6月の気になる新刊
6月9日刊 ロベルト・ボラーニョ『通話』(白水社 予価2310円)
6月10日刊 ウラジーミル・プロップ『魔法昔話の研究 口承文芸学とは何か』(講談社学術文庫)
6月12日刊 徳永康元『ブダペストの古本屋』(ちくま文庫 予価945円)
6月19日刊 柴田元幸編訳『いずれは死ぬ身』(河出書房新社 予価1995円)
6月中旬刊 鹿島茂『馬車が買いたい! 新版』(白水社 予価3360円)
6月25日刊 チャイナ・ミエヴィル『ペルディード・ストリート・ステーション』(早川書房 予価3360円)
6月25日発売 『ミステリマガジン8月号』(特集=幻想と怪奇 ポー生誕200周年〉(早川書房 840円)
6月30日刊 大森望・日下三蔵編『超弦領域 年刊日本SF傑作選』(創元SF文庫)
6月刊 『SF本の雑誌』(本の雑誌社 予価1575円)

 徳永康元『ブダペストの古本屋』は、元本を既読なのですが、味のあるエッセイ集でした。古本の話題もありますが、戦前の外国語学習や留学の話がとても面白く、興味深く読めます。
 柴田元幸編の最新アンソロジーは、「死、喪失、別離、崩壊」を扱ったもの。今回はかなりシリアスなテーマですね。ただ編者には、以前にも老人を扱ったアンソロジー『いまどきの老人』があって、ただ重いだけではなくて、軽妙な作品も混ぜたりと、上手い編集になっていたので、今回も期待できそうです。
 『ミステリマガジン』は、恒例の《幻想と怪奇》特集。ポーを主眼とした特集が組まれるようです。
 大森望・日下三蔵編の《年刊日本SF傑作選》は、はやくも続編が登場です。こういうアンソロジーは末永く続けてほしいですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

鹿島茂「馬車が買いたい!」は、かつて読もうとしたときに、落とし物をしてしまい。
(本ではなく)そのショックで、読めなかった本なので、これを機に挑戦してみようかな・・・と思います。「明日は舞踏会」の方が女性としては面白かったですが。

「ブダペストの古本屋」読んでみようと思います。
ポー生誕200年とは気が付きませんでした。先日TVで特集やっていたのはそのせいだったかも。
とにかく今月も読みたい本いろいろです。
【2009/05/31 19:37】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
『明日は舞踏会』は、僕も面白く読みました。鹿島茂の著作は、どれも面白く読めるんですけど、よく引用するバルザックやゾラをほとんど読んだことがないと、ちょっと気後れがしてしまうところがありますね。というわけで、『馬車が買いたい!』も、彼の代表作ですが、拾い読みしかしてません。いずれ再挑戦してみたいです。

『ブダペストの古本屋』は、とてもいい本なのでオススメです。ひとむかし前までのハンガリー作家の翻訳は、だいたいこの徳永康元氏がやっていて(少数言語の翻訳者が少なかったんでしょうね)、東欧系のアンソロジーなんかでは、よくこの名前にお眼にかかったものです。
【2009/05/31 20:07】 URL | kazuou #- [ 編集]

生誕200周年!
あれ、ポーの生誕200周年でしたか。チャールズ・ダーウィンと同じ生まれだったのですね。出版界でもっといろいろ企画がありそうなものですが。

『超弦領域 年刊日本SF傑作選』、早くも第二弾が出るとは嬉しい限りです。
【2009/05/31 22:01】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
ポーをめぐる評論集が研究社から出ましたが、今のところそれぐらいみたいですね。ポーに関するアンソロジーなんか出してくれると嬉しいんですが。

『年刊日本SF傑作選』、今のところ順調のようですね。これは楽しみです。
【2009/06/01 20:55】 URL | kazuou #- [ 編集]


『ブダペストの古本屋』はおもしろそうですね。
読んでみたくなってきました。

最近の日本のSFをあまり読んでいないので、
『年刊日本SF傑作選』も気になるところです。
日本SFの誕生のころからのもやってもらいたいなぁ。

ご存じかもしれませんが、「黒田藩プレス」(http://www.kurodahan.com/j/j_top.html)
という福岡にある出版社が、日本のSFやホラーを英訳して紹介してます。
SFなどは、今の作品を中心にしているようです。
小さな会社ですが、よくやってくれてるなと思います。





【2009/06/02 18:28】 URL | kenn #NV6rn1uo [ 編集]

>kennさん
「黒田藩プレス」というのは、初めて聞きました。現代の日本の作品は、ジャンルを問わず世界で通用するレベルだと思うので、こういう試みはどんどんやってもらいたいですね。
【2009/06/04 21:17】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/373-222b8722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する