18世紀の怒れる若者  石井宏『天才の父 レオポルト・モーツァルトの青春』
レオポルト天才の父レオポルト・モーツァルトの青春
石井 宏
新潮社 2008-05

by G-Tools

 天才作曲家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。この名前を聞いたことのない人は、あまりいないのではないかと思います。それでは、彼の父親レオポルトについて知っている方は、どれだけいるでしょうか?
 息子の天才を見抜いたレオポルトは、早くから音楽の英才教育を施し、息子を神童と呼ばれる存在に育てました。父親の教育がなかったとしても、モーツァルトはのちに才能を発揮したのかもしれませんが、今日あるような評価は得られていなかったかもしれません。その意味で、レオポルトは優秀なプロデューサーであったともいえるのです。
 本書『天才の父 レオポルト・モーツァルトの青春』(石井宏 新潮社)は、そんなレオポルトの知られざる人生を語った読み物です。貴族でもなく、ただの平民出身の彼が、あそこまで息子に英才教育を施したという事実が、当時にあって、どれだけ異例のことであったのか。そしてレオポルト自身が、自身の才能と力を頼みに、封建社会の中でいかに生きたのか、ということに焦点を当てて描かれています。
 さて、タイトルでもわかるように、本書で具体的に描かれているのは、レオポルトの生誕から青春時代にわたる部分です。つまり本書では、息子のヴォルフガングは全く出てきません。著者によると、本書はモーツァルト家の歴史を描くシリーズで、本書はその第一部というわけですね。
 いくらモーツァルト好きの方でも、まったくモーツァルト自身が出てこないんなら、興味がわかないんじゃないの?と思われがちでしょうが、これがまた面白いのです! レオポルトが、人並み優れた自分の能力をうまく使って、社会でのし上がろうという過程が描かれていくのですが、当時の封建社会にあっては、財産も家柄も持たない人間がのし上がるのが、いかに難しいかが、実例を持って示されていきます。鬱屈した思いをかかえるレオポルトの等身大の人間像が浮かび上がってくるのと同時に、レオポルトがそうならざるを得なかった、当時の時代背景や人間の考え方が、リアルに描かれるのです。
 例えば、貴族の家に雇われることになったレオポルトに、仕事を斡旋してくれた人物がかける言葉を見てみましょう。

 貴族の家には、不合理な生活、不合理なしきたり、不合理な存在がうようよしている。それをちょっと整理したり改善したりするだけで、事態はずっと良くなる。それは、君が一歩その社会に入ればすぐわかることだし、だれの眼にもすぐわかることだ。そういう、眼につくムダ、浪費の山を改革しようなどとは決して思ってはいけない。なぜかといえば、一見ムダや浪費、不合理に見えるものの蔭には、だれかの利益があるからだ。

 貴族社会の後進性、腐敗した生活がよくわかります。実際レオポルトは、この貴族たちの社会で苦しめられることになるのです。そして彼は、貴族たちだけでなく、自分の同僚や部下にもまた悩まされます。

 つまり、要するに……こんなこと言いたかないけど、正直言って、何をやっててもおんなじだということよ。だれも音楽なんか、まともに聴いてるやつはいねえのさ。集まってくる客たちは飲んで食って、しゃべって笑って、がやがやわいわいやってるだけなのよ。

 これは、レオポルトが楽士長として勤めることになった家の、部下の楽士の言葉です。宴席で演奏する楽士たちの音楽は、貴族たちにとっては、ただのBGMでしかない、という事実を表しています。
 こんな感じで、社会の無理解・硬直性に対して、一生懸命立ち向かうレオポルトの姿が描かれていきます。しかし彼のふんばりに対して与えられるのは、せいぜいが二流の楽士の肩書き。そんな折りに訪れたのは、ある娘との結婚の話でした。
 妻とのおだやかな生活の中で、レオポルトにも変化が現れていきます。そして待望の息子ヴォルフガングが誕生するとことで、本書の幕は閉じられるのです。
 上にも述べましたが、結局、モーツァルト自身が登場するのは、最後の数ページ。しかも生まれたばかりの赤ん坊としてです。その意味で本書は、完全に父親レオポルトの物語となっています。
 著者は、上昇志向の強い青年レオポルトを、スタンダールの生み出したキャラクターである「ジュリアン・ソレル」になぞらえていますが、それもむべなるかな、と思わせるぐらい、彼らの人生には共通点があります。その意味で、18世紀を舞台とした「怒れる若者」の物語ともいえるのではないでしょうか。
 モーツァルトの父親レオポルトを中心としたというだけでも、意欲的な作品なのですが、彼を「天才の父親」としておとしめるのではなく、かといって「偉大な父親」と礼賛するわけでもない。あくまで、18世紀という時代のなかで生き抜いた一個の人間として描かれている、という点でじつに見事な作品となっています。作曲家モーツァルトについて書かれた本というよりは、18世紀を舞台とした歴史小説、という捉え方で読んだ方が、より楽しめる作品かもしれません。
この記事に対するコメント

どうしてもモーツァルト父というと「アマデウス」の「お父さん」を連想してしまいます。
実際に息子の方があの馬鹿笑いキャラだったかは別としてなんですが、あの父親の教育が、彼の性格を決定したのでは?と思っています。

厳しく育てすぎた(?)んで、結婚は親に逆らったとか。
私の周囲に、勉強熱心な母親のために、TV時間を制限されたために、結果としてTVアニメが大好きとなった友人がいます。
もちろん素質はあったんでしょうけど、「反動」もかなりあったような。

しかし、なんか大河ドラマのような本ですね。
【2008/06/30 20:41】 URL | fontanka #- [ 編集]

面白いですよ
いやあ、この本かなり面白かったです。
秀才とはいえ、息子に比べたら「凡人」の父親なんですが、一人の人間として、とても面白い人物として描かれてます。
音楽にあまり興味がなくても、ひとつの「物語」として、充分魅力的なんじゃないかなと思います。

「アマデウス」のモーツァルト像はかなり極端だとは思いますが、実際はあれに近い感じではあったようですね。それに対して父親は苦労人だけに、人生に対する態度が「真剣」です。「反動」という面もあったんでしょうが、息子と父親、どちらもそれぞれ魅力的な人物だと思います。
【2008/06/30 21:25】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/312-4ea6ebfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する