最近入手した本など
 最近入手した本を、未読・既読とりまぜて紹介したいと思います。


ピエール・ルイス『ポーゾール王の冒険』(東京創元社)
ピエール・ルイス『紅殻絵』(奢灞都館)

 今世紀前半に活躍したフランスの作家、ピエール・ルイスの長編と短編集です。官能的・享楽的な作品で知られる人で、その軽やかさと洒落っけは、読んでいて非常に楽しいです。



4197202954EMANON さすらいエマノン Episode:1 (ロマンアルバム)
鶴田謙二
徳間書店 2010-02-24

by G-Tools

 梶尾真治の人気作『エマノン』の漫画化作品の第二弾です。といっても、タイトルに「Episode:1」とあるように、内容はすごく短いです。それをオールカラー、大きいサイズのムック形式で出した、というところが売りなんでしょう。鶴田謙二の絵は魅力的ですが、どうも物足りない一冊。



4860112024二十世紀から出てきたところだけれども、なんだか似たような気分
本の雑誌社 2010-03-15

by G-Tools

 作家、翻訳家として知られる鏡明のエッセイ集です。『本の雑誌』の長期連載からまとめられたものだそう。主にSFをテーマにして始まったエッセイですが、SF以外のことを語っている部分がかなり多いのが特徴です。ただ、そういう部分も含めて思わず読ませてしまう、というのは話芸なのでしょう。SF関連書というよりは、普通のエッセイ集として読んでみたい本です。



泰平ヨンの回想記
泰平ヨンの回想記 (1981年) (ハヤカワ文庫―SF)
早川書房 1981-11

by G-Tools
スタニスワフ・レム『泰平ヨンの回想記』(ハヤカワ文庫SF)
 このあいだ新訳の出た『泰平ヨンの航星日記』の《泰平ヨン》シリーズの第二作品集です。『航星日記』が宇宙を舞台にしたスラップスティックな作品中心なのに対して、この『回想記』は地球を舞台にしています。作品はどちらかというとホラー寄りなのが特徴です。ガジェットとしては古びているものもありますが、テーマとしては今でも全く古びていないのはさすが。仮想世界テーマさえ扱っていることに驚きます。



英国流立身出世
英国流立身出世と教育 (岩波新書)
岩波書店 1992-06

by G-Tools
小池滋『英国流立身出世と教育』(岩波新書)
 英国の「立身出世」と「教育」を著者得意の文学とからめて書いた本です。イギリスの学校の由来や、当時の教育環境など、19世紀のイギリス作品を読むうえで、ひじょうに参考になります。ディケンズの社会改良家としての面を描いた部分は面白いですね。



4033481702はなおとこ
ジョエル スチュアート
偕成社 2009-06

by G-Tools

 主人公は「はなおとこ」。鼻に足が生えた、奇妙なキャラクターです。この主人公が自分の居場所を求めてさすらう、というようなストーリーですが、面白いのは、この主人公が訪れるそれぞれの背景が「はなおとこ」の鼻の部分と合わさって、ひとつの「顔」に見えるというところ。毎ページ、いわゆる「だまし絵」になっているわけです。アルチンボルドの作品を知っている人なら、あんな感じといえば、わかってもらえるでしょうか。



4887830009アルチンボルド (ニューベーシック) (タッシェン・ニューベーシック・アート・シリーズ)
タッシェン 2001-06-13

by G-Tools

 上にも名前を挙げたジュゼッペ・アルチンボルドの作品集。廉価な美術作品集で知られるタッシェン社のニューベーシック・アート・シリーズの一冊です。このシリーズ、けっこう丁寧な解説と充実した図版で重宝します。有名画家だけでなく、あまりメジャーでない画家の作品集もたまに入っていて、この『アルチンボルド』もそんな一冊。簡単に説明すると、この画家は、いろんな物を集めて人の顔に見せるという「だまし絵」で知られる人です。アルチンボルドの絵は、いろんな所で引用されたり紹介されたりしているので、一枚ぐらいは見たことがあるかもしれません。ただ、これだけまとまって彼の作品を見ることができる画集は、日本では今のところこれくらいしかありません。値段もリーズナブルでオススメしたい一冊です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
『ポーゾール王の冒険』
 懐かしいですねえ。
 40年くらい前の話になりますが、初めて買った《世界大ロマン全集》がこの本と『パリの秘密』『消えうせた密画』でした。特に『パリの秘密』が面白かったことが印象に残っていて、『ポーゾール王の冒険』はイマイチだったような……。まあ、中学生でしたから、いま読み返したら印象が違うでしょうね。
【2010/03/29 07:28】 URL | 高井 信 #nOdkmSi2 [ 編集]

>高井 信さん
実は僕も以前に『ポーゾール王の冒険』一度読んでるんですが、そのときは大して感銘を受けなかったんですよね。ところが、何編か短編を読んでみて、ピエール・ルイスって、けっこういい作家じゃないかな、と思いはじめました。今回短編集を手に入れる機会があって、ついでに読み直してみようかなと、『ポーゾール王の冒険』も再度入手しました。この作家って、「大人の味」だと思うので、あんまり若い頃に読んでも、味わいがわからないのかもしれませんね。
ちなみに《世界大ロマン全集》は、つまらない作品の方が少なかったような気がします。
【2010/03/29 21:48】 URL | kazuou #- [ 編集]


「英国流立身出世・・・」図書館に予約しました。
私は中高一貫のミッションスクール(古い)出身なのですが、
英語の先生が「イギリス育ち」の紳士でした。
で、英語で、ディナーとサパーの違い→階級の違いという話になったのも今は懐かしいです。
本を読んだら感想を書きますね。
【2010/03/30 20:27】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
翻訳小説好きだということもあって、ヨーロッパの歴史とか文化の本を、たまにちょこっと読んだりするのですが、やっぱりイギリス関係の本がいちばん面白いし、充実してますね。
イギリス文化の本を読むと、必ず出てくるのが「身分」「階級」です。『英国流立身出世と教育』でも、それが重要なテーマになってますね。
【2010/03/30 22:48】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/416-362c2459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する