待ち続ける女  クレイ・レイノルズ『消えた娘』
消えた娘
消えた娘 (新潮文庫)
クレイ レイノルズ 土屋 政雄
新潮社 1989-06

by G-Tools

 最愛の娘が消えたとき、母親のとった行動とは…。クレイ・レイノルズ『消えた娘』(土屋政雄訳 新潮文庫)は、読者の心を揺さぶってやまない、ふしぎな味わいのサスペンス小説です。
 資産家ながら、浮気性の夫に愛想をつかしたイモジンは、18歳の美しい娘コーラを連れて、家を出ます。車の故障のため、たまたま立ち寄った田舎町アガタイトで、二人は修理の間、役所前のベンチで待つことになります。アイスクリームを買うために、近くの店に入っていったコーラが、いつまで経っても出てこないのを不審に感じたイモジンは、店の主人にたずねますが、誰も店には入ってこなかったというのです。イモジンは、ベンチでひたすら娘を待ち続けますが、コーラは現れません。周りの人々や姉の説得にも耳を貸さず、やがて持ち出した財産も底をつきます。一週間、一ヶ月、一年、そして数十年の月日が流れますが、イモジンはベンチで娘を待ち続けるのです…。
 娘はいったいどこに消えたのか? という魅力的な謎が、冒頭で提出され、その謎でひっぱっていくのかと思いきや、この作品の主眼はそこにはありません。読み続けても、娘コーラの失踪に関する捜査の進展はほとんど無いに等しいのです。ただ、ひたすら娘を待ち続けるイモジンという女性が描かれていきます。
 ベンチで待っている女性をメインに据えた物語だけに、動きのある出来事はほとんど起こりません。動きらしい動きといえば、イモジンに思いを寄せるようになる、初老の保安官エズラとのやり取りぐらいでしょう。
 イモジンがなぜ、その場所で待ち続けることにこだわるのか、その理由について直接的に説明はされません。彼女にとって人生とは何なのか? 娘との再会を本当に信じているのか? それらについては、読者の想像力にまかされているのです。ひじょうに静謐な雰囲気の作品でありながら、不思議と飽きさせないのは、そのあたりに理由があるのでしょう。
 あらすじを書いてみても、この作品の良さは伝わりにくいかと思います。実際に読んでみないとその良さがわからないタイプの小説でしょう。人間のこころのふしぎさを描いた、味わい深い佳作です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この本、たしか書評で高く評価している人がいて(多分)トライしてみて、私はダメだった記憶があります。

切なくて挫折してしまいました→筆力あると思います。

作品の良し悪しではなく、私向きではなかったという事なんですね。

図書館で借りるようになってからの悪癖というか、とりあえず借りてみる・・・ということをしてしまい、反省したのを思い出しました。
【2010/08/31 19:44】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
確かに「切ない」作品ではありますよね。
僕もブックガイドやエッセイで、あらすじというか、内容を知った上で読んだのですが、それでも感じ入るところがありました。
主人公の行動自体には、かなり理解しがたいものがあるんですが、思わず引き込まれてしまうのは、やはり作者の筆力でしょうね。
正直、ミステリとかサスペンスといった意味では薄味なんですが、「物語」としてひじょうに感動的な作品だと思います。
【2010/09/01 12:24】 URL | kazuou #- [ 編集]

読んでみました・・・
三部からなっていて、それぞれに 聖書の個所がありました(それらが妥当なのか よくは分からずじまいで)ので、なんとなく 予想はできたような・・・  

ただ エピローグで、関わった 人たちが(眠るようにという死が いくつもある)ほとんど、ほどなくして 死んでゆく方が、ミステリーといえば ミステリーだったような気がします。
【2013/05/23 06:09】 URL | ric #bB/OpJhc [ 編集]

>ricさん
コメントありがとうございます。

人間の不思議さを描いているというか、非常に寓意性の強い作品なので、「ミステリ」に分類していいものかどうか迷います。ふだん普通のエンタテインメントを読んでいたりすると、逆に新鮮に感じられますよね。
【2013/05/26 07:36】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/431-20e70272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する