最近読んだ本

B002X8EIJ6S-Fマガジン 2010年 01月号 [雑誌]
早川書房 2009-11-25

by G-Tools

『SFマガジン 創刊50周年記念特大号 海外SF篇』
 『SFマガジン』は、節目節目に特大号を出しますが、今回は創刊50周年ということで、なかなか感無量です。看板作家の未訳短篇と、過去の名作の再録で、アンソロジーとしても読めるお得用になっています。
 未訳の方が、テッド・チャン、グレッグ・イーガン、ジーン・ウルフ、シオドア・スタージョンなど。再録の方は、ディック、ラファティ、ティプトリーなど。再録の方の数が少なめなのがちょっと残念ですね。
 あと小説に比べて、エッセイが少なめなので、もう少し多くしてもよかった気がします。
 今回から新連載の『「新版」世界SF全集を編む』(大森望、中村融、山岸真)は、なかなか面白いです。『ミステリマガジン』の方の『世界ミステリ全集』企画に触発されたんでしょうか。実際に出版になる可能性を考慮した企画ということで、かなり現実的な提案がなされているのが興味深いところ。
 巻末の執筆者コメントを見ていたら、気になるニュースが。まず《奇想コレクション》のフリッツ・ライバー短編集『跳躍者の時空』が一月に刊行予定だそうです。あと宮脇孝雄氏のコメントで、ジョン・クロウリー『エジプト』がもうじき訳了だとか。



4575289191現代SF最前線
双葉社 1998-12

by G-Tools

森下一仁『現代SF最前線』(双葉社)
 著者が雑誌に連載していたSF小説の紹介文を集めたものです。1983~1997年に発売された本が対象になっています。一冊あたりのスペースが長めにとられているので、わりと詳細な紹介になっています。簡単なあらすじから、テーマや意義など批評的な側面まで、難し過ぎず簡単過ぎず、非常にバランス感覚の優れたガイドになっています。
 80年代の最初のころは、今は亡きサンリオSF文庫もいくつか紹介されているなど、絶版になってしまったものが多いというのがネックですが、読んで楽しい、上質のブックガイドです。



4105451014ビヨンド
檜垣 嗣子
新潮社 2004-12-22

by G-Tools

マイケル・ベンソン『ビヨンド』(新潮社)
 これは、惑星探査機が送ってきた太陽系の惑星や衛星などの写真を集めた写真集。これはすごいです。何の仕掛けもしていないのに、下手なSFのイメージよりよっぽど壮大なスケールを感じさせてくれます。木星のアップ写真など、ほとんど異世界。



4840231826ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
メディアワークス 2005-10

by G-Tools

古橋秀之『ある日、爆弾が落ちてきて』(電撃文庫)
 すべての収録作品に「時間」テーマをからませた短編集です。大甘なラブストーリーが多いのですが、意外と本格的なSFネタをからませていて、SFファンには楽しめるのではないかと思います。
 好意を寄せていた少女が「爆弾」になって降ってくるという表題作『ある日、爆弾が落ちてきて』は、ちょっとついていけないものがありますが、それ以外は、なかなか楽しめる作品があります。
 実体を持たず、毎日クラスメイトの「誰か」に乗り移ることで存在する人格「日渡千晶」を描いた物語『出席番号0番』は、グレッグ・イーガンみたいな話。学校の窓が別の時間とつながるという、ジャック・フィニィ風の『三時間目のまどか』、一時的に人格が過去の自分になってしまうという『おおきくなあれ』など、全体にオールドSFっぽい雰囲気が漂っているのが特徴。



4764822784映画で読むエドガー・アラン・ポー (SCREEN新書)
近代映画社 2009-11

by G-Tools

北島明弘『映画で読むエドガー・アラン・ポー』(近代映画社)
 映像化されたポー作品について紹介しているガイド。なかなか目のつけどころのよい本ですね。ポーの映像化といえば、60年代のロジャー・コーマンのものが有名ですが、それ以前と以後にもたくさんの映像化作品があることがわかります。映画草創期にもたくさんのポー原作作品があることに驚きます。
 そういえば、最近では、あんまり映像化されたポー作品って、見当たらないような気がしますね。
この記事に対するコメント
SFマガジン
SFマガジンは50周年ですか。
シオドア・スタージョンの本邦初訳作品が読めるのですね。
これは購入したいと思います。
あと、マイケル・ベンソン『ビヨンド』、これもぜひ読んでみたいです。
【2009/11/29 21:08】 URL | タツナミソウ #- [ 編集]

>タツナミソウさん
『SFマガジン』の特大号っていつも、雑誌にしては高い値段なので、購入するかどうか迷うのですが、今回はテッド・チャン、グレッグ・イーガン、スタージョンと名前があったので、ためらわず購入しました。アンソロジーとして考えたら、これだけの名前が並ぶことは滅多にないので、むしろお得なのかもしれないんですけど。

マイケル・ベンソン『ビヨンド』は、かなりお勧めです。現実の光景のはずなのに、まるでファンタジー。写真だけで、これだけのインパクトを与えられる題材はそうそうないと思います。
【2009/11/29 21:45】 URL | kazuou #- [ 編集]

厚い!
 『SFマガジン』を書店の平積みから手にとって、厚さに躊躇して戻してしまいました。
10代に熱心に読んでいて、表紙特集なんか懐かしかったのですが。
また週末に迷いそうです。
【2009/12/02 20:44】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

厚いですよね
小説作品だと、厚いのはちょっとためらいますが、個人的には、雑誌だと厚いのは歓迎、です。
SFマガジンの特大号は、買い逃すと、あとで入手が難しくなりそうなので、とりあえず入手するようにしています。
【2009/12/03 19:04】 URL | kazuou #- [ 編集]

ライバーにクロウリー!
その分厚いSFマガジンを少しずつ読んでいるのですが、巻末の執筆者コメントまでフォローできていませんでした。何とライバーにクロウリー!特に『エジプト』は無理そうとかいう話が一時出ていたような記憶がありましたが、いい意味で予想外。楽しみですねえ。
【2009/12/05 13:05】 URL | さあのうず #- [ 編集]

>さあのうずさん
じつは、いつも『SFマガジン』を購入すると、まっさきに読むのが執筆者コメントなのですよね。執筆者の方が、最新刊の予定などを書いていることが多いので、参考にしています。

ライバーはそろそろかな、と思っていましたが、クロウリーの方は企画中止だと思っていたので驚きです。どちらも楽しみですね。
【2009/12/05 13:12】 URL | kazuou #- [ 編集]

はじめまして♪
SFマガジン、テッド・チャン収録なんですねー!知りませんでした。
やばい…めちゃくちゃ楽しみです。
幻想と怪奇メンバーが好きなので8月号はチェックしていたのですが見落としてました。

今日初めて辿り着いたのですが、私も奇妙な味、異色作家が大好きなので、とても楽しくブログ拝見させてもらいました。
奇想コレクションの洋梨形の男。気になります。
どんがらがん、もし既読でしたらご感想お伺いしたいです。こちらも気になっているのですが何となく手が出せません。

最後に。ブッツァーティ、昔古本を漁って7人の使者や階段の悪夢、待っていたのはを探しまくった思い出があります。内容に触れられていて楽しませてもらいました。
【2009/12/11 10:57】 URL | mixcat #3Vha0Ou6 [ 編集]

>mixcatさん
mixcatさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

mixcatさんも、異色短篇、お好きなんですね。『洋梨形の男』はすごくよかったですよ。基本的に《奇想コレクション》はハズレなしなんですが、なかでも『洋梨形の男』は今までで一、二を争う出来だと、個人的には思ってます。
『どんがらがん』も良かったですよ。ただデイヴィッドスンの作品って、すごく癖があるので、合わない人には合わないかも。面白い面白くない以前に、よくわからない作品があったりするので。ただ発想の突飛さは一読の価値があると思います。『さもなくば海は牡蠣でいっぱいに』あたりの奇想は素晴らしいですし。

ブッツァーティもいいですよね。短い作品でも切れ味が鋭いところに魅力を感じます。
【2009/12/11 20:41】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/397-281441aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する