6月の気になる新刊
6月8日刊 『久生十蘭ジュラネスク 珠玉傑作集』(河出文庫 予価798円)
6月10日刊 カミ『機械探偵クリク・ロボット』(ハヤカワ・ミステリ 予価1260円)
6月15日刊 中井英夫『とらんぷ譚4 真珠母の匣』 新装版(講談社文庫)
6月25日刊 チャイナ・ミエヴィル『ジェイクをさがして』(ハヤカワ文庫SF 予価945円)
6月29日刊 ビル・S・バリンジャー『歯と爪』 新版(創元推理文庫 予価966円
6月29日刊 ノエル・カレフ『死刑台のエレベーター』 新版(創元推理文庫 予価987円)
6月下旬刊 ウィリアム・リッチー・ニュートン『ヴェルサイユ宮殿に暮らす 優雅で悲惨な宮廷生活』(白水社 予価2520円)
6月下旬刊 アドルフォ・ビオイ=カサーレス『パウリーナの思い出に』(国書刊行会 予価2520円)

 6月の新刊でいちばん気になるのは、カミ『機械探偵クリク・ロボット』ですね。一部は『ミステリマガジン』に訳載されたもののようですが、とにかくカミの作品が刊行されること自体、慶賀すべきでしょう。
 カミは、20世紀前半に活躍したフランスのユーモア作家。ナンセンス味の強い、奇妙奇天烈なコントを多く書きました。アンソロジーなどには、割とよく収録されますが、単独の邦訳単行本は少なく、どれも絶版になっています。とくに長編『エッフェル塔の潜水夫』は、底抜けに楽しい作品なので、オススメしておきます。
 中井英夫の『とらんぷ譚』の新装版も『真珠母の匣』で完結です。『とらんぷ譚』自体は、創元社から一冊本としても出ていますが、やはり手にとりやすさという面では、こちらの分冊版も捨てがたいですね。
 創元推理文庫からは、バリンジャー『歯と爪』とカレフ『死刑台のエレベーター』の新版が登場。どちらも名作だと思いますが、個人的には『死刑台のエレベーター』が好きですね。シンプルなサスペンスに特化しているだけに、リーダビリティは高いと思います。
 ウィリアム・リッチー・ニュートン『ヴェルサイユ宮殿に暮らす 優雅で悲惨な宮廷生活』は、貴族の日常生活に迫ったノンフィクションだそうですが、ちょっと気になったので挙げておきます。
この記事に対するコメント
新訳って
「歯と爪」「死刑台のエレベーター」(後者は映画でしか)の新訳ですか・・・・
そんなに新訳すると売れるんでしょうか?と考えてしまいますが。

やはり「今の人」には新訳が良いのかなぁ・・・
(たしかに、先日、旧かなの本読んでつかれましたが)
って新訳より、新しい本をだしてほしい私でした。

カミ、「エッフェル塔の潜水夫」は持って居るんですが、フランスものは苦手→でも手放したら後悔しそうで持ってます。
【2010/05/18 21:52】 URL | fontanka #- [ 編集]


カミはやっぱり買いですね。ポケミスというのがまたいいです。
あとは十蘭。もちろん国書の影響はあるんでしょうが、少し前にも岩波文庫で出たばかりですし、そんんなに需要あるんですかね。収録作も気になるところです。
【2010/05/20 00:44】 URL | sugata #8Y4d93Uo [ 編集]

>fontankaさん
新訳の方が読みやすいのは確かなんですけど、以前の訳とは面目を一新するほどの翻訳、というのはあんまりないですよね。手に入りにくくなった作品を訳し直してくれるなら、それはそれでいいんですが、そうでもないし。
僕も正直、未訳の作品を出してくれた方がいいと思います。
『エッフェル塔の潜水夫』はすごく面白いので、お勧めです。
【2010/05/20 12:22】 URL | kazuou #- [ 編集]

>sugataさん
カミは、ミステリマガジンに載ったときも驚きましたが、まさか単行本化されるとは思いませんでした。個人的には短編集が読みたいのですが、この際贅沢は言えないですね。

十蘭は、全集には手を出しかねてるんですよね。その点、手に取りやすい傑作短編集みたいなのが欲しいと思ってたので、これは楽しみにしています。
【2010/05/20 12:25】 URL | kazuou #- [ 編集]

ちょっと品薄?
今月はあまり目玉!という感じのものはないのかなという気もしますが、
先日お勧めいただいた「とらんぷ譚」は手に取ってみようかなと思っています。
「歯と爪」は新版でも袋とじなんでしょうか… 「死刑台のエレベーター」は映画を(ちょっと?)見ただけで原作は読んでいないのですが、雰囲気はいいのかな…

フランスのユーモア作家と聞いて連想するのがトポールとか(フランスでしたっけ?)、ヴィアンとか(ユーモアというには哀しすぎる?)なのですが、カミも雰囲気は似ているんでしょうか…
ちょっと立ち読みしてみたら雰囲気が分かるのかな…

何か所も書いて人のコメント表示を埋めてしまうのも何なのでタイミングを見計らっていたら、今度は書こうという意欲がどこかに行ったりして…単なる書き込みでもなかなか難しいものですね(笑)。
…という訳でこちらに書いてしまいますが、トゥルコウスキーの「月の花」、前作がメカニック好きな雰囲気のデフォルメ、特に村人たちのほとんど変態チックな覗き魔ぶりが、ストーリーと付かず離れずで愉しかったのですが、
今度は登場人物がほぼ一人で出てくるのは植物… となると今度はどんな魅力を出せているのか、期待が持てそうでもあり、不安材料でもあり…という感じですが…
因みに、貼って下さった画像を見た感じでは、デザインされたような虫の姿が目を引きますね…
【2010/05/27 00:11】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
『死刑台のエレベーター』は、個人的には大好きなんですが、オススメ!と強くすすめるほどの作品ではないですね。小粒なサスペンスだと思います。

フランスのユーモア作品って、僕はすごく好きなんですけど、なかでもカミはその筆頭にくる人ですね。発想がぶっ飛んでいて、ほとんどSFかファンタジーにいっちゃってるというか、そのあたりが魅力です。
フランス・ユーモアといえば、古いところだと、トリスタン・ベルナールとかフィシェ兄弟、クールトリーヌ、新しめのところだとGreenさんの挙げておられるトポール、ヴィアン、あとはクロード・クロッツあたりのコントも面白いですね。
近年、ウッドハウスがうけたりしているのを見ると、フランスものも流行ってほしいですね。

「月の花」は、たしかに前作とはかなり趣が違いますが、これはこれで違った魅力が出ていると思います。僕も前作のようなテイストを期待していたので、初読では、ちょっとがっかりしたのですが、読み直してみたら、これも捨てがたいな、と。
【2010/05/30 08:16】 URL | kazuou #- [ 編集]

『創世の島』
お久しぶりです。

ご存知かもしれませんが、これは6月刊の早川のYAです。
解説の小谷真理さんの「とくに、あの最後の数ページの衝撃!」
という帯の惹句にひかれて読んでみました。

登場人物たちの正体は、なかばで見当がつきますが、
衝撃かどうか、なかなかのラストだと思います。

口頭試問の部屋だけが舞台で、哲学的な話も多く、
YAとしてはとても地味なのに、おもしろく読めました。
ちょっと変わった小説です。

【2010/06/14 18:12】 URL | kenn #NV6rn1uo [ 編集]

>kennさん
『創世の島』さっそく入手しました。
なかなか面白そうなので、期待しています。
【2010/06/15 23:10】 URL | kazuou #- [ 編集]


読み終わってしばらくしてから、考えだしました。
読みが浅かったみたいで、
やっと気がついたこともいろいろあります。

【2010/06/16 00:18】 URL | kenn #NV6rn1uo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/421-a42233d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『宮廷マダムの作法』販売開始のお知らせ

お待たせいたしました。 販売を予定していた5月よりも少し早いですが・・・・ 真城七子(mashiron)の『宮廷マダムの作法』、ついに販売開始です! 本の詳細情報はこちら 『宮廷マダムの作法』は、現在のところ以下のお店で購入できます。 タコシェ (店舗情報) Grotta Grande【2010/05/29 20:01】

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する