ここではないどこかへ  ゴンサルヴェス、トムソン『Imagine a Place』
1416968024Imagine a Place
Rob Gonsalves
Atheneum 2008-09-02

by G-Tools

 以前にこのブログでも紹介した、ロブ・ゴンサルヴェスとセーラ・L.トムソンのコンビによる二冊の絵本『終わらない夜』『真昼の夢』(ともに金原瑞人訳 ほるぷ出版)は、非常に魅力的な作品でした。chess_master.jpeg
 このシリーズの魅力は、なんといっても、ゴンサルヴェスのだまし絵にあります。現実ではありえない不思議な光景が、微細な描写で描かれ、ずっと見ていても飽かせません。空がいつの間にか海とつながってしまったり、小さなものがいつの間にか大きな建物になっていたりと、思いもかけないものが思いもかけない仕方で描かれ、毎回読者を驚かせてくれるのです。
 さて、そんなゴンサルヴェスとトムソンのコンビによる絵本の第三弾『Imagine a Place』(Atheneum)が出版されました。といっても、まだ邦訳の予定はないようなので、原書をご紹介します。
library.jpg  一冊目は「夜」、二冊目は「昼」と、大まかに作品集のテーマが決まっていたようですが、今回のテーマは「どこかの場所」といったところでしょうか。相変わらず驚異的なビジョンを見せてくれています。個人的に気に入ったのは、チェスの駒が巨大な塔に変容する『Chest Master』と、ドールハウスの人形がいつの間にか原寸の人間になってしまうという『Doll's Dreamhouse』あたりでしょうか。積まれた本が建物と化す『The Library』も、本好きの琴線をくすぐる絵ですね。
dolls_dreamhouse.jpeg 前二冊が邦訳されていますので、いずれ本書の邦訳も出るとは思うのですが、もともと文章部分は短くて簡単なものですし、正直、文を読まずに絵だけ味わっても問題のないタイプの本です。ですので、気になった方は原書を味わってみるのもいいのではないでしょうか。
flood_fences.jpg the_dancing_wind.jpg

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
面白そう!
うわあ、この絵本、初めて知りました。
すごく素敵ですね。ちょっとエッシャーっぽいところも感じますが、影響されたりしてるんでしょうか。
明日、さっそく書店で探してみることにします。あ、とりあえず邦訳の出ている方から(笑)。
【2009/05/01 01:51】 URL | sugata #8Y4d93Uo [ 編集]

>sugataさん
ゴンサルヴェスの絵は、どれも眺めていてとても楽しい作品ですよ。この本も邦訳が出るのが待ちきれないので、原書を買ってしまいました。
エッシャーの影響は大きいみたいですが、ただの模倣に終わるんじゃなくて、オリジナリティあふれる作りになっているところがすごいです。
三冊とも甲乙つけがたい出来ですが、やはり一作目の『終わらない夜』はとくにすばらしいと思うのでぜひ。
【2009/05/01 12:22】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/368-570a3cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する