目で見る幻想文学  フランツ・ロッテンシュタイナー『ファンタジー(幻想文学館)』
ファンタジー

 私見では、ミステリやSFに比べて、いわゆる「幻想文学」に関する入門書・ガイドブックは、日本では少ないように思います。狭義のホラーやファンタジーに絞れば、例えば荒俣宏『ホラー小説講義』(角川書店)、尾之上浩二編『ホラー・ガイドブック』(角川ホラー文庫)、石堂藍『ファンタジー・ブックガイド』(国書刊行会)、小谷真理『ファンタジーの冒険』(ちくま新書)などの名前が挙がってきますが、広い意味での「幻想文学」の入門書となると、なかなか見当たりません。強いてあげるなら、「幻想文学」編集部編『幻想文学1500ブックガイド』(国書刊行会)などがそれに当たるのでしょうが、名著であるのは確かだとしても、入門書というのとは、ちょっと異なる感じです。
 その点、フランツ・ロッテンシュタイナーの『ファンタジー(幻想文学館)』(創林社)は、世界の「幻想文学」を要領よくまとめた本で、類書のなかでもバランスのとれた良書だといえます。
 フランツ・ロッテンシュタイナーは、オーストリアの文学研究者にしてアンソロジスト。日本でも、彼の編纂になるSFアンソロジー『異邦からの眺め』(深見弾訳 ハヤカワ文庫SF)などが翻訳されています。
 『ファンタジー(幻想文学館)』のいちばんの特徴は、とにかくヴィジュアル面が充実しているところでしょう。作家の顔写真や肖像画をはじめ、作品の挿絵や書影など、このジャンルのファンなら、見ていて楽しくなるような魅力に溢れています。珍しいところでは、ポーランド版M・R・ジェイムズ作品集の挿絵などが掲載されています。ちなみに、上にのせた書影は、デ・ラ・メア作品集の表紙のイラストだそうです。
 さて、内容の方はというと、定番ともいえるゴシック小説から筆を起こしています。ホレス・ウォルポール、ウィリアム・ベックフォード、メアリ・シェリーあたりはお馴染みの面々ですが、続いて、アメリカのチャールズ・ブロックデン・ブラウン、ホーソーン、フィッツ=ジェイムズ・オブライエンにまでふれているところは、なかなか目先が行き届いていますね。
 続いての章では、「幻想文学」の三大巨匠として、E・T・A・ホフマン、エドガー・アラン・ポオ、ゴーゴリを取り上げています。ホフマン、ポオはともかく、ゴーゴリを持ち上げているところが特色です。
 「吸血鬼」や「狼男」などの、「幻想文学」の主なテーマに簡単に言及した後は、英国の幽霊小説、ビアス、ラヴクラフトを経て、秘境冒険小説、ヒロイック・ファンタジー、トールキンなど、「幻想文学」の主なジャンルを一通り見て回っています。
 そして後半での読みどころは、世界各国の「幻想文学」事情。この手の類書では、全体に英米偏重的な要素が強いのですが、著者がオーストリア人だけに、ヨーロッパの各国についても上手くまとめています。フランスはともかく、ラテンアメリカ、ドイツ、オーストリア、ベルギー、ポーランドあたりについては、他によい情報源となる本が少ないために、ひじょうに参考になります。ちなみにベルギーのパートは、ジャン・レーとトーマス・オーウェン、ポーランドのパートはグラビンスキで代表させている風もあり、そんなに細かくはないところが残念ではあるのですが。
 もちろん日本のパートもあって、ここではラフカディオ・ハーン、芥川龍之介、江戸川乱歩、安部公房などが紹介されています。
 基本的に本書は、代表的な作家や作品のあらすじの紹介が主です。深い解釈に踏み込んだり、斬新な論が展開されるわけでもないのですが、これだけ広い国や作家をカバーした入門書は、知る限り、これ以外にありません。原著が1978年刊行なので、当然、それ以降の新しい情報には欠けるのですが、今読んでも良質なガイドブックなので、ぜひ復刊してもらいたいですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
ガイドブック
ファンタジーのガイドブックというのは、むつかしいですよね。
まず定義がむつかしいですし、その定義によっては範囲があまりにも広大になってしまうし。
知識がある紹介者は、高飛車なものいいになってしまうこともしばしばですし。

個人的にはリン・カーターの「ファンタジーの歴史」が好きです。
この本は対象をハイ・ファンタジー、「創造された環境をもつもの」に限定しているんですよね。
そうなると、ハイ・ファンタジーの創始者はウィリアム・モリスだ、と。
その後も、ハイ・ファンタジーだけを相手にすればいい。
エブリデイ・マジック物なんかはいっさい無視。
これは、うまいこと考えたなあと、読んだとき思いました。

そのうち、新書館あたりからガイドブックが出版されるとうれしいですね。

【2008/04/08 02:35】 URL | タナカ #- [ 編集]

>タナカさん
僕は無類のブックガイド好きなので、この手の本を見つけると、すぐ購入してしまうんですけど、なかでもロッテンシュタイナーの『ファンタジー(幻想文学館)』はお気に入りの本です。

リン・カーターの「ファンタジーの歴史」もいい本ですね。でも芯が通った編集方針だと、定義からずれるものが弾かれてしまったりすることもあるので、個人的には「ごった煮」的なガイドの方が好きなんです。

先頃出たSFのガイドといい、新書館は、意外といいガイドを出してますよね。ミステリもSFも既に出てるので、ホラーかファンタジーのガイドも出してほしいところです。
【2008/04/08 19:37】 URL | kazuou #- [ 編集]

ブックガイド好き
kazuouさん、はじめまして。
タツナミソウと申します。

膨大な読書群に目眩が。いつも参考にさせてもらっています。
“奇妙”というキーワードには私も強く惹かれます。

私もブックガイド好きです。
『ファンタジー(幻想文学館)』も、さっそく図書館で借りて読みました。
ほんとに挿し絵や書影がたくさん載っていて、見ていて楽しいですね。
【2008/04/14 15:21】 URL | タツナミソウ #- [ 編集]

>タツナミソウさん
タツナミソウさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

ブックガイドはいいですよね。紹介されている本を実際に読むかどうかは別として、視野を広げてくれる感じがします。今まで関心のなかった本に興味が向いたりとかすることもありますし。

『ファンタジー(幻想文学館)』も御覧になったんですね。これ、あとがきによれば、日本人向けじゃないところを少しカットしているとか。ほんとうにいいガイドなので、完全版を出してほしいところですね。
【2008/04/14 21:41】 URL | kazuou #- [ 編集]

補足的なこと
初めてお邪魔します。

ロッテンシュタイナーの

The Fantsy Book (subtitle:An Illustrated History From Dracula to Tolkein)

の原書、イギリスのThames and Hudson Ltdからの1978年版と翻訳書を比べると
「日本人向けじゃないところを少しカットしている」部分は、

怪奇出版社:アーカムハウスその他(p78~79)
クトゥルー神話(p80~81)
雑誌:ウィアードテールズその他(p82~85)"

の8ページですね。訳者は本書p198のあとがきで

怪奇幻想小説専門の雑誌の紹介など、日本の一般読者の興味をひかぬような部分は割愛した
(送信しようとしたところ「※英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました」と拒否されたので、一部邦語にしました)
と書いていますが、おそらく出版社サイドの要請だったのでしょうね。残念なところです。
【2008/06/10 13:36】 URL | neverness #- [ 編集]

>nevernessさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

割愛された部分が何だったのか疑問だったのですが、そうですか、そんな内容だったんですね。「アーカムハウス」とか「ウィアード・テイルズ」の項目だったら、ちゃんと紹介してほしかったです(割愛するほどマニアックだとも思えないんですが)。
わざわざ、ご指摘ありがとうございます。
【2008/06/10 19:58】 URL | kazuou #- [ 編集]


初めまして。高校生の時にこの本とフェミメナ現象博物館を買いました。今でも大事に取っていて時折読んでいます。最初にこの本を見たときの衝撃が今もよみがえってきます。買ってて良かった~。
【2010/08/09 12:55】 URL | ほりりん #- [ 編集]

>ほりりんさん
ほりりんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
他にも『ファンタジー(幻想文学館)』お好きな方がいて嬉しいです。
表紙こそどぎついですけど、すごく楽しいガイドブックですよね。ぜひ何らかのかたちで、復刊してもらいたいです。
【2010/08/09 22:14】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/298-5b571e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する