5月の気になる新刊と『文字のないSF』のこと
5月7日刊 早川書房編集部編『51番目の密室』(ハヤカワ・ミステリ 予価1785円)
5月14日刊 レイ・ブラッドベリ『永遠の夢』(晶文社 予価1995円)
5月22日刊 フィリップ・K・ディック『未来医師』(創元SF文庫 予価861円)
5月25日刊 狩野博幸『伊藤若冲 Kadokawa Art Selection』(角川文庫 予価735円)
5月26日刊 『筒井康隆の仕事大研究』(仮題)(洋泉社MOOK 予価1260円)
5月28日刊 D・M・ディヴァイン『兄の殺人者』(創元推理文庫 予価945円)
5月下旬刊 P・G・ウッドハウス『がんばれ、ジーヴス』(国書刊行会 予価2310円)
5月刊 アドルフォ・ビオイ=カサーレス『パウリーナの思い出に』(国書刊行会)
5月刊 スタニスワフ・レム・コレクション『短篇ベスト10』(国書刊行会 予価2940円)

 『51番目の密室』は、『天外消失』に引き続き、名アンソロジー『37の短篇』から抜粋したアンソロジーです。もしかして結局、全収録作品を出すんでしょうか。
 かって教養文庫から出ていた、ディヴァイン『兄の殺人者』が創元推理文庫から復活。ディヴァインは、ミステリの本格要素と物語要素とのバランスが絶妙なので、あまり本格ミステリが好きでない人にも勧められる作家ですね。『五番目のコード』はすでに復刊予定があるようですが、教養文庫から出ていたディヴァイン作品は、どれもいい作品だったので、全て復刊してほしいものです。
 ビオイ=カサーレスとレムの短編集は先月から今月に刊行延期。今月もちゃんと出るか怪しいですが。

 今月号の『SFマガジン』に、第5回日本SF評論賞の特別賞受賞作として、高槻真樹『文字のないSF』という評論が掲載されていました。これがなかなか興味深いテーマを扱っています。
 野田昌宏の有名な言葉『SFは絵だねェ』をもとに、「文字のないSF」や「絵だけで構成されたSF」は可能なのか?という問いかけをしています。
 具体的には、ブルーノ・ムナーリや安野光雅、ガブリエル・バンサン、デイヴィッド・ウィーズナーの絵本、リンド・ウォード『狂人の太鼓』、日本の漫画作品や、セリフのない映画など、「文字のないSF」に近い周辺作品を取り上げ、検証していきます。
 驚いたのは、ここでルネ・マグリットが登場すること。マグリット絵画の、内容とタイトルの乖離を通して、「文字のないSF」の難しさを語っている部分は、ひじょうに読みごたえがあります。
 そして、最終章で取り上げられるのは、オーストラリアの絵本画家ショーン・タン。以前このブログでも彼の作品を紹介したことがありますが(→こちら)、高槻氏は、この作家を「真に「文字のないSF」といえる物語を作り上げることに成功した作家」と、高く評価しています。
 「SF」と「ヴィジュアル」の二つに興味がある方なら、とても興味深く読める評論だと思うので、関心を持たれた方は一読をお勧めしておきます。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
文字のないSFとは?
なるほど、センス・オブ・ワンダーは、文字を通して、論理により世界の認識が揺らぐ醍醐味なのでしょうね。
それを絵でやるとなると、判じ物を読み解くみたいで、つまらなくなりそう。
ただ、先入観なく、初めてマグリットの絵を見る子どもは、センス・オブ・ワンダーに近いものを感じているような気もします、自分の経験からも。
【2010/04/26 22:13】 URL | 迷跡 #8Vfzr.cc [ 編集]

文字の読めないSF
セリフのない映画って、リュック・ベッソンの処女作(タイトル失念)がそうだったなあと思い出しました。
なんだか不思議な映画でしたが。

外国の絵本とか漫画だと、なにが書いてあるのかわからないので、自動的に「絵だけのSF」化してしまうところがありますね。
あと、話がちょっとちがうかもしれないんですが、ドレの挿絵なんかは、物語がわからなくても、それだけで充分「物語」が感じられると思います。
ルドンが描いた黙示録なんかも。
あっ、いま思い出しましたが、「絵だけのSF」の傑作は「パワーズ・オブ・テン」のフリップ・ブック(パラパラ漫画みたいな小型の本)じゃないでしょうか?
いやあ、なんだか妄想がひろがりますね。
【2010/04/26 22:35】 URL | タナカ #- [ 編集]

>迷跡さん
画像だけだと、やはり解釈がありすぎて、意味を伝えにくいんですよね。マグリットの絵画でも、わずかな語数のタイトルが重要な意味を持っている、というのが評論内での意見でした。やはり言葉のないSFというのは難しいようです。
マグリット作品は、これはこれで「センス・オブ・ワンダー」のひとつの形だとは思うんですけどね。
【2010/04/26 23:12】 URL | kazuou #- [ 編集]

>タナカさん
外国語の絵本とかだと、たしかにある種の「文字のないSF」になってしまうかもしれませんね。今だと日本語の読めない外国人が読む日本の漫画なんか、その類いなんでしょうか。読み方によっては、意図されていなくても「文字のないSF」になってしまう、という考え方は面白いですね。

ドレやルドンはたしかに物語性が強い絵ですよね。個人的には、レメディオス・バロとかレオノーラ・キャリントンの絵画なんかも、そこから物語が読み取れそうな気がします。
『パワーズ・オブ・テン』については知らなかったのですが、ちょっと気になる作品ですね。
【2010/04/26 23:21】 URL | kazuou #- [ 編集]


 文字のないSFというと、すぐに頭に浮かぶのは『章太郎のファンタジーワールド ジュン』ですね(正確には、文字ゼロではありませんが)。最初は文庫で買って、これは文庫で読むものではないと思って、大判のハードカバーを買って……。読んだのは30年近く前と思いますが、鮮烈な印象が残っています。
 セリフのない映画ですと、最近知ったばかりですが、チェコの映像作家ヤン・シュヴァンクマイエルの短編映画が面白かったです。まだDVD1枚しか観ていなくて、お楽しみはこれからだ! であります。ウォルポールの『オトラント城奇譚』をモチーフにした作品もあり、次はそれが収録されたDVDを鑑賞するつもりです。
【2010/04/27 11:20】 URL | 高井 信 #nOdkmSi2 [ 編集]

あわわ…
国書刊行会からもう新しいジーヴスものが出るんですか?!
早すぎる…というより私が気付くのが遅すぎなのですが(苦笑)。
といいつつマジで最近出版が早くないですか?

P.S 現在、シャーロット・アームストロングの『あなたならどうしますか?』を
読み始めました。まだ半分しか読んでませんがしょっぱなから濃いですねー^^;
といいつつかなり面白く読んおります^^
【2010/04/28 01:51】 URL | TKAT #- [ 編集]

取り上げていただき光栄です
 こんにちは、はじめまして。高槻真樹と申します。貴サイトは情報面でも充実しており、以前から愛読させていただいておりますが、書き込ませていただくのはこれが初めてです。

 「SFマガジン」の発売翌日にもう感想を書いていただいたのには本当に驚きました。ありがとうございます。文字のないSFというのは難しいですが、可能性を秘めたジャンルではないかと思います。「たまご」「狂った一頁」そしてブルーノ・ムナーリあたりはもう少し知名度を上げたいですね。

 それだけにショーン・タンはぜひ多くの方に読んでいただきたいところです。「アライバル」以外にも、本格ホラー絵本の「ビューワー」、新作にしてご町内不条理奇譚「まちのはずれで」なども楽しめると思います。これを機に日本でも紹介が進むとよいのですが。

 せっかくご紹介いただいたので、お礼にここだけの話をひとつ。以前、こちらでご紹介いただいた外薗昌也氏の「琉伽といた夏」の4巻巻末でSFトーク&元ネタ紹介をしているのは、実は私だったりします(笑)

 あともう一点、もしご存じでしたらすみません。評論賞の歴代受賞者の方と一緒に、TOKONの公式ブログで東京を舞台にしたSFを紹介しています。よかったらごらんになってください。

http://blog.tokon10.net/
【2010/04/28 16:58】 URL | 高槻真樹 #80fHy3y. [ 編集]

5月は盛りだくさん
「51番目の密室」→結局、「37の短編」全部出るんですね。
あの本目当てに、全集を買った私(10年以上前ですが・・・)

ディヴァインも創元で復刊ですか。
「兄の殺人者」は、良い作品でしたよね。教養文庫で全部新刊で買いました。

色々出るのが楽しみです。
【2010/04/28 23:19】 URL | fontanka #- [ 編集]

ビジュアル系の話題
興味深い記事を拝見して感想があっても、なかなかコメントを書けずにいるうちに記事がどんどんたまってしまった感じですが…

国書刊行会のはみんな持ちこしなんですね…
若冲が文庫で出る! Art Selection ということはフルカラーなんでしょうかね。あるいは解説がいっぱい入る感じか…
もっとも、文庫だと細かいところは見えなくなってしまいますが。。

タンさんは「The Arrival」にとても感心・感動したので、この記事も読んでみたいです。
上記で高槻様が書いておられる作品もホラーに不条理奇譚!非常に興味あります。
マグリットはもともと大ファンで画集もいくつか持っています。で(記事を読まずに書いているのでずれているかもしれませんが)、タイトルに(重要な)意味があるというのはそうなんですが、あれってタイトルと絵の関係についても「ミシンと傘」をやっているんですよね。
もともと独立してそれぞれはあって、(絵の中のオブジェ同士のように)ただそれが互いを膨らませる関係になっているのだと思っています…
(マグリット自身はその関係を「詩」と表現していますね)

あと、高井様がシュヴァンクマイエルの名前を!
シュヴァンクマイエルファンの集まりに参加したこともある人間なので(笑)なんだか嬉しいです。(kazuouさんが既にご存知なのかどうかを知らないので特にご紹介などしていませんでしたが…)
因みに、シュヴァンクマイエルは先日の記事にあったアンチンボルトの影響も受けています。(アンチンボルトについては別途コメントしたいのですが、私は「遊びの博物誌」で知った口です)
更に、レメディオス・バロとレオノーラ・キャリントンの名前も出ましたが、どちらも好きでバロは数年前の展覧会に行ってカタログを買っています。

それでなのですが、あるときのシュヴァンクマイエルファンの集まりで会った方に、やはりバロが好きという方がいて話が盛り上がったのですが、
その方自身が絵を書かれる方(プロですね)で、見せていただくと非常にこちらの感性に訴えるものがありました。それでちょっとご紹介しようかと。
下記サイトで習作みたいなものを日々アップしておられますが、その時の興味に応じて手法=画風も変わるのですが、多分絵の雰囲気を見て、合う方にはすぐ分かるのではないかと。こちらも一目見てあ、これは好きだとわかったので。。。
近作よりも、数年前の作品の方がもしかすると魅力を感じ取りやすいかも。
(因みにタンさんやインノチェンティさんみたいな感じとは、また別の世界です)
ご参考までに。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~orb/crimson/index0812.htm
(記事と直接関係のない話を長々とすみません))

因みにルドンも好きですね(展覧会行きました)
やはり同じようなものが好きな人だと、興味の対象も似るのでしょうか。
またまた長文でお目汚しすみません。。。
【2010/04/29 03:05】 URL | Green #- [ 編集]

(追記)
37の短編はブランドの「ジェミニイ・クリケット事件」(でしたっけ…)読みたさに図書館を回って、遠方で借りだせなかったこともあって「~事件」だけ読んで返した記憶がありますが。。。
評判の高い作品で、購入しようか迷うところです
【2010/04/29 03:11】 URL | Green #- [ 編集]

>高井 信さん
『ジュン』は、未読なのですが、評価がすごく高いようですね。いずれ読んでみようと思います。
映画もそうですけど、まったく言葉のない作品って、解釈が多様過ぎて、物語をそれだけで構成するのは難しいですよね。でもこの分野、すごく可能性が残されているような気がします。
【2010/04/29 08:36】 URL | kazuou #- [ 編集]

>TKATさん
僕も最初の数冊しか読んでないうちに、どんどんウッドハウス本が積読になっちゃってます。でもウッドハウスにハズレはほとんどないので、安心して積んでおけるという…(笑)。
シャーロット・アームストロング、お読みになられてますか。アームストロング作品だと、とくに「犯罪」を扱わなくても、ちゃんとサスペンス小説になってるんですよね。サスペンスの原形を見る思いがします。
【2010/04/29 08:40】 URL | kazuou #- [ 編集]

>高槻真樹さん
高槻真樹さん、はじめまして。コメントいただきまして、こちらこそ光栄です。
『文字のないSF』は、自分の関心分野と重なることもあって、とても興味深く読ませていただきました。「視覚表現ならではのSF」というのは、いままであまり取り上げられてこなかったところですよね。
SFの視覚化というと、すぐに高度なテクノロジーなんかを考えてしまいますが、『たまご』やブルーノ・ムナーリの作品などは、そういうものとは一線を画していますよね。「認識の視覚化」とでもいったらいいんでしょうか。
読んでいていろいろ考えさせたり、啓発されたりすることろがありました。もっとこのテーマに取り組んでいただけると、ひじょうに嬉しいです。

『琉伽といた夏』の解説は、高槻さんだったんですか!これは驚きました。かなりマニアックだなあとは思ってたんですが(笑)。

TOKON公式ブログも読ませていただきますね。
【2010/04/29 08:51】 URL | kazuou #- [ 編集]

>fontankaさん
今回のアンソロジーには、『37の短編』の巻末に載っていた座談会も収録されるそうで、喜ばしいです。
おお、《世界ミステリ全集》買ったのですか。『37の短編』単体で古本ってあんまり出ないですよね。僕も全集を買おうか考えたのですが、幸い『37の短編』が単体で手に入ったので…。

ディヴァインはいい作家なので、全作品訳していただきたいですね。
【2010/04/29 08:57】 URL | kazuou #- [ 編集]

>Greenさん
お恥ずかしい話ですが、シュヴァンクマイエルは触れたことがないんですよね。名前はところどころで言及されていますので、知っているんですが。やはり知っておくべき作家でしょうか。

やっぱり好きな作家や画家が似ているというのは、感性も似ているんでしょうね。ご紹介されているサイトの作品も拝見したのですが、これは好きかもしれません。
そういえば、ひと昔前だったら、例えば澁澤龍彦とか種村季弘あたりが紹介していた美術つながりで、そうした傾向のある画家を追っていけたと思うのですが、今って、そういうタイプの紹介者がいないような気がしますね。

『ジェミニイ・クリケット事件』って、たしか別バージョンがあるんですよね。その作品以外にもいい作品があるので、興味があったら読んでいただきたいです。今回のアンソロジー収録作で個人的にオススメなのは、ポーの未刊作品をロバート・ブロックが補筆した『燈台』( E・A・ポー&ロバート・ブロック)あたりでしょうか。
【2010/04/29 09:21】 URL | kazuou #- [ 編集]


ええと、応答を期待されている訳でもないのかもしれませんが一応…

私個人は小説とか芸術とかで「知っておくべき」とかいったものは別にないのでは、というポジションで、シュヴァンクマイエルについてもまぁ知って損はないでしょうとしか…(笑)。勧められて、(気乗りしない状態で)無理に見たり読んだりしても気に入ることも少ないでしょうし…
グロテスクだったりもしますし…(例えば、人形が人形を生み、人形を食べたりする世界…「ジャバウォッキー」)
記事との関連で言えば彼はシュルレアリストを自任していますね。
ストップモーションアニメの手法が広く行き渡った現代の目で見ても、魔術的に感じられる世界を作り上げているのは驚きです。

SFマガジンの評論記事読みました(…といっても立ち読みの斜め読みでしたが…スミマセン。)。
これを契機に知られていない作家さんたちがまた広く紹介されたらいいな、と感じました。
(高槻さんの書き込みにあったTanの作品を、これを機に注文…)

読みながらふと思い返したのが、「SFとはなんぞや」という話。
(それによって、セリフなしの絵で何を表すかが変わってくるので…)
某所で(昔から繰り返されてきていると思われる)その質問をSF界隈の方に持ちかけて、お話を伺ったことがあるのですが(笑)、
その時の結論は(個々人の)「俺SF」はそれこそ人の数だけあるのだから、結局それを全部含めたものにならざるを得ないという話になったような…
【2010/05/02 02:43】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
たびたび言及されているのを読んでいたりするので、気になる作家ではあるんですよね、シュヴァンクマイエル。とりあえず、機会があったら見てみたいと思います。

高槻氏の評論を読んで、世界には、まだまだいい作家がいるんだなと思いました。ショーン・タンは、日本語版をぜひ出してほしいですよね。

「SF」の定義、というのは昔からいろんな議論のあるテーマですね。日本では、範囲を広げて、周辺領域をとりこんでいったら、逆に拡散してしまった…というような経緯もありますし、なかなか難しいところだと思います。
【2010/05/02 09:18】 URL | kazuou #- [ 編集]

アームストロング初体験
アームストロング初体験、「サムシング・ブルー」を読みました。
明快な悪役が一人いて、他は善人というタイプのサスペンスでしたね。読んでいるうちに一緒に不安に陥ってしまうタイプのものではなく、主人公たちに頑張れ、と声援を送りたくなるようなタイプの作品。
ちょっと毛色が違うのかもしれませんが、アガサ・クリスティーの作品など、声援を送る対象が決まっている、黄金期の名探偵ものを読んでいるような安心感のある読書を楽しみました。

こちらでご照会のあった Tan氏の作品、購入して現物を見て気付いたのですが、これはちゃんと文字の入った作品でした。確かにどこにも文字がないとは書いていない…完全に早とちりでした(笑)
幸い、2冊ともそんなに厚みのない本なので、気が向いたら辞書を片手に読んでみようと思っています。(ただ、いつになるのかは不明…)
【2010/05/27 00:13】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
アームストロングは、サスペンスと言っても、すごく「健全」なので、安心して読めるタイプの作家ですよね。後を引く、というような味わいではないけれど、重苦しいタイプの作品は避けたい、というときには重宝する作家だと思います。

そうなんですよね。Tanは、ほかの作品も気になってるんですが、やっぱり原書を読むのはちょっと骨が折れそうなので…。
【2010/05/30 08:02】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/419-2dbfbb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する