11月の気になる新刊
11月刊 パスカル・ラパテ『イビクス ネヴゾーロフの数奇な運命』(国書刊行会 2625円)
11月5日刊 シオドア・スタージョン『[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ』(河出文庫 893円)
11月10日刊 ジェイン・オースティン『マンスフィールド・パーク』(ちくま文庫 予価1470円)
11月10日刊 『ちくま文学の森4 おかしい話』(ちくま文庫 予価998円)
11月22日刊 海野弘監修『幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン』(マール社 予価2310円)
11月25日刊 『きょうも上天気 浅倉久志訳SF短編傑作選』(角川文庫 予価735円)
11月25日刊 リチャード・マシスン『アースバウンド―地縛霊―』(ハヤカワ文庫NV 予価840円)
11月25日刊 山岸真編『ポストヒューマンSF傑作選 スティーヴ・フィーヴァー』(ハヤカワ文庫SF 予価987円)
11月30日刊 アルベルト・マングウェル『奇想の美術館 イメージを読み解く12章』(白水社 予価5040円)
11月刊 梶原和男監修『ホラー映画大全集』 (近代映画社 予価2310円)
11月刊 アヴラム・デイヴィッドスン『エステルハージ博士の事件簿』(河出書房新社 予価2100円)

 国書刊行会から、フランスのコミック「バンドデシネ」を集めたシリーズ〈BDコレクション〉が刊行です。第一弾はパスカル・ラパテ『イビクス ネヴゾーロフの数奇な運命』。原作がアレクセイ・トルストイだそうで、その点でも気になります。
 このアレクセイ・トルストイって、同名に近い作家が二人いるんですけど、どっちでしょうか?『カリオストロ』(創元推理文庫『怪奇小説傑作集5』収録)の作者のアレクセイ・ニコライヴィッチ・トルストイか、それとも〈吸血鬼三部作〉(国書刊行会『ロシア神秘小説集』収録)の作者のアレクセイ・コンスタノビッチ・トルストイなんでしょうか。ちなみに、『戦争と平和』で有名なトルストイは、レフ・ニコラーエヴィチ・トルストイ。ややこしいですね。
 《ちくま文学の森》シリーズの新刊は、『おかしい話』。この巻には、ボンテンペルリ、エーメ、カミとひじょうにナンセンスかつ愉快な作品が多く収められているので、とくにオススメです。
 海野弘監修『幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン』は、幻想的な挿絵で知られる画家カイ・ニールセンの画集のようです。挿絵本はともかく、日本ではまとまった作品集は今までなかったので、楽しみですね。
 『きょうも上天気 浅倉久志訳SF短編傑作選』は、タイトル通り、先日亡くなった名翻訳家浅倉久志の訳したSF短編を集めたアンソロジーです。あんまりレアな作品が入るわけではないようですが、彼の翻訳のファンなら買いでしょう。
 河出書房からは、ずいぶん前から予告されていた新シリーズ〈ストレンジフィクション〉がスタート。まずはアヴラム・デイヴィッドスン『エステルハージ博士の事件簿』が登場です。このシリーズも楽しみですね。

この記事に対するコメント

やはり秋だからでしょうか、出版に力が入っているような気がしますね。
ちくま文学の森→持っているんで文庫は買わないんですが、この巻は、確かにお薦め。
みなさんに買って貰って、全巻でて欲しいと思いますね。
【2010/10/31 15:49】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
たしかに、毎年年末近くになると、いい本がいっぱい出るような気はしますね。
ちくま文学の森、個人的には『続』シリーズの方が魅力的な巻があるような気がするので、そちらも続刊で出していただきたいですね。
【2010/10/31 20:20】 URL | kazuou #- [ 編集]


スタージョン、奇想コレクションの方が積ん読なのにもう文庫化か……
ともかく、SFアンソロジー好きなんで、イーガンの入るポストヒューマンSFと浅倉さんのが楽しみです。

そういえばロシア・ソビエトSF傑作集に入っていた、たぶんどちらかのトルストイの紹介に、
有名なトルストイの親戚とあったような覚えも。
【2010/10/31 22:07】 URL | ガンビー #NIrP5qws [ 編集]


はじめまして。いつも参考にさせていただいています。
『イビクス ネヴゾーロフの数奇な運命』の原作はアレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイのようです。http://az.lib.ru/t/tolstoj_a_n/text_0170.shtml (ロシア語)に載っています。
(私はロシア語を学習しているもので、タイトルに名前が入っているためわかったのですが、残念ながら内容まではまだ読めません)
http://www.sovlit.com/bios/tolstoy.html によるとレフ・ニコラーエヴィチ・トルストイと遠い親戚のようです。
【2010/11/02 10:50】 URL | eclectically #vpTeR5/6 [ 編集]

>ガンビーさん
スタージョン、文庫化のスピードが速くなってますね。未訳のボーナス短編でも入れば買うんですが…。

早川のアンソロジーは、前回の『ここがウィネトカなら…』がすごくよかったので、今度のも楽しみです。
【2010/11/02 21:41】 URL | kazuou #- [ 編集]

>eclecticallyさん
eclecticallyさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイのほうでしたか!
ご教示ありがとうございます。どちらのトルストイも、幻想文学やSF方面に関係の深い作家なので、その原作ということで、『イビクス』にも興味が湧きつつあります。
こちらのトルストイも、もっと作品を読んでみたいものですが、邦訳はなかなか難しいでしょうね。
【2010/11/02 21:45】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/437-35ef5fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する