8月の気になる新刊
8月4日刊 T・S・ストリブリング『カリブ諸島の手がかり』(河出文庫 予価998円)
8月6日刊 『文豪怪談傑作選 小川未明集 幽霊船』 東雅夫編(ちくま文庫 予価945円)
8月上旬予定 都筑道夫『ポケミス全解説』(フリースタイル 予価2310円)
8月中旬刊 ドナルド・A・スタンウッド『エヴァ・ライカーの記憶』(創元推理文庫 予価1470円)
8月中旬刊 パトリシア・A・マキリップ 『ホアズブレスの龍追い人』(創元推理文庫 予価1155円)
8月21日刊 広瀬正『ツィス』(集英社文庫)
8月25日刊 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやりかた』(早川書房 予価1050円)
8月25日刊 野田昌弘『スペース・オペラの読み方』(ハヤカワ文庫JA 予価840円)
8月下旬刊 D・M・ディヴァイン『ウォリス家の殺人』(創元推理文庫 予価903円)
8月下旬刊 M・ジョン・ハリスン『ライト』(国書刊行会 予価2730円)
8月刊 アレクサンドル・デュマ『メアリー・スチュアート』(作品社 予価2200円)

 本来なら、創元あたりから出そうなストリブリングの文庫化『カリブ諸島の手がかり』は河出文庫から出版。
 都筑道夫『ポケミス全解説』は、以前から予告が出たり消えたりしていましたが、今回はようやく出そうな感じですね。
 ドナルド・A・スタンウッド『エヴァ・ライカーの記憶』は、以前文春文庫から出ていたものの復刊でしょうか。
 今月に引き続いて、広瀬正『ツィス』が出ます。これ順当にすべての作品を復刊するのでしょうか。
 ティプトリー『たったひとつの冴えたやりかた』は、改訳単行本版だそうですが、何かオマケがあるなら気になりますね。
この記事に対するコメント
ポケミス全解説は何番まで?
「カリブ諸島・・・」文庫化。オマケはあるんでしょうか?
「ポケミス全解説」やっとという気持ちですが、いったい何番までの解説なんでしょうね。

銀背のSFは含まれるのかしら?
などと思ってしまいます。
創元推理文庫(翻訳もの)解説とかもだしてほしいんですけどね。
【2008/07/24 17:14】 URL | fontanka #- [ 編集]

カリブ諸島が!
文庫になるなんて!
最近の河出文庫は挙動不審で面白いですね。
スペースと予算の都合上、文庫のほうがありがたいのですが、買いかえるかどうかはうーん。
最近、「チェーホフ・ユモレスカ」が文庫になったときも、ハードカバーを買った身としては落ちこみましたよ。

【2008/07/24 20:07】 URL | タナカ #- [ 編集]

>fontankaさん
「ポケミス全解説」、これはたぶん初期のものだけだと思うんですけどね。
【2008/07/24 21:25】 URL | kazuou #- [ 編集]

>タナカさん
『カリブ諸島の手がかり』文庫化は驚きですね。最近の河出文庫は、ほんとに意欲的です。

「チェーホフ・ユモレスカ」は、文庫になるだろうなあ、と思ってました。新潮は文庫化の率が高いので。いっそのこと、このシリーズ、豪華な装釘の愛蔵版とかにしちゃえばよかったのに、と思います。
【2008/07/24 21:30】 URL | kazuou #- [ 編集]

う~ん…デュマ
デュマ、バルザック、ユゴーあたりは鹿島茂さんの影響もありつい買ってしてしまうのですが、読みかけor積読率が高いですね。それだけに読了したときの満足感は大きいものがあります。ちなみに現在「谷間の百合」が残り3分の1でストップ中。

広瀬正は旧版で持っていない5巻・6巻まで出てほしいところですが、今回は何も足さない、何も引かない、完璧な復刊なんですね。いや、ポイントが若干大きくなっているんでしょうか。
【2008/07/24 21:48】 URL | 迷跡 #8Vfzr.cc [ 編集]

>迷跡さん
鹿島茂の本を読んでると、たしかにバルザックはすごく面白そうに見えますよね。僕もつられて何冊か読もうとしましたが、ほとんど挫折です。なんか肌に合わないのかもしれません。
対してデュマは、読み出したら、たいてい最後まで読んでます。やっぱりエンターテイナーなんですよね。

どうやら広瀬正は、文庫版全集の完全な復刊のようです。未収録の短篇とかもうないんでしょうかね。
【2008/07/24 22:00】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/319-b4c71727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する