無限公園  武宮閣之『魔の四角形』
魔の四角形魔の四角形―見知らぬ町へ
武宮 閣之 こぐれ けんじろう
文溪堂 1991-10

by G-Tools

 1990年代のはじめごろ、僕はときおり『ミステリマガジン』誌に掲載される、ある作家の短篇を楽しみにしていました。主に「月」をテーマにした、ふしぎなファンタジーを書く作家で、ある種、稲垣足穂に似た感性を感じさせました。雰囲気の描写が独特で、神秘的な味わいのある作品が多かったように思います。
 『月光見返り美人』『月光眼球天体説』『月の繭』『緑砂花園』。タイトルを挙げてみれば、その雰囲気が何となくわかるのではないでしょうか。どれも魅力的な作品でしたが、とくに印象に残っているのは『月光眼球天体説』ですね。これは何と「二人称」で書かれた作品で、それだけでも驚きでしたが、物語自体も何ともいえない魅力に満ちていました。
 さて、結局この作家、武宮閣之の作品は、『ミステリマガジン』誌に5~6編掲載されたきりでした。その後、作品を発表し続けているという話も聞かず、現在に至るわけですが、最近、彼の唯一の著書を手に入れる機会があり、さっそく一読してみました。
 その著書『魔の四角形 見知らぬ町へ』(武宮閣之作 こぐれけんじろう画 文渓堂)は、いわゆる児童文学に属する作品なのですが、著者独特の神秘的な町の描写には、やはり魅力がありました。今回は、この作品を紹介してみたいと思います。
 主人公タツオの住む町には、《魔の四角形》と呼ばれる場所がありました。そこは、小さな家や入り組んだ道が密集している地域で、入り込んだらすぐに迷子になってしまうことで知られていました。四方を、運河や鉄道の線路で区切られた長方形の形から、そこは《四角形》と呼ばれていたのです。
 タツオは、たびたび《魔の四角形》を探険してまわっていましたが、ある日、親友のヒロシを探検に誘います。しかし、どんより曇ったその日、二人は《魔の四角形》の中で、迷子になってしまいます。ふだんなら、寂しげだとはいえ、かすかに人の気配がするのに、今日ばかりは、まったく人気がないのです。
 不安に思いながらも、道を進む二人の前に、見たことのない公園が現れます。全体の形の連想から、そこを《ひょうたん公園》と名付けた二人は、公園で遊び始めます。
 しかし、すぐに公園内にある遊具はどれも、ふしぎな性質を持っていることに、二人は気づきます。上からすべろうとしても絶対にすべれず、逆に上がってしまうという《さかさますべり台》、つかんだ本人ではなく世界全体が回転してしまうという鉄棒。
 そしてジャングルジムで遊びはじめた二人は、さらに驚かされることになります。なんと、ジムの特定の部分に入ると、入った人間が透明になってしまうのです。

 この《重空間ジャングルジム》の内部には、姿が消える、つまりそこから空間が二重になる窓口が、最低五つはあった。どれもうっすらと膜状になっていて、気をつけていないと見過ごしてしまう。ほとんど透明だが、すこしばかり色がついている。色はたいてい青系統で、角度によっては紫に見えることも緑色に見える事もある。真正面から見ると、そこに膜があることにほとんど気づかない。

 《ジャングルジム》の透明になる「膜」を探していた二人は、今までとはちがった色をした「膜」を見つけます。そこをくぐり抜けた先には、なんと階段があったのです。階段の下にあるものは別世界なのだろうか? 二人は不安に思いながらも、好奇心を抑えきれず、階段を降りていきますが…。
 タツオとヒロシが階段の下に見つけたものとは? そして二人は《魔の四角形》から出ることができるのでしょうか…?
 ふしぎな公園に迷い込んだ、二人の少年の冒険を描いた物語、なのですが、ストーリー上の起伏はあまりありません。劇的な事件が起こるわけではないのですが、飽きずに読み進めることができます。
 というのも、この著者、雰囲気の醸成がひじょうに上手いのです。無人の町並み、静まり返った公園、透明感のあふれる世界観には、とても魅力があります。
 そして、この作品のいちばんの読みどころは、やはり公園での探索行でしょう。ふしぎな性質を持った遊具の謎を、ひとつひとつ探っていく過程には、ハラハラドキドキするような原初的な面白さがあふれています。
 この手の児童文学では、「別世界」の謎は合理的に解決され、主人公は成長を遂げる…というのが一般的な展開なのですが、この作品では「別世界」である《魔の四角形》や《ひょうたん公園》の謎は、まったくといっていいほど説明されません。最後まで謎は謎のままであり、「別世界」にたどり着く条件さえ、結局わからないのです。
 そのため、物語の起承転結もはっきりせず、結末においても、どこか消化不良の感があるのは確かなのですが、それもまた、この物語には合っているのかもしれません。
 「迷路」や「迷宮」が好きな方なら、読んで損のない作品でしょう。

 武宮閣之の短篇についても、いずれ折りを見て紹介したいと思います。
この記事に対するコメント
気になります
こういうタイトルを見ると、日本語が母国語でよかったと思います。
ストーリー以上に、街の描かれ方や雰囲気にひかれるので、
このエントリを読むだけで、わくわくしてきました。

引用文を読むかぎり、とくに児童文学を意識してはいない印象をうけますね。
知らない作家が多くて、しんどいですが、楽しみでもあります。
これからも、不思議な作家の紹介、よろしくおねがいします。
【2008/04/08 00:16】 URL | kenn #NV6rn1uo [ 編集]

>kennさん
kennさん、ありがとうございます。

この武宮閣之という作家、長編一作と短篇数編しか発表していないんですけど、かなり実力のある人だと思います。とくに短篇はひじょうに幻想的で素晴らしいので、ぜひ短編集をまとめてほしいです。
著作は少なくても、こういう作家を見つけると、本を読んでいてよかったなあ、と思えますね。
この『魔の四角形』も、あらすじ自体はそう派手ではないんですけど、迷宮のような街の雰囲気だけでも、充分素晴らしい出来だと思います。機会があったら是非。
【2008/04/08 19:31】 URL | kazuou #- [ 編集]

地図にない町
こんばんは。 
図書館で借りて読みました。雰囲気ありますねえ。
朦朧法と言っていいんでしょうか、この作品は。

「月光眼球天体説」が読めないのが残念です。
どこかのアンソロジーにさえ、採られていないのでしょうか。
【2008/05/16 21:53】 URL | タツナミソウ #- [ 編集]

>タツナミソウさん
図書館にありましたか!
いやあ、これは本当にいい作品だと思います。タッチは児童文学だけれども、著者の描きたい世界が上手く出ていて、良質の作品になってますよね。謎をたくさん残して終わるところも、また余韻があっていい感じです。

この長編もなかなかなんですけど、やっぱりこの人の本領は短篇にあると思います。どれも傑作なんですけど『月光眼球天体説』は飛び抜けて素晴らしいです。
たぶん、武宮閣之の短篇は、アンソロジーに採られたことはまだないと思います。これだけの質の作品を描く作家なんだから、アンソロジーどころか、短編集をまとめてもいいと思うんですけどね。
このブログでも、折りを見て、短篇をいくつか紹介していきたいと思っています。
【2008/05/16 22:09】 URL | kazuou #- [ 編集]


読みました。

条件があってなぃから入れないのですね。
【2011/05/14 21:40】 URL | つっきぃ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/299-747d487f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する