3月の気になる新刊と2月の新刊補遺
2月25日刊 フィリップ・K・ディック『髑髏』(論創社 予価2100円)
3月9日刊 小川洋子編『小川洋子の偏愛短篇箱』(河出書房新社 予価1995円)
3月10日刊 ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』(ハヤカワ・ミステリ 予価1365円)
3月12日刊 E・T・A・ホフマン『黄金の壺/マドモアゼル・ド・スキュデリ』(光文社古典新訳文庫)
3月12日刊 ジャック・ロンドン『白い牙』(光文社古典新訳文庫)
3月中旬刊 パーシヴァル・ワイルド『検死審問ふたたび』(創元推理文庫 予価1029円)
3月中旬予定 小山内薫『お岩 小山内薫怪談集』(メディアファクトリー)
3月25日刊 マリー・フィリップス『お行儀の悪い神々』(早川書房 予価1785円)
3月下旬刊 柴田元幸編『昨日のように遠い日』(文藝春秋 予価2400円)
3月下旬刊 ロバート・E・ハワード『真紅の城砦』〈新訂版コナン全集5〉 (創元推理文庫 予価840円)

 ディック『髑髏』で、 とうとう論創社の〈ダーク・ファンタジー・コレクション〉も完結。この最終巻は、本邦初訳の作品が収録されるんでしょうか。初回配本のディック短編集はただの再刊(しかも抄録!)だったので、期待したいところです。
 『小川洋子の偏愛短篇箱』は、小川洋子を編者としたアンソロジー。基本的に日本作家中心のようですが、ちょっと気になりますね。
 来月の新刊でいちばんの要注目作はこれ、ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』ですね。探偵リンリー氏が登場する作品を含む傑作集だとのこと。どうやら、ダンセイニのミステリ方面の作品を集めたもののようです。創元社でも、随分前から近刊予定に入っていましたが、早川に先を越された形です。
 《光文社古典新訳文庫》の新刊は、ホフマンとロンドン。とくにホフマンの方は、鴎外の訳でも有名な『マドモアゼル・ド・スキュデリ』を持ってきたところが渋いですね。そういえば、岩波文庫版の吉田六郎訳『スキュデリー嬢』も復刊されたようです。
 あらすじで気になるのは、マリー・フィリップス『お行儀の悪い神々』です。「ロンドンに住むオリンポスの神々は神通力が弱まり、ドッグシッターなどの仕事で何とか生計を立てていた。ある時、粗暴な太陽神アポロンが人間に恋をするが……。」というファンタジー小説。似たようなテーマでは、ジャン・レイの『マルペルチュイ』なんかが思い浮かびますが、こちらはわりと明るめの作品のようですね。
 〈新訂版コナン全集〉は、しばらく間が空いていましたが、5巻が登場。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

ロード・ダンセイニ やっと出ますか・・・・!
あと、ワイルドの「検死審問 ふたたび」も楽しみです。

これは、借りずに、買いに行かなくては・・・・!!と思っています。
【2009/02/20 22:43】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
ダンセイニのミステリ短編集、創元の近刊予定に挙がってから、ずっと待っていたのですが、なかなか出ないので(いつものことではありますが)、中止になったのかと思ってました。早川から出るとは思いもしなかったです。リンリー氏もの以外も収録されるようなので、楽しみですね。

続編が出るところを見ると、ワイルドの「検死審問」はけっこう好評だったんでしょうか。
【2009/02/21 17:54】 URL | kazuou #- [ 編集]

大いに気になります
『小川洋子の偏愛短篇箱』。
倉橋由美子さんが逝かれて後、幻想系の大物純文学者といったら小川洋子さん!
極上の幻想・ホラーとしてその著書を愛読しています。『SFが読みたい』の刊行予定でも、『モーフィー時計の午前零時』(国書刊行会)の小川洋子さん序文が一番気になりました。もう出てるはずですね。
【2009/02/26 22:25】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
最近、小川洋子の短編集を何冊かまとめて読んでみました。硬質ながらも、物語性もあり、寓話の趣もある…といった感じで、なかなか魅力的な作家だな、と思った次第です。
そういうわけで、『小川洋子の偏愛短篇箱』も気になるアンソロジーではありますね。
新作がチェスをテーマに取り上げているということもあり、『モーフィー時計の午前零時』もチェスつながりで、序文を書いている、のでしょうか。
【2009/02/27 08:34】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/356-4d0455e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する