3月の気になる新刊
3月5日刊 日下三蔵編『日本SF全集2 1972-1977』(出版芸術社 2625円)
3月6日刊 『諸星大二郎ナンセンスギャグ漫画集・妙の巻』(ジャイブ 725円)
3月6日刊 『諸星大二郎ナンセンスギャグ漫画集・珍の巻』(ジャイブ 725円)
3月10日刊 鹿島茂『パリ、娼婦の館』(角川書店 予価2625円)
3月10日刊 オットー・ペンズラー編『ポーカーはやめられない ポーカー・ミステリ書下ろし傑作選』(ランダムハウス講談社海外文庫 予価998円)
3月上旬刊 『狩久探偵小説傑作選』(論創社 予価3570円)
3月21日刊 マーガニータ・ラスキ『ヴィクトリア朝の寝椅子』(新人物往来社 予価1890円)
3月23日刊 ジェローム・K・ジェローム『改版 ボートの三人男』(中公文庫 予価820円)
3月25日刊 リチャード・マシスン『運命のボタン』(ハヤカワ文庫NV 予価882円)
3月25日刊 北村薫『ミステリは万華鏡』(角川文庫 予価600円)
3月26日刊 アイナール・トゥルコウスキィ『月の花』(河出書房新社 予価1890円)

 『パリ、娼婦の館』は、鹿島茂お得意の19世紀フランスに関する本。今回は、「娼婦の館」を扱っているそうです。
 オットー・ペンズラー編『ポーカーはやめられない ポーカー・ミステリ書下ろし傑作選』は、ポーカーを扱ったミステリを集めた書き下ろしアンソロジー。
 3月の新刊でいちばんの要注目本はこれです。マーガニータ・ラスキ『ヴィクトリア朝の寝椅子』。マーガニータ・ラスキといえば、怪奇小説アンソロジーに収録された『塔』という作品で名前をご存じの方もいるでしょう。独特の雰囲気のある作品でした。
 本作は、ラスキのファンタジー的要素の強い長編小説だそうです。あらすじを引用させてもらうと「幸せな生活に満足していたメラニーが、ある日、骨董屋で買ったヴィクトリア時代の寝椅子でうたた寝して目覚めると、1800年代にタイムスリップし、寝椅子の元の持ち主であるミリーという女性になっていた。」というような物語。翻訳は横山茂雄だそうで、これもまた期待大ですね。
 ユーモア小説の古典『ボートの三人男』の改訳版が登場。これをインスピレーション元にしたコニー・ウィリス作品のおかげで、再度脚光を浴びるようになった作品ですが、ユーモア小説として今読んでも充分に面白い作品です。イギリス流のとぼけたユーモアは絶品ですので、ウッドハウスなどがお好きな方はぜひ。
 『運命のボタン』は、表題作の映画化に合わせた企画のようですが、中身は日本オリジナル編集だそう。異色作家ファンは外せないでしょう。
 北村薫『ミステリは万華鏡』は、以前集英社文庫から出たものと同一タイトルなのですが、再刊でしょうか。北村薫のエッセイは、本格ミステリの話題から「日常の謎」まで、あらゆる話題を「ミステリ話法」で語っているので、題材そのものに直接興味がなくても読ませられてしまいます。エッセイの理想的な形のひとつと言っていいのではないでしょうか。
 ダークな色調と物語で楽しませてくれた『まっくら、奇妙にしずか』のアイナール・トゥルコウスキィの絵本の第二弾『月の花』が登場。これは楽しみです。
この記事に対するコメント

「ポーカーはやめられない」→ポーカーというと、映画スティングを思い出します。
アンソロジーが出るのは楽しいですね。
【2010/02/27 17:22】 URL | fontanka #- [ 編集]


また、知らなかった、けれども買いたい本が登場。『ヴィクトリア朝の寝椅子』。
怪奇小説アンソロジーに載ったことは知らなかったのですが、怪奇小説アンソロジーに載ったということは異色系のジャンルの作品ということですよね。ぜったいに買わなくては。

と、ひとつ忘れ物が。
3月25日刊 大森望編『不思議の扉 時間がいっぱい』(角川文庫 予価540円)
先月の「2月の気になる新刊」には同シリーズの第一弾(『不思議の扉 時をかける恋』)が載っていたにもかかわらず、「3月の気になる新刊」に載っていなかったので、念のため。これはそれに続く第二弾です。好評であれば、第三弾と続く予定とのこと。
【2010/02/27 21:26】 URL | save #eqP7eH0Y [ 編集]

>fontankaさん
「賭け」とか「ギャンブル」テーマのアンソロジーではなくて、「ポーカー」に絞ったテーマアンソロジーというのも珍しいですね。
【2010/02/28 17:48】 URL | kazuou #- [ 編集]

>saveさん
ラスキは、『塔』一編きりしか読んでいないので、何とも言えませんが、怪奇幻想専門の作家ではないと思いますよ。今度出るという『ヴィクトリア朝の寝椅子』も、幻想的な要素があるというだけで、「怪奇小説」ではないのかもしれないので、過剰に期待しないほうがいいかもしれません。
そういえば、『不思議の扉 時間がいっぱい』は抜けてましたね。今月発売のシリーズ一弾を手に入れたのですが、どうも若者向けというか、初心者向けのセレクションで、ちょっとがっかりしています。
【2010/02/28 17:59】 URL | kazuou #- [ 編集]

うわ、楽しみ。
 いつも参考にさせていただいています。
 私のなかでは圧倒的にリチャード・マシスン『運命のボタン』ですね。どんな作品が収録されるのか楽しみです。
【2010/02/28 20:45】 URL | 高井 信 #- [ 編集]

>高井 信さん
マシスン短編集は楽しみですね。マシスンは初期の短篇がだいぶ未訳のようなので、できれば、そのあたりの作品が読んでみたいです。
【2010/02/28 21:44】 URL | kazuou #- [ 編集]


「塔」は、あれ…、階段ものの話でしたっけね… 記憶通りなら、オーソドックスながら期待通りの間隔を味あわせてくれる佳品でしたよね。
ご紹介の長編はどうやらその作品(の面白み)からは判断しづらそうな、タイムスリップものなんですね。個人的にはどなたかの感想待ちでしょうか。

コニー・ウィリスの「犬は勘定に入れません」は今楽しみに待機中。読後に『ボートの三人男』を読もうという気になるかは不明ですが。。。
ウッドハウスも実は未読ですが、イギリスのユーモアというと『ヘリオット先生奮闘記』というのが大好きで、読んで何度も噴き出していたので読んだらはまるのかも。
文庫なので手は出しやすくなっていますね…
因みに、コニー・ウィリスは『ドゥームズディ・ブック』、『航路』などで贔屓の作家になっています。

『まっくら、奇妙にしずか』はメカニックっぽいものが好きそうな描写と、物語世界の描写そのものとも言えないような、その場面のイメージだけを無機的に(?)どこかグロテスクに抽出したような感じが独特で楽しめましたが、
今度の作品はどんな感じになるんでしょうかね…

マシスンの短編集、もちろん楽しみですし、文庫なので更に手を出しやすいのですが、幾分前に出た初期作品集「不思議の森のアリス」は、とても期待して読んだ結果、やっぱり初期の作品だなぁという感想がメインになってしまったので(笑)、今度は期待半ばにして待とうと思います。

加島茂さん、面白いのでしょうか…? 塩野七海さんのローマものなど読んでいたりして、ノンフィクションに手を出さないということはないのですが…
【2010/03/07 03:41】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
『塔』は、いってしまえば雰囲気だけの作品ですね。でもその雰囲気作りが上手い作品でした。一編だけしか読んでないので、正直どういう作家か判断しにくいのですが、『ヴィクトリア朝の寝椅子』はとりあえず手を出してみたいと思います。

『ボートの三人男』、今読むとのんびりしたテンポなんですが、じっくり読むと、これすごく面白いですよ。ウッドハウスは近年だいぶ邦訳も出てますが、基本的にどれを読んでも外れがないと思います。

『まっくら、奇妙にしずか』は、細密な絵を眺めているだけでも楽しめる作品でした。もうちょっと物語性があるといいかなとも思ってるんですが。

マシスン作品集は今回は日本オリジナル編集だそうなので、期待できそうです。『不思議の森のアリス』も悪くなかったんですけどね。

鹿島茂は、主に19世紀フランスに関する本が多い人ですね。当時の風俗や文化なんかに関するエッセイが主ですが、文章も上手いし、面白おかしく読ませてくれます。海外小説ファンとしては、欧米文化の副読本的な感じで読んでもいいんじゃないでしょうか。あと、ふつうのエッセイも面白いですよ。
古書狂いの日常を描いた『子供より古書が大事と思いたい』、フランスの美しい挿絵本を紹介した『愛書狂』、女性の舞踏会デビューを扱った『明日は舞踏会』、動物戯画を扱った『人獣戯画の美術史』、メディア業初期の大物たちの偉人伝『かの悪名高き 十九世紀パリ怪人伝』、デパートを「発明した」男の物語『デパートを発明した夫婦』あたりが、オススメです。
【2010/03/07 08:00】 URL | kazuou #- [ 編集]

面白かった!
忙しかったり、このところ読んだ本の多くがあまり関係ないジャンルのだったり、関連ジャンルを読んだものの感想がはかばかしくなかったり(笑)で、何だかご無沙汰しております……

で、「ボートの三人男」、読みました!面白かった!!半分創作みたいですが、実話っぽく語られている辺りがツボにはまったのかもしれないです (じつは『エッジワース卿…』とかもちょっと読んだのですが、「やりたいことはわかるけど…」状態に陥ってあまり面白く読めなかったのです…)。
ボートが動き出す遥か前から笑いが炸裂していて(かなりの部分がボート以外での話だったような気も…)、最後まで楽しい時間を過ごせました。
美文調の部分もところどころ目立ちますが、こちらは… よく書けてはいそうでしたが何となくお付き合いするのが面倒な感じもして斜め読み気味でした ^^;
【2010/09/13 02:52】 URL | Green #- [ 編集]

>Greenさん
『ボートの三人男』お読みになられましたか。
「実話っぽく」というのも、格調のある随筆をおちょくっていたりするんでしょうね。とにかく間のとり方が絶妙というか、緩急のつけ方の上手い作品ですよね。
【2010/09/18 21:02】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/412-55009175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する