2月の気になる新刊
2月6日刊 北村薫・宮部みゆき編『名短篇、さらにあり』(ちくま文庫 予価819円)
2月7日刊 ロバート・ルイス・スティーヴンスン『宝島』(光文社古典新訳文庫)
2月7日刊 式貴士『カンタン刑 式貴士怪奇小説コレクション』(光文社文庫)
2月7日刊 稲垣足穂『足穂拾遺物語』(青土社 予価3990円)
2月上旬刊 綾辻行人『深泥丘奇談』(メディアファクトリー 予価1575円)
2月中旬刊 パーシヴァル・ワイルド『検死審問 インクエスト』(創元推理文庫 予価882円)
2月中旬刊 エリザベス・ボウエン『エヴァ・トラウト』(国書刊行会 予価2625円)
2月20日刊 ジョン・スラデック『蒸気駆動の少年』〈奇想コレクション〉 (河出書房新社 予価1995円)
2月25日刊 A・M・ウィリアムスン『灰色の女』(論創社 予価2940円)
2月25日刊 ジョン・ブラックバーン『刈りたての干草の香り』(論創社 予価2100円)
2月予定   パトリック・クェンティン『グリンドルの悪夢』(原書房)

 2月は要注目本が目白押しですね。
 『名短篇、さらにあり』は、1月刊行の『名短篇、ここにあり』の続編アンソロジー。『名短篇、ここにあり』は、全編日本作家の作品だったんですが、ジャンル小説ではなく、一般文学からミステリ的な要素を持った作品を抜き出した、という感じのアンソロジーでした。ふだん海外作品ばかり読んでいる身としては、なかなか新鮮な味わいではありました。
 光文社古典新訳文庫からは『宝島』の新訳が登場です。これはこれで期待大なのですが、スティーヴンソンは入手難の作品がまだまだあるので、他の作品を出してほしかった気もします。
 光文社文庫からは、もはや伝説の作家(といっていい)式貴士の短編集が刊行。初収録の作品もいくつか含まれているようで、式貴士の著作を揃えている人でも買う価値はあり。安っぽさとグロテスクさとロマンシチズムの同居する作風は、はまる人ははまると思います。これを機会にファンが増えるといいですね。
 昔、創元から出ていた、パーシヴァル・ワイルド『検死審問 インクエスト』も待望の新訳。ワイルドの作品は、基本がユーモア小説っぽいので、これも楽しめると思います。
 〈奇想コレクション〉からは、スラデックの短編集。以前サンリオSF文庫から短編集が出ていましたが、今回の作品集は「決定版ベスト」だそうで、楽しみです。
 (論創ミステリ)来月刊行の2冊はどちらもマニアックです。ブラックバーンは以前にも1冊出ていますが、注目しているのはA・M・ウィリアムスン『灰色の女』です。この作品、なんと江戸川乱歩『幽霊塔』の原作となった作品だそうです(正確には乱歩作品の原作の黒岩涙香翻案作品の原作ですが)。乱歩作品ほどエログロじゃないんだとは思いますが、今さらながら日本語で読めるようになることを慶賀したいです。
この記事に対するコメント
おや? ブラックバーン
確か創元推理文庫の『小人たちが怖いので』の作者でしたね。
SF一筋だった中学時代、他ジャンルでしたが読んでみてけっこう怖かったのを覚えています。
『深泥丘奇談』は怪談専門誌”幽”連載で読んでいましたが、この作者、お好みなんですね。
【2008/01/27 23:45】 URL | 迷跡 #8Vfzr.cc [ 編集]

好きですね
ブラックバーンって、今で言う「モダンホラー」的な作風で、かなりエンタテインメントしているところが好きです。もっとも純粋なホラーとして見ると、ちょっと物足りないところもあるんですけど。
『小人たちが怖いので』は、ホラー部分が濃厚だし、怪奇小説としても一級品ですね。

『深泥丘奇談』は、どんな話なのか全然知らないんですけどね。綾辻行人の長編は全然肌に合わなかったんですが、短編集、しかもホラー系の『眼球綺譚』は、すごく面白かったので、ああいう感じなら読んでみたいなあ、と思ってます。
【2008/01/28 19:48】 URL | kazuou #- [ 編集]


七生子です、こんにちは。
2月の文庫新刊に、式貴士の名前を見つけて小躍りしました。
てっきり「ふしぎ文学館」からの文庫落ちかと思っていたんですが、
単行本初収録の作品も収録されるんですか。
7日の発売が楽しみです。
【2008/01/29 21:29】 URL | 七生子 #EBUSheBA [ 編集]

式貴士復活
突然の刊行で、僕も驚きました。
たしか、ふしぎ文学館の短篇集以外、式貴士の本って全滅ですよね。今回の本は、式貴士のベスト集+初収録作品、といった形になるみたいです。
式貴士の作品って、とんでもなくB級アイディアなのに、ロマンチックだったりして、ふしぎな味わいですよね。
続刊が出ることを祈りたいです。
【2008/01/29 21:53】 URL | kazuou #- [ 編集]


式貴士は古本屋で角川文庫のを買って読みました。
初収録の作品が収められるというならば買います!
できれば長いあとがきも収録してくれたらいいのですが。
【2008/02/09 22:55】 URL | イーゲル #- [ 編集]

>イーゲルさん
式貴士の短編集、今週末に出たので早速入手しました。
単行本未収録作品が3編、未文庫化作品も2編含まれているようなので、かなりお買得な本だと思います。残念ながら「長いあとがき」はなかったです。
これを機に、他の作品集も出してもらえると、嬉しいんですけどね。
【2008/02/09 23:05】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/286-c2c8f207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する