ホラー映画の味わい方  綾辻行人・牧野修『ナゴム、ホラーライフ』
4840128200ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ (幽ブックス)
綾辻行人、牧野修
メディアファクトリー 2009-06-17

by G-Tools

 ホラー映画好きの二人が、好きなホラー映画について語った『ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ』(メディアファクトリー)は、ホラー映画ファンにとっては、たまらなく楽しい本です。
 この本は、作家の綾辻行人と牧野修が、交互にホラー映画について語っていくという、リレー・エッセイで、理論社のサイト上で連載されていたものです。軽めのおしゃべりが続くライトエッセイかと思いきや、ホラー映画の本質をえぐる考察にまで踏み込んでしまうという、意外にも奥行きのあるエッセイになっています。
 何より著者二人の、ホラー映画への愛があふれているところに好感を抱きます。例えば、かねてよりダリオ・アルジェントへの愛着を公言している綾辻行人、B級、Z級ホラーには興味がないのかと思っていましたが、ちゃんとこうした作品にも目を通して、等しくジャンルを愛している様子が窺えます。
 「生物パニックホラー」「Jホラー」「続編もの」「フェイク・ドキュメンタリー」など、いろいろなテーマが俎上に上りますが、読んでいて、興味を引かれたトピックがいくつかあります。まずは「ゾンビ」についての考察。以前はのろのろしていた「ゾンビ」が、いつのころからか「足の速い」タイプが出てきたことについて、語っている部分です。

 ゾンビの怖さ・嫌さは、ゆっくり歩いてきてゆっくりと襲いかかるところにこそある。連中はあんなに大勢いるけれど、頑張れば案外すんなり逃げられそう、やっつけられそう-というひと筋の希望が、それが叶わなかったときの絶望と恐怖を際立たせるのではないか。これが「速いゾンビ」になると、はなから「無理!」と思ってしまう。

 これはなるほど!と思いました。
 あとは、ホラー好きの二人でも、観終わって非常にいやな気分になる作品があって、その感じを本書では、「どよーん」と表現しているのですが、その感じについて考察している部分は、ホラー映画というものについて考えさせられるところが大です。
 主にこの話題は、トビー・フーパー『悪魔のいけにえ』を中心に語られるのですが、牧野修の次のような意見は参考になりますね。

 それはやはり〈どよーんツボ〉は「人によって引き起こされる不快感」を中心としたものに圧されるからで、単なるスプラッタ、たとえば13日の金曜日シリーズのようなものにはあまり圧されることはないはずだ。たとえそれがどれほど不快さを煽ろうとした描写であろうと、だ。
 それはジェイソンが怪物であり人ではないからだ。つまりジェイソンによる死は、事故死とあまりかわりないものなのだ。


 同じアンハッピーエンドを基調とするホラー映画にあっても、観終わった後に、陰惨な気分になるものとそうでないものがありますが、その理由の一端について、初めて納得の行く意見を聞いたように思います。
 ホラーファンにとっては、エッセイ内で言及される、有名無名のタイトルを眺めているだけで楽しめてしまうのですが、著者二人の、重度のホラーファンであるがゆえの深い洞察にも読むべきところが多々あります。
 タイトルと内容からしても、ホラー映画ファンでない人が手に取る本ではないと思いますが、人間の恐怖感情について考察した本として、なかなか面白い本ではないでしょうか。
この記事に対するコメント
これはなかなか面白そうですね^^
なになに、ホラー映画好きの私にぴったりの本じゃないですか(笑)。

kazuouさんが書かれている「ゾンビ」についての記述を拝見すると…
まさしくそのとおり!ゾンビは逃げ切れるんじゃないかと思わせる速度に
味があるんです。
王道のホラー映画も好きですが、あまり知られていないホラー映画も
今後どんどん発掘してきたいと思っているので是非この本は読まなければ!
暑い夏にはホラー映画が一番です(笑)。

最近はタイとフランスのホラーにも期待してるんですが、
これらの記述もあったりしますか?
【2009/06/25 21:57】 URL | TKAT #mQop/nM. [ 編集]

どよーんツボ
私の“どよーんツボ”は『オーメン』第1作にあったわけですね。
ホラーの教養(?)を身につけようと、WOWOWでシリーズ4本を録画して、見始める。
第1作の最初のほうの誕生パーティの場面、メイドだか家庭教師が首をくくる場面でついていけなくなり、全部消去してしまいました。
ゾンビはわりと肌に合うのですが。
【2009/06/25 22:14】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>TKATさん
なかなか読み応えのある本でした。個々のホラー映画の紹介というよりは、ホラー映画について考察する…といった感じでしょうか。
なるほど!と思わせられる意見がいっぱいで、個人的には大満足な本でした。
フランスものについては、とくにないですが、後半、アジアンホラーについては、ページがいくらか割かれてます。言及されたホラー映画については、欄外で軽く紹介されているのも親切ですね。
【2009/06/26 12:25】 URL | kazuou #- [ 編集]

>迷跡さん
ゾンビをはじめとする怪物が登場する作品は、ある種ファンタジーとしてフィルターをかけて見るので、スプラッターシーンがあっても、そんなに凄惨な感じはないんですよね。
やっぱり、人間がからんでいる作品の方が、後味の悪いものが多いです。『オーメン』シリーズは平気だったんですが、やはり『悪魔のいけにえ』が“どよーんツボ”でした。
【2009/06/26 12:29】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/377-555b6d51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する