックの話なんかもそうですが)
そしてラストの「換気口」ですが、サイコ・サスペンスと紹介されましたが、個人的には「ユートピア=ディストピア」とか「自由は牢獄」といった系譜のテーマを提示した、"SF作家らしい" 思弁小説として読みました。
落ちがどうとかいうよりも、カタリーナの提示したビジョンが鮮やかで、また自由(に世界を操作できること)とは何かを考えさせるモデルとしても分かりやすくて、唸りました。

確かにすばらしい作家だと思いました。
東欧の奇想作家たちは、国書刊行会などでこれまでも結構紹介されていますが、どこかちょっと癖もあったように思いますが、この方はそのあたりも全く気にならないですし、奇想世界を描いて終りでない、普遍性(物語作家らしさ?)も感じます。
過去に紹介されてるらしい「琴座計画」などの作品にも興味が湧きますし(読まれたこと、ありますか?)、継続して紹介されること、希望!なのですが、紹介されてくれるかなぁ…
ロバート・エイクマンとか個人的に気に入って、世間的にもそれなりに評判になったと思われるのにその後どうもあまり紹介が進まない例は結構ありますしね… 東欧というのもハードルが高そうなのですが、さてどうなるか…

黒田藩プレス、名前から、基本的にはローカルな出版がメインなのかと思いきや、何と北米人3人による設立!?
そして基本的には日本のエンタテイメント系作品の英訳本がメインの出版社なんですね。この本はむしろレアケースなのか…

またまた、素晴らしい読書体験をガイドしていただきました。
感謝、です。
【2011/02/20 03:34】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
黒田藩プレスの仕事は、日本作品の英訳が中心みたいなので、この作品集はかなり例外的なものみたいですね。
『ティーショップ』、マコーマックもそうでしたが、物語の全体像をはっきり示すのではなくて、読者が想像する余地が残されている、というのが魅力的ですよね。『換気口』が「思弁小説」としても読める、というのはなるほどと思いました。
他の未訳作品のあらすじを読むにつけても、すごく面白そうな作品がたくさんあるのですが、邦訳がどんどん進むかというと、難しいでしょうね。黒田藩プレスに期待したいところです。
【2011/02/20 08:45】 URL | kazuou #- [ 編集]

もうひとつだけ…
これ、kazuou さんの書いていらした「静寂」に関係するかもしれないのですが、
3編に共通している特徴に、全て幻想世界に違和感を感じるいわば第3者が主役になっていることがあるかなぁと。
幻想世界を疑う登場人物自体は、ファンタジー系作品に結構よく出てきますけど、単なるわき役だったり、何かをきっかけにあっさりその環境に溶け込んでしまったりしますよね。
ジフコヴィッチの主人公たちは、ほとんど最後まで、"幻想世界"に違和感を感じたまま(合理精神を持ったまま)、しかし起きている出来事にどんどん呑み込まれていく、その感じが非常に上手いなぁと感心しながら読んでいました(特に「ティーショップ」で顕著だった気がします)。
この主人公たちの心理の設定・描写の巧みさも、あまり他では見られないものかなぁと感じています。
(この点、「換気口」は信じない人が主人公であるものの、ある意味普通だったかなという感じですが)

幻想世界の直接体験でなく、こういった合理精神を持った登場人物(の心理)を介して間接的に覗き込んでいるような感じが、「静寂」感をもたらしているのかなぁ…などと…

因みに、エイクマンについても似たことが言われた気もしますが、あちらは(そのような系統の作品の場合)明らかに変容しているのに継ぎ目の見当たらないような違和感が面白みだったように思いました。
【2011/02/20 20:00】 URL | Green #- [ 編集]

次の邦訳!
3連投、既に失礼の域かもしれませんが、逆に次の記事の前に書いてしまった方が良かろう、とも思い…
また、ちょっと気になるニュースかと思うので書いてしまおうと。

ジフコヴィッチの名前で検索された方なら既にご存じかとも思いますが、『新東欧SF傑作集(仮)』<東京創元社> という進行中の企画の中で、ジフコヴィッチの短編が訳されるようで(雰囲気的に複数?)、そう遠くないうちにまた別の作品が読めそうなんですね(ブログの記述ですが。)

http://takanodiary.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-ae97.html

こちらは何と原語からの直訳だとのこと(黒田藩プレス版の短編は東欧臭くないなぁと思いましたが、英語版からの重訳のせいもあったのかもしれないですね)
更に、「黒田藩プレス版の三作もいいけど、うちの選定にも自信あるよ。」とあって、期待が高まります。。
ちょっと気になるのは著者名を、「ジヴコヴィチ」にしているので黒田藩プレスと異なるところ。もしかすると、「ジフコヴィッチ」で検索しても同一著者として引っかからないかもしれないですよね…… 誰が悪いということでもないんですけど…
【2011/03/14 03:34】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
『新東欧SF傑作集(仮)』は、楽しみな企画ですね。東欧の作家は邦訳されること自体が少ないので、こうした企画が出てくること自体嬉しいです。
ジフコヴィッチの短編は一つだけなのか、複数なのかわかりませんが、できれば複数収録してほしいものです。
【2011/03/21 12:08】 URL | kazuou #- [ 編集]

読みました!
図書館で取り寄せして読みました。
これは素晴らしい!
「ティーショップ」1編だけで、充分幸せな気持ちになれました。

【2012/10/13 17:17】 URL | タナカ #- [ 編集]

> タナカさん
本好き、物語好きの琴線に触れる作品というのがたまにありますが、「ティーショップ」はまさにそれだと思います。
いずれまた、読み返す作品になりそうな気がします。
【2012/10/13 17:29】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/439-24393a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する