年末の積読本
ノルンの永い夢 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) イギリス式結婚狂騒曲―駆け落ちは馬車に乗って (中公新書) 動物裁判―西欧中世・正義のコスモス (講談社現代新書) これが密室だ! 瑠奈子のキッチン

 年末の大掃除ということで、部屋の片づけをしています。僕の場合、部屋のそこかしこに本が積んであるので、掃除イコール本の整理になってしまうんですが(笑)。
 積んである本をどけてみると、こんな本買ったんだっけ?と、すっかり忘れていた本も出てきます。復刊されて買ったばかりのC・A・スミス『イルーニュの巨人』の元版が出てきたりとか(てっきり持ってないと思ってました。読んだ覚えはあるんですが。)。
 そんなわけで、恒例(というわけでもありませんが)の積読・未読本から、いくつかご紹介。

 テリー・ビッスン『世界の果てまで何マイル』(ハヤカワ文庫)
 短編集『ふたりジャネット』で話題を呼んだビッスンの長編作品。マジック・リアリズムによるロード・ノヴェル風作品であるとのこと。

 ロザリンド・アッシュ『蛾』(サンリオSF文庫)
 一部では評価の高い、カルト的幻想小説。僕も某ブックガイドでその存在を知り、入手に至ったのですが、いまだに未読です。

 平谷美樹『ノルンの永い夢』(早川書房)
 これは比較的新しい作品ですね。タイムトラベルとナチスをからめたSF小説です。

 サミュエル・ R・ディレーニ『時は準宝石の螺旋のように』(サンリオSF文庫)
 ニューウェーヴ派とみなされることの多いディレーニの短編集。雑誌に訳載されたものもあるので、一部は既読です。

 岩田託子『イギリス式結婚狂騒曲―駆け落ちは馬車に乗って』(中公新書)
 これはテーマが魅力的だったので買いました。イギリスの「駆け落ち婚」についての歴史を描いた本。文学作品への言及も多めのようです。

 池上俊一『動物裁判』(講談社現代新書)
 「法廷に立つブタ、破門されるミミズ、モグラの安全通行権、ネズミに退去命令…。13世紀から18世紀にかけてヨーロッパに広くみられた動物裁判」について書かれた本。これもテーマに惹かれた本ですね。

 ポール・ギャリコ『愛のサーカス』(早川書房)
 置き去りにされるサーカスの動物と人間たちの物語。ギャリコの作品は見つけたら、無条件で入手することにしています。
 
 松尾由美『瑠奈子のキッチン』(講談社)
 SFやファンタジー要素を含んだ「普通小説」というか、ジャンル分け不可能なところが、松尾由美作品の魅力。平凡な主婦がディスポーザーをきっかけに、陰謀に巻き込まれる…という素っ頓狂な話です。

 ロバート・エイディー『これが密室だ!』(新樹社)
 タイトル通り、密室を扱った短編ミステリを集めたアンソロジー。個人的に、ミステリでも「本格」や「謎解き」にあんまり興味がないので、後回しに。

 種村季弘『一角獣物語』(大和書房)
 一角獣について語ったエッセイ集。

 エリック・F・ラッセル『宇宙のウィリーズ』(創元SF文庫)
 ユーモアSFの巨匠(?)ラッセルによる連作短編集。ハリイ・ハリスンなんかもそうですが、このエリック・F・ラッセルも、現代では失われてしまったSFの「楽しさ」や「面白さ」を持っている作家だと思うので、再評価してほしいですね。短編集『わたしは"無"』だとか『パニック・ボタン』なんか、傑作だと思います。

 アーシュラ・K・ル・グィン『風の十二方位』(ハヤカワ文庫)
 収録作の一編『オメラスから歩み去る人々』が、傑作だという評判を聞いて買った本です。結局『オメラスから歩み去る人々』しか読んでいないのですが、たしかにこれは傑作ですね。
 
 風見潤・安田均編『ロボット貯金箱』(集英社文庫コバルトシリーズ)
 かって出ていたコバルト文庫のSFシリーズの一冊ですが、収録作がかなりマニアックで、この本でしか読めないものばかり、というところがポイントです。収録作家は、ヘンリー・カットナー、ケイト・ウィルヘルム、テリー・カー、キース・ローマー、クリフォード・D・シマック。

 『シュオブ小説全集3 架空の伝記』(南柯書局)
 博覧強記で知られるフランス19世紀の作家、マルセル・シュオブによる「伝記」を集めた本です。ただし実在した・しないにかかわらず、その「伝記」は作者の創作になるもの、というところが特色です。澁澤龍彦もこの作品が好きだったとか。

 H・R・ハガード『古代のアラン』(国書刊行会)
 ハガードの邦訳作品はほとんど読んでいて、未読はたぶんこれが最後の一冊。ハガードの2大シリーズ「アラン・クォーターメン」と「女王」の顔合わせという作品。

 というわけで、年内最後の更新になるかと思います。今年も一年お世話になりました。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
ことしもお世話になりました
このなかで読んだことがあるのは「動物裁判」だけです。
これは、とても面白いですよ。おすすめです。
そういえばジュリアン・バ^ンズの「10 1/2で書かれた世界の歴史」でもキクイムシが裁判にかけられていましたね。
日本人にはない発想だなーと思いました。

エリック・F・ラッセルというひと知りませんでした。
すごく面白そうですね。チェックしなくては。

kazuouさんのおかげで、面白そうな本をいろいろ教わっています。
ことしもありがとうございました。

【2008/12/29 21:48】 URL | タナカ #- [ 編集]

>タナカさん
こちらこそ、お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

「動物裁判」は、紹介文を読んだときに、これは面白そうだ、ということで購入しました。キリスト教は、「神の証明」なんかにも言えることだと思うんですけど、宗教的なものでも「理詰め」でいってしまうところが、すごいですよね。

エリック・F・ラッセルという作家、僕は大好きなんですけど、最近ではあんまり読まれていないみたいですね。フレドリック・ブラウンなんかに通じるような短編の上手い人ですが、もうちょっと「ウェット」というか「人情味」のある感じの作風です。
考えたら、ラッセルの本って、もしかして全部絶版かもしれません。短編だと読めるのは『証言』(河出文庫『20世紀SF2 1950年代初めの終わり』収録)ぐらいかな。ちなみにこの短編、すごい名作だと思うので、機会があったら是非。
【2008/12/29 23:18】 URL | kazuou #- [ 編集]

良いお年をお迎え下さい。
「これが密室だ!」が本格好きの私には面白かったです。
kazuouさんのお薦め本は、幅が広いので、私には奇妙すぎる時もあるのですが(笑)
→「金剛石のレンズ」などは、しっかり夫に勧めさせていただき。夫も面白そうと言ってます。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
【2008/12/30 14:41】 URL | fontanka #- [ 編集]

>fontankaさん
「短編」「アンソロジー」と名の付くものは、とりあえず買ってしまうので、「これが密室だ!」も買ってありました。同じようなテーマのサンテッスン編『密室殺人傑作選』でもそうでしたが、ふつうの「密室」よりも、ちょっとひねった作品やファンタジーがかったものの方が面白かったので、ミステリの読者としては不純なんでしょうね。でもそういう隠れ玉を探しあてるのが、アンソロジーの愉しみでもあります

「金剛石のレンズ」は、ぜひたくさんの方に読んでいただきたいですね。

今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いしますね。
【2008/12/30 15:20】 URL | kazuou #- [ 編集]

来年も良い小説と出会いますように
最近だと『天外消失<世界短篇傑作集>』や『シチリアを征服したクマ王国の物語』など、今年もおかげさまでいくつもの素敵な小説に出会うことができました。感謝です。また、映像のほうでもつぼを押さえた適切なアドバイスをいただきました。

ご紹介の“積読本”ではエリック・F・ラッセルに食指が動きます。SF熱中時代になぜか見過ごしていた名前。しちめんどうくさい理屈がなかった時代のSFが今の時代にはかえって新鮮かもしれませんね。
【2008/12/30 22:21】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

来年もよろしくお願いします
本の整理をすると、自分で買ったものにも関わらず「発見!」してしまうことが
ありますよね。

新旧をとりまぜての本の紹介今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

アッシュの『蛾』は内容もさることながら、妙なオマケで楽しめます。
ギャリコはどれも好きですが、個人的には”ほのぼのあたたか系”の方がより好きです。
平谷美樹は今春出た『ヴァンパイヤ』も読み応え十分でお薦めです。かなり重いですが。
【2008/12/31 06:34】 URL | shen #SgmGMb7Y [ 編集]

>迷跡さん
今年もお世話になりました。

エリック・F・ラッセル、SFジャンルでは、ブラウンやブラッドベリに並んで好きな作家です。長編はわりと大時代で大仰になってしまっているものもありますが、短編は今でも面白いと思います。この正月に未読の本を掘り出して読む予定なので、いずれご紹介できるかも。
【2008/12/31 09:32】 URL | kazuou #- [ 編集]

>shenさん
来年もよろしくお願いいたします。

アッシュの『蛾』、ミステリ方面で騒がれていたこともあって、ずっと気になっていました。入手したのは、わりと最近なんですけど、さっそく積読(笑)になってます。

ギャリコは、どの作品にも「ヒューマニズム」があふれていて、読後感がいいのが魅力ですね。僕は『七つの人形の恋物語』とか『ジェニィ』がお気に入りです。

平谷美樹は、いくつか短編を読んで、この人上手いなあと思ってたので、これもたまたま好きな時間テーマだということで『ノルンの永い夢』を買いました。『ヴァンパイヤ』もちょっと気になりますね。
【2008/12/31 09:37】 URL | kazuou #- [ 編集]


このなかで、通読したのはディレイニーの『時は準宝石は螺旋のように』だけです。それにしても、コバルトのSFシリーズもいろいろあるんですねー。
今年もユニークな本を数々ご紹介いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!
【2008/12/31 13:38】 URL | さあのうず #- [ 編集]

>さあのうずさん
『時は準宝石は螺旋のように』、入手には苦労したんですが、手に入ったら入ったで積読です(笑)。『プリズマティカ』も探してるんですが、こちらはさすがに全然見つかりませんね。ディレイニーは国書刊行会の『未来の文学』の刊行予定に入ったりしてるので、短編郡も復活の可能性がありそうな気もします。

コバルトのSFシリーズ、ラインナップ的に貴重なものが多いので、探してるんですが、なかなかないです。たぶん叢書中でいちばん名の知れてるのは『たんぽぽ娘』だと思いますが、これ下手すると万単位になってたりして驚きます。


今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いしますね。
【2008/12/31 20:18】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/345-cc0180fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する