切り刻まれた時間  メナン・ヤポ監督『シャッフル』
B001ZRGVZUシャッフル [DVD]
サンドラ・ブロック, ジュリアン・マクマホン, ニア・ロング, ケイト・ネリガン, メナン・ヤポ
クロックワークス 2009-05-29

by G-Tools

 メナン・ヤポ監督による映画『シャッフル』(2007年 アメリカ)は、タイムトラベルを扱った作品ですが、この使い方が斬新で、面白い仕掛けになっています。
 四人家族で幸せに暮らしていたリンダは、ある日、夫であるジムが自動車事故で死んだという知らせを受けます。悲しみに沈むリンダでしたが、翌日目を覚ますと、死んだはずのジムが何事もなかったかのように、目の前に現れます。
 夢だったのかと考えるリンダでしたが、さらに翌日になると、やはりジムは死んでいて、葬式のために多くの人びとが集まっているということを知ります。やがてリンダは、一週間がランダムに「シャッフル」されていることに気づきます。しかも、他の人びとの意識には何の変化もなく、「シャッフル」されているのは、自分の意識だけなのです。
 ジムが死んだのは「水曜日」であることに気づいたリンダは、夫が死ぬはずの事故を回避しようと、奔走しますが…。
 一週間がランダムに「シャッフル」されてしまった主婦を描く物語です。この現象がなぜ起こったのかという原因には全くふれられず、あくまで時間の「シャッフル」に巻き込まれてしまった主人公が、この現象に対してどう立ち向かってゆくか、という点に焦点が当てられています。
 「シャッフル」に気づいてからのリンダが、夫を救うために一貫して行動するのかと思いきや、夫婦間の軋轢や、夫の浮気未遂などの要素を盛り込んでいるのが上手いところ。浮気に気づいたリンダが、夫に対して愛憎半ばしたりと、物語が単調になるのを防いでいます。
 「シャッフル」の現象それ自体よりも、それに翻弄される主人公、そしてその現象を通して、家族や夫婦について考えさせられるという面に、この作品の魅力があります。
 一時的にとはいえ、愛する者を永遠に失ったとき、人間はどう感じるのか? それをやり直せるかもしれない機会を与えられたとき、人間はどう行動するのか?
 「シャッフル」という、超自然的な現象を前面に出すのではなく、それが登場人物に及ぼす影響を丁寧に描いているという意味で、「SF映画」というよりは「人間ドラマ」的な要素が強くなっているといえます。良作です。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
時間もの
この映画知りませんでしたが、「一週間がランダムにシャッフル」ってなんか面白そうですね~。最近、タイムトラベルものづいているので、この機会に観てみようかな、と思いました。
【2009/07/13 22:32】 URL | green-flow #- [ 編集]

>green-flowさん
なかなかよかったです。時系列がランダムに現れるので、事実がどうなっているのか推理する楽しみもあるし、ふつうの作品とはまた違ったサスペンスが味わえます。
家族愛をテーマにしてるので、観終わった印象も悪くないしで、お勧めですよ。
【2009/07/14 06:23】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/378-c140ba7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する