あっと驚く話  佐々木淳子『Who フー』
フーWho―超幻想SF傑作集 (ベルコミックス)
佐々木 淳子
東京三世社 1993-04

by G-Tools

 SFの魅力は「センス・オブ・ワンダー」にあると言われます。「センス・オブ・ワンダー」とは、日常では味わえない目眩のするような感覚、当たり前だと信じて疑わなかった価値感に衝撃を与えてくれるもの、とでも言ったらいいでしょうか。この言葉の定義は、人によっていろいろあるでしょうが、身も蓋もない言い方をしてしまうなら「あっと驚く話」といってみてもいいかと思います。
 そして漫画作品において、この「あっと驚く話」の描き手といえば、まず、佐々木淳子の名を挙げなくてはなりません。彼女の作品には、大胆なSF的アイディアが溢れています。その読後感は、まさに「センス・オブ・ワンダー」としか呼びようがありません。
 そんな佐々木淳子の魅力が凝縮されているのが、初期短篇を集めた作品集『Who フー 超幻想SF傑作集』(佐々木淳子 東京三世社 マイ・コミックス)です。今回はこの中から紹介しましょう。

 『赤い壁』 夢の世界に迷い込み、もとに戻れなくなった少女。彼女は、謎の少年の力を借り、夢の世界から逃げ出そうとしますが…。
 少女は、いつの間にか他人の夢の中へと紛れ込んでしまいます。恋する青年、病気の幼児、ひとびとの夢の中はすべてつながっているのです…。のちの代表作『ダークグリーン』につながるようなテーマを内包した作品です。

 『のこされたこころ』 遺書を残し、崖から飛び下りをはかった少女みさこ。しかし死の間際になって、生への執着がよみがえります。ふと気が付くと、みさこは男の赤ん坊、道人として生まれ変わっていました。前世の知識を残す道人は、その知識を活用し、天才児として世を騒がします。テレビでも取り上げられた道人を見た、みさこの母親は、彼は娘の生まれ変わりに違いないと確信し、彼のもとを訪れますが…。
 生まれ変わった少女の運命とは…? 前世の死をトレースするかのような、結末の衝撃度は強烈。ホラーとしても読める異色短篇です。

 『メッセージ』 近未来、博物館で、過去の生活展示品を見学していたサミオは、ある品を見て目眩を感じます。これは自分の使っていたものだ…。そして、不治の病のため、冷凍睡眠で眠っていた女性メグミ・イワクラを見たとたん、彼の前世はメグミ・イワクラであると確信します。発展した治療技術のため、冷凍睡眠から目覚めさせられたメグミは世間の耳目を集めます。しかしメグミが目覚めているときには、サミオは眠りに入ってしまうのです。これは一つの魂を二人で使っているせいに違いない。彼女はサミオにメッセージを送ります。そこには「どちらかが消えなければならない」と書かれていました…。
 冷凍睡眠で目覚めた女性が、自分の前世の姿だったという、なんとも興味深い設定です。魂は常時一人分しかないため、二人の間で争いが起きる、と思いきや、意表をついた結末もなかなかのものです。

 『ミューンのいる部屋』 二人暮しの母親から構ってもらえず、空想上の友達と遊ぶことを覚えた少年フィル。彼の作った女の子ミューンは、日に日に存在感を増していきます。やがて、母親の実家に預けられることになったフィルは、伯母のアナイジーとの生活の中で、充実感を得るようになり、それに伴いミューンは姿を消します。しかしアナイジーとボーイフレンドとの関係に嫉妬したフィルは、再び内にこもるようになります。やがて彼の幻を作る能力は暴走しはじめますが…。
 いったんは幸せを得たかに思えた少年が裏切られたとき、空想は彼の手を離れていきます。空想が現実化するというファンタジーですが、後半の展開は、非常にブラック。最後の一ページの衝撃度は、半端ではありません。オーガスト・ダーレス『淋しい場所』やジェローム・ビクスビイ『きょうも上天気』を想起させる作品。

 『母はやさしく』 ある日落ちていた時計を拾ったことから、泥棒扱いをされてしまった佳澄。たびたび盗難事件が起こり、彼女は孤立していきます。それらが、クラスメートの宇田川の策略であったことを知った佳澄は、ふとしたはずみで彼を死なせてしまいます。彼女は、すべてを許してくれる「母」に相談しますが…。
 どこか夢の中にでもいるような、ぼんやりとした佳澄の行動に、違和感を抱きつつ読み進めると、驚くべき展開に。すべて笑って許してくれる「母親」の秘密とは…? 得体の知れない「母親」の無気味さが際立つ作品。

 『WHO フー』 ある日自転車から転げ落ち、気を失った少年。目覚めると、まわりに人気が全くないことに気づきます。どこに行っても、全く人間の姿が見えないことに驚いた少年は、しかし、たった一人女性が通りかかるのを見つけて駆け寄りますが…。
 短い掌編ですが、唸らされます。フィリップ・K・ディックを思わせる作品。

 『リディアの住む時に』 山の中でドライブを楽しんでいた青年ゼブは、突然飛び出してきた少女に驚きます。ビイと名乗る少女は、なぜかゼブのことを知っていました。彼女が暮らす館を訪れたゼブは、そこで暮らす女性たちが、みな歳こそ離れているものの、そっくりの顔をしていることに気づきます。
 いちばん幼いエイダ、その次に若いビイと親しくなったゼブは、みなが概ね彼に好意を示すのに対し、ただ一人シーラだけが、敵意を示すのに怪訝な気持ちを抱きます。なぜみな、ゼブのことを知っているのかと言う問いに、シーラは彼が8年ごとにあらわれるから、と不可解な答えを返します。
 部屋で蛇に襲われたり、毒入りのお茶を飲まされそうになったゼブは、命を狙われているのではないかと考えますが…。
 ゼブはなぜ命を狙われるのか? そしてそっくり同じ顔をした女性たちの秘密とは? やがて、彼女たちの悲劇的な運命が明らかになります。結末にいたって、タイトルにもある、リディアが住む「時」の意味がわかるという仕組みは非常に技巧的です。
 入り組んだ謎と目くるめくような展開が、読者をつかんで離しません。短い作品ながら、一人の女性の全人生を暗示させるという強烈なテクニック。驚くべきアイディアと、深いテーマとが融合した、恐るべき傑作です。

 とにかくどれを読んでも、斬新なアイディアが溢れています。初期の作品だけあって、絵柄的には洗練されているとはいえないのですが、内容は、それを補ってあまりある魅力があります。かって、フレドリック・ブラウンやロバート・シェクリイの作品が与えてくれたのと同種の感動を与えてくれます。「センス・オブ・ワンダー」を味わってみたい方はぜひ。
この記事に対するコメント
ああ、佐々木淳子
佐々木さんの「那由他」「ダークグリーン」が好きでした。
彼女は本当にSFが上手いですよね~。

>大胆なSF的アイディア
私もここが好きな点です。

今は「ダークグリーン」の続編「ディープグリーン」で
活躍されている(ネット配信)そうで、うれしいです(^_^)
【2008/05/05 23:27】 URL | ユキノ #- [ 編集]

>ユキノさん
正直、佐々木淳子の作品は「絵」の魅力には乏しいんですけど、発想といいストーリーといい「お話」として強烈な魅力がありますよね。
「那由他」にせよ「ダークグリーン」にせよ、後半の世界の広がり方には、尋常じゃないスケール感が感じられます。「目眩がするような」世界観は素晴らしいです。

「ディープグリーン」一巻が発売されたばかりなので、さっそく読んでみました。今のところ、あまり話に進展が見られないんですけど、それはこの人のいつものパターンなので、続きに期待しています。
【2008/05/05 23:59】 URL | kazuou #- [ 編集]

やったねディープグリーン連載
太字の文ダークグリーンの続きに現在また逢えるなんて、涙が出ました。講談社のウェブサイト・ミチャオに連載とのことで、あまりやらなかったネットにも取り組みはじめました。ずんこ先生と同じく、苦手だけど。5月には、ミチャオの配信終了?連載はどうなるの?なんていう情報・不安もあったようですし、佐々木淳子先生の構想しているとおり、「ディープグリーン」から始まる三部作が、すべて継続できるように、「続けてくださーい!!!」と応援の声を送っていこうと思います。
【2009/08/19 14:23】 URL | まっほう #- [ 編集]

やば
太字の文、は、お読みの方各自の御心の中で、消去してくだされたし。
【2009/08/19 14:28】 URL | まっほう #- [ 編集]

>まっほうさん
『ディープグリーン』は発表媒体が不安定なので、先行き不安ですが、ファンとしてはゆっくり見守っていきたいと思います。
【2009/08/22 10:15】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/303-1cc4cb10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する