9月の気になる新刊
9月4日刊  ロラン・トポール『幻の下宿人』(河出文庫 予価819円)
9月6日刊  R・L・スティーヴンスン『新アラビア夜話』(光文社古典新訳文庫)
9月6日刊  ミステリー文学資料館編『江戸川乱歩と13の宝石2』(光文社文庫)
9月7日刊  COCO『今日の早川さん』(早川書房 予価1050円)
9月7日刊  高原英理『ゴシックスピリット』(朝日新聞社 予価1890円)
9月12日刊 タニス・リー『悪魔の薔薇』〈奇想コレクション〉 (河出書房新社 予価1995円)
9月12日刊 ジャック・リッチー『ダイアルAを回せ』〈KAWADE MYSTERY〉(河出書房新社 予価2100円)
9月中旬刊 中村融編『千の脚を持つ男』(創元推理文庫)
9月中旬刊 須永朝彦『日本幻想文学史』(平凡社ライブラリー 予価1470円)
9月下旬刊 D・M・ディヴァイン『悪魔はすぐそこに』(創元推理文庫)
9月下旬刊 リチャード・マシスン『フュリー・オン・サンデー』(扶桑社ミステリ)
9月刊   P・G・ウッドハウス『ブランディングズ城の夏の稲妻』(国書刊行会 予価2200円)

東京創元社2007年復刊フェアより
G・K・チェスタトン『詩人と狂人たち』
ロバート・シェクリー『残酷な方程式』
W・H・ホジスン『夜の声』
J・G・バラード『溺れた巨人』
フレドリック・ブラウン『宇宙をぼくの手の上に』

 9月は気になる書目がたくさんありますね。まずトポール『幻の下宿人』は、かって早川書房の〈ブラック・ユーモア選集〉に収められていたもの。かなりブラックな味わいのユーモア小説です。主人公が不条理な目にあう、いたいたしい話です。
 今回の光文社古典新訳文庫からは、スティーヴンスン『新アラビア夜話』が要注目。都会を舞台にした奇談なのですが、とにかく雰囲気が素晴らしいです。アーサー・マッケンの『怪奇クラブ』に影響を与えた作品としても有名なので、怪奇小説ファンは要チェックです。
 〈奇想コレクション〉の新刊は、タニス・リー。随分意表をついたセレクションですね。ファンタジー作家の印象が強いリーなのですが、今回は異色短篇よりの作品が集められているのでしょうか。
 〈KAWADE MYSTERY〉のほうは、今やおなじみジャック・リッチーです。どの作品も安心して読める質を持っているので、これは躊躇いなく買いです。
 中村融編『千の脚を持つ男』は、「モンスター」をテーマにしたアンソロジーだそうです。SF・ホラーファンはチェックを。
 D・M・ディヴァインは、1960年代に活躍したイギリスのミステリ作家。つぶれてしまった現代教養文庫から、いくつかミステリ作品が出ていましたが、今やすべて絶版。しばらくぶりの邦訳です。この人の作品は、謎解きもさることながら、物語部分の密度が非常に濃いんですよね。心理サスペンス的な要素も強く、今でも充分読むに耐える質を持っています。
 リチャード・マシスン『フュリー・オン・サンデー』は、マシスン50年代の長編だそう。マシスンの作品の中でも、ものすごく渋いところを狙ってきた感じです。
 今年の東京創元社2007年復刊フェアからは、いくつかチェック書目がありますね。とくにシェクリー『残酷な方程式』は、久方ぶりの復活なので要注目です。
この記事に対するコメント

9月のラインナップ楽しみです。
「幻の下宿人」は早川で持っているんですよ。どうせなら他のを出してほしかったです。
続くかな。。
ディヴァインも「ミステリボックス」のは全部持っているので、とても楽しみです。

創元の復刊→どうせならもっとレアなものを出して欲しいんですけどって、我が儘でしょうか?
近年の復刊フェア、もっているものばかりが復刊される不幸に、そして、本当に復刊してほしい「びん詰めの女房」は復刊されなかったんですよ。
【2007/08/29 18:28】 URL | fontanka #- [ 編集]

復刊
できれば、持っていない本を出してほしいのは同感ですね。
創元の復刊は、何年か前に『ロシア・ソビエトSF…』とか『東欧SF…』なんかが復刊されたときには驚きましたが、だいたい毎年、そんなに目を引くラインナップじゃないのが困りものです。

トポールは、できれば短編集を出してほしかったです。河出は今月の『黒いユーモア選集』といい、もしかして、ブラック・ユーモア路線が続くのでしょうか。

『壜詰めの女房』は、いまやいちばんのレア本になってしまいましたね。じつのところ、あのアンソロジーはかなり玉石混淆なんですけど。
【2007/08/29 19:20】 URL | kazuou #- [ 編集]

国書刊行会は予定通り?
こんばんは、 kazuou さん。

やはり気になるのウッドハウスの『ブランディングズ城の夏の稲妻』です♪ウッドハウス・スペシャル第1回ということでものすごく楽しみにしてるのですが、国書刊行会のHPを見ても9月のいつ頃刊行なのか詳細は記載されてませんよね?
ウッドハウス・コレクションで順調に刊行してきた国書刊行会だから予定通り9月中に刊行してくれると信じてるのですが、なんだか不安になってきた・・・。
ホントに9月中に出るんでしょうかね~。出るなら即行買いです!
【2007/08/31 23:05】 URL | TKAT #- [ 編集]

ウッドハウス・スペシャル
国書刊行会のウッドハウスシリーズは、もう常時刊行みたいな感じになってきましたね。文芸春秋のシリーズもそうですが、ウッドハウスの名前がだいぶ認知されてきたようで、嬉しいことです。
今なら、ウッドハウス以外のユーモア小説なんか出しても売れるんじゃないかなあ、と思っているのですが。筑摩書房から昔出ていた〈世界ユーモア文学全集〉みたいな企画が出てきたら面白いでしょうね。

国書の新刊は、いつも、月末ぎりぎりなので、『ブランディングズ城の夏の稲妻』は、たぶん出ると思いますよ。
【2007/08/31 23:28】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/252-512e4cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する