奪われた人生  ジョージ・R・R・マーティン『洋梨型の男』
4309622046洋梨形の男 (奇想コレクション)
中村 融
河出書房新社 2009-09-15

by G-Tools

 ジョージ・R・R・マーティンのノンシリーズの短編集としては、『サンドキングス』(ハヤカワ文庫SF)以来となる、『洋梨型の男』(河出書房新社)。今回は、ホラー寄りの作品が集められています。
 ダイエットしようとした男が「猿」にとりつかれる『モンキー療法』や、落ちぶれた友人にまつわるサイコ・スリラー『思い出のメロディー』あたりは、上手いながらもマーティンにしては水準作かな、と思わせます。
 諷刺に満ちたショート・ショート『終業時間』も楽しいのですが、残りの3編、『子供たちの肖像』『洋梨型の男』『成立しないバリエーション』は、どれも傑作といえる出来栄え。生理的な気色悪さを前面に出したシュールな奇譚『洋梨型の男』も捨てがたいのですが、『子供たちの肖像』『成立しないバリエーション』が、群を抜いて素晴らしいです。
 『子供たちの肖像』は、次のような物語。一人で暮らす初老の作家のもとに、ある日一枚の肖像画が送られてきます。それは彼の小説の主人公を描いた画でした。夜になると、その主人公が現実の姿をとって、作家の前に現れて…。
 前例のある「登場人物が現実に現われる」というアイディアを扱っていますが、その扱い方が、尋常ではないほどの上手さ。親子問題、ひいては「作家」という存在の本来的な「罪深さ」までもを描いた力作です。
 『成立しないバリエーション』は打って変わって、タイムトラベルを扱った、わりとSF寄りの作品となっています。かってチェス大会にともに出た仲間たちが、みな零落している中で、ただひとり富を成した男。彼の邸に呼ばれた友人たちは、とんでもない話を聞かされます。みなの人生を狂わせた、過去のチェス勝負に取り憑かれた男。彼の目的とはいったい何なのか…?
 失われた人生を取り戻す方法はあるのだろうか? 運命は変えられるのだろうか? 悔恨と希望、過去と現在が交錯します。そして最後に待ち受けるのは、ほろ苦い真実。SF小説であり、チェス小説であり、青春小説でもあるという逸品。圧倒的な筆力で読ませる傑作小説です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
入荷待ち
これ、書名がおもしろく、楽しみにしていたのですが、なぜか地元書店でなかなか入荷しません。
マーティンは読んだことはないのですが、たとえば“SF小説であり、チェス小説であり、青春小説”とは、おおいに期待できそうです。
【2009/10/27 20:31】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

お勧めですよ
外れがない短編集なので、お勧めです。
どの作品も、アイディア自体はわりとよくあるものなんですが、展開や趣向がユニークなんですよね。
「小説」自体がひじょうに巧みにかかれているので、飽きさせません。
とくに『成立しないバリエーション』は本当に傑作だと思います。
【2009/10/28 12:19】 URL | kazuou #- [ 編集]


奇想コレクションは、個人的に当たりはずれがあるのですが、今回は、
ぐいぐいと読んでしまいました。
(好きか?と言われると、苦手だったりするのですが・・・)

個人的には「思い出のメロディー」が○でした。
・メロディーは確かにはた迷惑だろうな というのと、
・人間いつどこで、友達甲斐のないことをしているのかもしれない
などと、思ったり「生活感」のある読み方をしてしまいました。
【2009/11/11 19:30】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
今回のマーティンは、大当たりでしたね。
エンタテインメント性もさることながら、いろいろ考えさせる要素もあったりして、読み応え十分だったと思います。
【2009/11/12 12:17】 URL | kazuou #- [ 編集]

長編も面白いんでしょうか?
はじめまして。「奇妙な味」的小説好きの者です。 
以前ロアルド・ダールで検索してこちらのブログを発見して以来、kazuouさんの幅広い作品紹介を
拝読し、本選びの参考にしております。

わたしも「子供たちの肖像」と「成立しないバリエーション」が最高に面白く、オチの上手さにうなりました。 これまでマーティンを知らなかったのですが、彼の長編もこんなに面白いんでしょうか? それとも、この短編のほうが異色作なんでしょうか? (いきなり、ずうずうしい質問ですみません)

とりあえず図書館に置いてある作品から読んでみようと思います。
【2010/01/03 00:51】 URL | しんしん #- [ 編集]

>しんしんさん
しんしんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

基本的にマーティンは、ストーリーテラーで、小説作りのすごく上手い人だと思います。『洋梨型の男』は、ずば抜けて出来がいい作品集だと思いますが、マーティンならどれを読んでも面白いと思いますよ。『洋梨型の男』が気に入ったなら、とりあえず『サンドキングズ』をオススメしたいです。
たまたま、正月休みに『SFマガジン』のバックナンバーを読んでいたのですが、その中の号にマーティンの『ナイトフライヤー』という中編作品が載ってました。これがまたすごく面白くて、短編集未収録というのがもったいないぐらいの作品でした。
近年書かれているヒロイック・ファンタジー《氷と炎の歌》は未読なので、何とも言えませんが、少なくともそれ以外の長編(といっても、たぶん『翼人の掟』と『フィーヴァードリーム』だけだと思うんですが)は、どれも面白かったです。とくに『フィーヴァードリーム』はモダンホラーの歴史に残る傑作だと思うのでぜひ。
【2010/01/03 09:51】 URL | kazuou #- [ 編集]

では、さっそく
まずは「サンドキングズ」からとりかかります。 丁寧なご回答、本当にありがとうございました。
【2010/01/03 14:31】 URL | しんしん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/393-70244a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する