3周年と、なかなか読めない長編の話
 本日2月7日で、このブログも開設3周年になりました。ひとまず御礼申し上げます。
 もうそんなになるのか、と自分でも驚きです。ようやく一区切りという感じですね。この先、5年、10年続けよう、なんて大げさなことは言いませんが、力の続く限り続けていきたいと思っています。みなさま、これからもよろしくお願いいたします。

 さて、今年の課題として「本の整理」を挙げていました。正月からこっち、本棚や押し入れの奥をごそごそやっております。積読本が多いのは相変わらずなのですが、困ったのが長編作品です。これは読んでいる暇がないなあ、という本が意外とたくさんあったことにびっくりしました。
 好みの問題で、基本的に短編集・アンソロジー優先の読書になってしまうんですよね。短編集は、話に入り込んですぐ終わってしまうので、長編よりも読むのに時間がかかる、とよく言われますが、個人的には長編よりも短編集の方がずっと速く読めます。これって変わってるんでしょうか?
 というわけで、今回は、読みたいと思って買ったものの、なかなか手をつけられずにいる長編作品リスト、ということでお届けしたいと思います。

J・R・R・トールキン《指輪物語》3部作(評論社)
 いわずと知れた大作ファンタジー。以前から読もうと思って購入してはあったのですが、なかなか手をつける暇がありませんでした。そのうち、映画化でベストセラーになってしまい、ますます読むタイミングを失ってしまった、という感じです。
 ファンタジーの里程標的な作品ですし、必ず読むとは思います。ちなみに蔵書は、豪華愛蔵版。装釘も挿絵もとても美しい本です。ただこの本、かなり重いので、寝転がって読めるような本ではありません。それがまだ読めない原因のひとつかも(笑)。

マーヴィン・ピーク《ゴーメンガースト》3部作(創元推理文庫)
 これも英国ファンタジーの一大金字塔作品といっていいでしょう。ファンタジーの概説書やガイドなどで、あらすじだけは知っているのですが、まだ原作にはとりかかっていません。ピークの短編集『死の舞踏』(創元推理文庫)を読む限りでは、肌に合いそうな作品ではあります。

M・G・ルイス『マンク』上下(国書刊行会)
 ゴシック・ロマンスの代表作というべき作品です。あのサドにも影響を与えたといわれています。これもあらすじだけは頭に入ってるんですよね。かなりダークで重い作品のようなので、なかなか手を付けられません。

梶尾真治《エマノン》シリーズ4巻(徳間デュアル文庫)
 地球に生命が発生してから現在までのことを総て記憶しているという少女「エマノン」を主人公にしたSFシリーズ。もともと連作短編だったシリーズですが、近年書き下ろしの長編作品として続編が出ていて、大河小説の趣に。
 2冊目の途中までは読んでいます。これ最初の頃は素晴らしいんですが、2冊目からかなりダレてくるような気はします。もっともその後の作品を読んでいないので、なんとも言えないのですが。

ミカ・ワルタリ『エジプト人』3巻(角川文庫)
 フィンランドの作家ワルタリによる、古代エジプトを舞台にした歴史ロマン作品です。小学館から『ミイラ医師シヌへ 』(地球人ライブラリー)というタイトルで抄訳版も出ています。

マーク・トウェイン『地中海遊覧記』上下(彩流社)
 トウェインによる地中海旅行記です。この人の作品は、小説・エッセイ問わずみな面白いです。退屈になりがちな紀行文でさえ、トウェインにかかると、ユーモア小説みたいになってしまいますから。ちなみに、同じような系統の『ヨーロッパ放浪記』は面白かったです。

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』(集英社)
 エンタテインメント系の作品を優先的に読んでるので、ディケンズの作品は後回しになりがちです。

フォルチュネ・デュ・ボアゴベ『鉄仮面』3巻(講談社→講談社文芸文庫)
 19世紀フランスの連載もの長編、いわゆる「フィユトン」の代表作として挙げられる歴史ロマン小説です。有名な「鉄仮面」の伝説を扱った作品ですね。数年前まで入手困難で、ようやく手に入れたものの、それで安心して積読になっていました(笑)。まさか文庫化されるとは。
 とっかかりの数章だけ読んでるんですが、序盤に関する限り、これかなり面白いです。

ジョゼフ・シェリダン・レ・ファニュ『墓地に建つ館』(河出書房)
 怪奇小説の巨匠レ・ファニュによる三大傑作のひとつです。ちなみに他の二つは『アンクル・サイラス』(創土社)と『ワイルダーの手』(国書刊行会)で、既読。短編では近代的な構成やテーマを持つレ・ファニュですが、長編では趣が違って、大時代的。ゴシック・ロマンスに近い作風になっています。超自然がかったスリラー作品、という印象でしょうか。
 文学史ではあまりふれられませんが、『アンクル・サイラス』が、エミリー・ブロンテ『嵐が丘』に、短編『タイローン州のある名家の物語』(小池滋訳『レ・ファニュ傑作集』国書刊行会 収録)が、シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア』に影響を与えている、というのも有名な話ですね。実際読んでみると、確かに影響関係があるように思えます。

ジュール・ヴェルヌ『ミステリアス・アイランド』(集英社文庫)
 ヴェルヌの冒険小説です。いちおう『海底二万里』の続編ということになっています。ヴェルヌの作品には、当時の科学知識や蘊蓄がやたらと出てきて、そのあたり今だと冗長な部分があります。現代でいうところの「情報小説」的な側面が強いんですね。
 その点「蘊蓄」の少ない純粋な冒険小説的な作品の方が、個人的には面白いと思っています。そうした面で言うと『皇帝の密使』とか『チャンセラー号の筏』『アドリア海の復讐』あたりがオススメです。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

三周年おめでとうございます!

長篇より短篇が読みやすいというのは、やっぱり変わってますよ。
私などは短篇を二つ三つ読んだ時点で、精神的に満足してしまうというか、立て続けに短篇を読むことができないですね。まあ、通勤電車とかではそれが逆に都合良かったりもしますが。長篇だと切りが悪くて、電車を降り忘れたりしてしまうんですよね(笑)。
【2009/02/07 00:42】 URL | sugata #8Y4d93Uo [ 編集]

『マンク』
 これ、大好きです。私が読んだのは35年くらい前(国書で再刊される前)ですが、いまだに深く印象に残っています。ぜひぜひ!
 挙げられている本では、私、涙香の大ファンですから、ボアゴベ『鉄仮面』を読まなければなあ……と思いつつ、ずーっと積読状態です。ピーク『ゴーメンガースト』も刊行時に買ったきりですねえ。映画でも観て、お茶を濁そうかしらん。
 購入した本をすべて読むなんてことは、とっくに諦めております。
【2009/02/07 05:21】 URL | 高井 信 #.EaZg8mc [ 編集]

>sugataさん
sugataさん、ありがとうございます。

やっぱり、変わってますでしょうか?
物語の波に乗れた途端に終わってしまうので、短編を読むのに労力が要る、というのはわかるんですよね。ただ僕の場合、その「こまぎれ感」が逆に好きというか快感を覚えます。もう本能的に「短い話」が好きなんでしょうね。
その代わり、大長編がなかなか読めません。
【2009/02/07 08:05】 URL | kazuou #- [ 編集]

>高井 信さん
『マンク』は、積年の積読本なので、早いうちになんとか読みたいと思っているのですが、なかなか思うにまかせません。考えたら、ゴシック・ロマンス系の作品は、未読のものがけっこうあるんですよね。『放浪者メルモス』とか。高井さんオススメなら、近いうちに読んでみようと思います。

ボアゴベ『鉄仮面』は、読もうと思って最初の数章を読み始めたら、すごくスピーディで面白かったんですよ。私事で忙しくなって、途中でやめちゃったんですが、ある程度面白そうなのがわかったので、あせって読まなくてもいいかな(笑)ということで、再び積読になっちゃってます。
【2009/02/07 08:15】 URL | kazuou #- [ 編集]

3周年
3周年、おめでとうございます。
私はどちらかというと、kazuouさんの短編集・アンソロジーの紹介を楽しみにしているクチです。
でも、もちろん長編の面白そうなものにも食いつきますよ(笑)

マーヴィン・ピーク『死の舞踏』は良かったですよね。
とくに「同じ時間に、この場所で」はおもいきり肌に合いました。
『ゴーメンガースト』もいけるかな。
【2009/02/07 10:17】 URL | タツナミソウ #- [ 編集]


kazuouさん、3周年おめでとうございます。一貫したセンスを維持されて、本の紹介という定まった内容での更新を続けられておられることに敬服しております。ブログが末永く続くと嬉しいと思っております。

短編と長編の違い、面白いですね。私も短編派なんですよ。たしかに短編ばかり読んでいると物語に入り込みづらくなってペースが落ちることが時々ありますね。でも基本的には短編が好きです。アンソロジーの統一性やバラエティなんかを比べるのも楽しいですよね。私の場合長編だと集中が続かないことがあったりして、話や登場人物を忘れてしまったりすることもよくあります。それでも最近は負けずに何とか大長編にも挑戦しようと思っています(何に対しての対抗心なのやら)。
【2009/02/07 11:11】 URL | さあのうず #- [ 編集]

>タツナミソウさん
ありがとうございます。そういっていただけると嬉しいです。
ほんとうに短編ばっかり読んできたので、逆に長編が読みにくかったりするんですよね。

ピーク『死の舞踏』はかなり好みの作風です。『同じ時間に、この場所で』は、もうタイトルからしてやられてしまいました。ピークでは『行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙』も良かったですよ。
【2009/02/07 21:57】 URL | kazuou #- [ 編集]

>さあのうずさん
さあのうずさん、ありがとうございます。

さあのうずさんも短編派ですか。嬉しいですね。
商業的にも短編より長編の方が有利、という事実は厳然としてあるようなので、たしかに世の中には、長編派の人の方が多いんでしょうね。
短編集やアンソロジーだと、個々の短編だけでなくて、さあのうずさんのおっしゃるように、配列の妙とかテーマの差異とか、また別の部分の面白さを見つけられるのも、楽しみのひとつですよね。

海外のエンタテインメントは厚くなる一方だし、最近は新作長編にはあんまり手を出す気がなくなってしまいました。でも ジェフリー・フォードの『白い果実』三部作みたいな大傑作もあったりするので、なかなか難しいところですね。
【2009/02/07 22:09】 URL | kazuou #- [ 編集]

祝3周年!
いつも楽しみにしています。
最近の翻訳短編の隆盛ぶり! kazuouさんの時代の到来です。
もっとも国産の短編はまだ冷遇されているような気もしますが。

今回ご紹介の長編では、短編しか読んだことのないレ・ファニュが気になります。
【2009/02/07 22:30】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>迷跡さん
迷跡さん、ありがとうございます。

たしかに、翻訳短編に関する限り、幸せな時代ですね。毎月思いもしなかった作品が訳されたりと、以前と比べても、今ほど新刊が楽しみなことはありません。

レ・ファニュの長編は、短編とはまた違った魅力がありますよ。かなり古風なので、今読むとゆったりし過ぎている感じはありますが、やっぱりこの作家ならではの味があります。「三大傑作」は、どれもかなり長いので、初めて読む長編としては、長さも適度な『ゴールデン・フライヤーズ奇談』がオススメですね。
【2009/02/08 14:03】 URL | kazuou #- [ 編集]

3周年おめでとうございます
いつも更新を楽しみにしています。
これからも更新を続けて、より充実したブログになさってください。

わが家の本の整理は半分ほどであきらめました(ふう)。
「指輪物語」を、読んでいないのに愛蔵版をもっているところがすごいですね。
でも、改めて文庫版を入手したほうが読みやすいかもですよ。
あっ、「ゴーメン・ガースト」。
うちにもあって読んでないのを思い出しました。
いつ読むんだ。
「ミステリアス・アイランド」は読まないで手放しちゃいました。
昔、教育テレビでこれの海外ドラマをやっていて、面白かったです。
たぶん、原作とまるきりちがいます。
「ミイラ医師シヌ」の完訳があったとは、知りませんでした。
地球人ライブラリーは妙なシリーズでしたね。
kazuouさんのリストを読んでいたら、なにやら自分の積読本を思い出して、ツライ気持ちになってきました。
うちにある、積読大長編は「千夜一夜物語」です…。

「面白いのはわかったから、急いで読まなくてもいい」
これ、すごくよくわかります。

【2009/02/09 01:04】 URL | タナカ #- [ 編集]

>タナカさん
タナカさん、ありがとうございます。

いつも本の整理といっても中途半端だったのですが、今回はかなり本格的にやっています。もう絶対読まないだろう、というのは思いきって処分しちゃってますね。

「指輪物語」は、装釘の美しさに負けて買ってしまいました。読むなら文庫版の方が楽でしょうね。文庫版なら、映画化のおかげで、100円均一のコーナーにどっさりありますし。
「ミステリアス・アイランド」は、たしかドラマ化のおかげで文庫化されていたような気がします。ドラマ版も全然見てないんですが。

最初の数章だけ拾い読みする、っていうのを僕はよくやるんですが、今までの経験上、その時点でつまらなかった本って、最後まで読んでも面白くないことがほとんどなんですよね。そういう意味で、面白い本の判別法としてはなかなか使えると思います。もっともそれで積読になってしまうのも考えものなんですけど(笑)。
【2009/02/09 20:11】 URL | kazuou #- [ 編集]

3周年おめでとうございます。
3周年おめでとうございます。
いつも本の紹介を楽しく読ませて頂いています。
このブログで、翻訳短編好きの方が結構いらっしゃることを知り、はげみになりました。

「エジプト人」かなりまえに、角川のリバイバル(金色のカバー)の文庫で出たのは記憶があります。
このシリーズでは「風俗の歴史」とフィッツジェルドを持ってます。
これからもよろしくお願いいたします。
【2009/02/09 22:13】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
fontankaさん、ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

「エジプト人」は、角川のリバイバルシリーズのものです。以前にブックガイドで名前を知って読みたいと思って買ったものですね。これもちょっと拾い読みした限りでは、わりと面白そうです。
「風俗の歴史」も、面白そうな本ですよね。
【2009/02/10 22:50】 URL | kazuou #- [ 編集]

3周年おめでとうございます
もうそんなに経つんですね。
同じく2006年2月からブログを始めた私はkazuouさんの事を
師匠兄さんと思っております。
↑勝手に私が年下だと思ってますが、実は私の方がかなり年上だったりして(笑)。

私もかなり積読本がたまってますが、kazuouさんの積読本の方が
面白そうに思えるのは気のせいかしら・・・。
途中まで読んでる本があるとのことですが、時間が経って続きを読み始めると
それまでの話が思い出せないってことはないですか?
私は途中で読むのを中断し時間が経つと完璧に忘れてしまうので
もう一度最初から読むハメになります(苦笑)。
【2009/02/12 21:42】 URL | TKAT #mQop/nM. [ 編集]

>TKATさん
TKATさん、ありがとうございます。そういえば、TKATさんとは、ブログを始めた時期も同じぐらいなんですよね。
これからも、長らくおつきあいいただけると嬉しいです。

はじめの方だけ読んで、何年も積読っていうパターンは、じつはけっこうあるんですよね。もちろん内容は覚えてないです(笑)。いずれ読むかどうかの判断の基準として、ちょこっと読んでみて、わりと面白かったら安心、という感じで読んでます。
【2009/02/12 22:11】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/353-155e53bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する