野蛮なる世界  ジャック・ロンドン『赤死病』
4787586025赤死病
ジャック ロンドン Jack London
新樹社 2010-03

by G-Tools

 20世紀初頭に活躍したアメリカの作家、ジャック・ロンドンが、SFの先駆的な作品を多数書いたことはよく知られています。この『赤死病』(辻井栄滋訳 新樹社)もそんなSF的作品のひとつです。
 近未来、中世のペストすら上回る、恐るべき疫病「赤死病」が世界に蔓延し、人々は次々に死んでいきます。疫病に感染すると、治療するいとまも全くないのです。

 その最初の徴候が現れた瞬間から、一人一人が一時間で死んでしまうんだからな。中には数時間持つ者もおった。でも多くの者は、最初の徴候が現れて十分か十五分以内に死んだよ。

 感染のあまりの速さに、治療法を開発する間もありません。そしてとうとう、大学教授である語り手の前にもその病気は現れます。女生徒が手をほどこす間もなく死に、それをきっかけにして大学中の人間が逃げ出したのです。
 大学の同僚や家族とともに逃げ出した語り手たちは、行く先々でパニック状態に陥った社会を見て、ショックを受けます。病気で死んでいく人々、やけになり暴動を起こす人々、そして無差別殺人に走る人間たち。
 語り手の仲間たちも次々に病に倒れ、数を減らしていきます。やがて疫病が終息し、そこで語り手が見た世界は、以前とは全く異なる世界でした…。
 疫病のため崩壊する文明、恐慌をきたす人間たち。その様子を描くロンドンの筆は苛烈です。まるで現代のパニック小説そこのけの迫真の描写を読んでいると、これが100年前に書かれた作品とは思えません。
 物語の大枠は、疫病の終息後の、数十年未来の時点からの回想という形で語られます。そこではもう文明は完全に崩壊し、わずかに生き残った人々が、原始時代さながらの生活を送っているのです。
 文明の利器や技術はすっかり失われていますが、失われたのはそれだけではありません。老人となった語り手は、孫たちを相手に、かっての文明崩壊の一部始終を語るのですが、それを聞く孫たちには、老人に対する敬意や愛情など、ひとかけらもないのです。

 少年たちは、老いぼれた老人が期待を裏切られ、その両頬に涙がしたたり落ちるのを見て、どっと大喜びするのだった。

 かっての恐るべき疫病と世界の様子を聞いても、興味本位にしか聞かず、利己心をあらわにする孫たちを見て、語り手は絶望します。

 例のよくあることが、何度もくり返されるんだ。人間は数が増えると、戦うようになる。火薬によって何百万もの人間が殺せ、この方法によってのみ、つまり火と血によって、いつか遠い将来に、新しい文明ができてゆくんだ。それで、どんな得になるというのだろう?ちょうど古い文明が姿を消したように、新しい文明も姿を消すだろう。

 ほんとうに恐るべきは、文明の崩壊ではなく、人間性の崩壊なのだ、と。
 今読んでも、その迫力と面白さは全く衰えていません。


 

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
「赤死病」を読みました
 地元の図書館で探すと、一瞬で見つかりました。
 今のSFとは大分感じが違いますね。感情に訴える部分が少ない気がしました。
 あと、貧富の差とか、科学の発展に関して世界観が今とは全然違って面白い。

 しかし、崩壊前の社会は金持ちと貧乏人で階層がはっきりと分かれた社会だった様です。主人公はあくまで社会で上の方だったので、昔を懐かしがっていますが、下の方の人間の場合はどうでしょうか。金持ちに全てを支配されていた社会より、原始生活の方がマシかもしれません。
個人的には、貧乏人サイドの語り手がもう一人いたら、どんな話をするんだろう、と考えてしまいます。
【2010/08/21 23:38】 URL | Bear13 #- [ 編集]

>Bear13さん
こんにちは、コメントありがとうございます。

ジャック・ロンドンは、社会主義的な面が強い作家なので、彼の小説にはよく「階級社会」が出てくるんですよね。「感情に訴える部分が少ない」のも、社会の不公平さ、不条理さを強調するために「ハードボイルド」に描いている面もあるんじゃないかな、と思います。
この時代のSFは、良くも悪くも社会像が図式的だったり、偏見があったりとか、古びているものが多いのですが、その中でもさすがにジャック・ロンドンは、今でも古びていませんね。
「貧乏人サイドの語り手がもう一人いたら」というのは、面白いですね。テーマに深みが増して、もっと物語が重層的になったかもしれません。
【2010/08/22 20:23】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/428-955672fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する