文学と音楽のはざまで ホフマンによる音楽紹介
ジュゼッペ・タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲 全集 シュターミッツ:交響曲集(Stamitz: 4 Symphonies) レオ:チェロ協奏曲(全6曲) Martini: Sonatas Cello Concerti 1-3
 絵画、音楽、文学、と多方面に才能を発揮した、ドイツ・ロマン派の幻想作家、エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマン(1776-1822)。作家として名を成した彼が、いちばんなりたかったのは「音楽家」だったといいます。それだけに「挫折した音楽家」である彼の文学作品、その大部分には、音楽が何かしらのテーマやモチーフとして使われているのが特徴です。
 さて、ホフマンの生きた時代は、音楽史でいうところの「古典派」の時代。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)やルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)の活躍期と重なります。筆名の「アマデウス」がモーツァルトにあやかったと言われているように、ホフマンがモーツァルトの心酔者だったのは有名です。
 ホフマンの作品を読むと、モーツァルトを初めとして、音楽家の名前がよく出てきますが、その大部分は、一般の人には馴染みのない名前でしょう。
 しかし、クラシック界では、近年「古楽器」によるバロック・古典派の音楽家の復興が盛んになり、今まで音楽辞典でしか見たことのなかったような作曲家の作品がCDとして出され、実際に耳にすることができるようになっています。なかには「世界初録音」の作曲家であるとか、作品も珍しくなくなっているのです。
 今回はホフマンの短篇作品『クレスペル顧問官』(池内紀訳『ホフマン短篇集』岩波文庫収録)をサンプルとして、何人かの作曲家を紹介していきましょう。ちなみにこの『クレスペル顧問官』は、次のような物語です。
 語り手は、あるとき、奇人として有名な、クレスペル顧問官と知り合います。クレスペルは学識豊かな法律家であり、趣味とするヴァイオリン製作の腕にかけては、超一流との評判でした。クレスペルの家には、アントニエという非常に美しい娘がいますが、クレスペルは彼女を家から一歩も出さずに軟禁しているというのです。何年か前に突然クレスペルが連れてきたというアントニエ、彼女とクレスペルの関係がどんなものなのかは、誰も知りません。
 ふとしたことから、クレスペルの家に招かれた語り手は、彼とヴァイオリンの話で盛り上がります。美声の持ち主であるというアントニエの歌を聞いてみたいと考えた語り手が、ふとピアノで伴奏を始めると、アントニエは目を輝かせてピアノの前にとんできます。しかし、その様子を見ていたクレスペルは何故か激怒し、語り手は追い出されてしまうのですが…。
 クレスペルとアントニエとの関係とは…? 二人の人物についての謎が、読者の興味を引っ張っていきます。ユーモアも交えた魅力的な人物描写と、全体を通して流れる幻想性。そこにはもちろん音楽が重要な意味を持って現れてきます。ホフマンの名作のひとつといえるでしょう。
 それでは、作中からいくつか引用してみましょう。

 「あれね、あのヴァイオリンはですな-」といって、こんな話をした。
 「名も知れない名人の作でして、タルティーニの時代につくられたものと思いますね。…」


 ジュゼッペ・タルティーニ(1692-1770)は、18世紀前半に活躍したイタリアのヴァイオリニストにして作曲家。夢のなかで悪魔に教わったという逸話のある『悪魔のトリル』で有名です。悪魔的な技巧を持ったヴァイオリニストといえばパガニーニ(1782-1840)が有名ですが、さしずめタルティーニは18世紀版パガニーニといったところでしょうか。ヴァイオリン・ソナタやヴァイオリン協奏曲では、技巧もさることながら、優美な旋律美が特徴です。
 
  「故しゅたーみっつ氏が引退興行ノ際ニ用イタル弦ノ一部ナリ」

 これはカール・シュターミッツ(1745-1801)のことでしょうか。ドイツのマンハイム楽派の祖、ヨハン・シュターミッツの息子で、ヨーロッパ各地で演奏旅行を行い人気を博しました。モーツァルトが、書簡のなかでこの人のことを「書き殴り屋」と言っていることでも有名。しかし実際シュターミッツの曲はかなりモーツァルトに近い感じで、なかなか魅力的。優雅で落ち着いた感じのする曲が多いです。

 と言いながら、古いレオナルド・レオの名曲を弾きはじめたとたん、アントニエの頬がぱっと赤らんだ。

 レオナルド・レオ(1694-1744)は、イタリア、ナポリの作曲家。オペラ、教会音楽、器楽曲など多方面の作曲を行い、どれも高い質を保っています。「スターバト・マーテル」で知られるペルゴレージ(1710-1736)の師匠でもあります。チェロ協奏曲がよく演奏されるようですが、どの曲も「歌うような」旋律を持っています。

 アントニエは繊細な感受性によって、変わり者の父の心の底にあるやさしさを感じとっていたようだった。彼女はマルティーニ作のモテットを歌った。

 ジョヴァンニ・バッティスタ・マルティーニ(1706-1784)は、イタリアの作曲家。音楽学者としても名声を馳せ、学識豊かな音楽教師として、人望も厚かった人です。モーツァルトが指導を受けたことでも非常に有名です。

 『クレスペル顧問官』のあらすじからもわかるように、ホフマンの作品の大部分は、だいたいにおいて音楽が重要な位置を占めています。音楽に興味のない人でももちろん楽しめますが、ホフマンの言及する作曲家や曲を聞くことで、さらに楽しみを増すことができるのではないでしょうか。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

ホフマンはヨハネス・クライスラーというペンネームで音楽評論を書いていてシューマンは
それにインスピレーションを得て『クライスレリアーナ』(Kreisleriana)というホフマンが
書いた評論集の題名を引用した8曲からなる作品を書いています。
ベートーヴェンを「ロマン主義者」と讃えた”ロマン主義”も音楽に於いて使われた最初と
いわれてるようですね。
他にも『コッペリア』『くるみ割り人形』・・・自身の物語のオペラ『ホフマン物語』と、音楽家に
与えた影響ははかりしれないのでしょうね。
【2007/08/21 00:23】 URL | shen #SgmGMb7Y [ 編集]

>shenさん
ドイツ・ロマン派ほど、音楽と文学が密接に結びついていた時代も珍しいですね。
音楽と文学とが互いに影響を与え合うようになった、というのは、おそらくホフマンを嚆矢とするのではないでしょうか。これ以降、文学や物語が音楽のテーマにとりあげられる機会がぐんと増えているように思います。
ただ、それと同時に個人主義を深めていった感のあるロマン派音楽よりも、普遍性や娯楽性を重視したバロックや古典派の音楽の方が、個人的には好きなんですよね。
【2007/08/21 21:14】 URL | kazuou #- [ 編集]


はじめまして。
面白そうな本がたくさん紹介されていて
大変興味深く読ませていただきました。
”かかし”なんか読んでみたいなぁと思ったのですが、
よろしければお薦めの書BEST3のようなものがあれば
教えていただけると嬉しいです。
【2007/08/25 12:33】 URL | ひととおり #- [ 編集]

>ひととおりさん
ひととおりさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

「おすすめ」と言っても、たくさんありすぎて困ってしまいますね。どのような感じの作品がお好きなんでしょうか? ジャンルとか傾向とかがわかると、もう少し答えられると思うのですが。

とりあえず、『かかし』に興味を持たれたようなので、似たような味わいの作品から挙げさせてもらうなら、
ロバート・コーミア『フェイド』(扶桑社ミステリー文庫)
ロバート・ロスナー『虹の果てには』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
パトリック・レドモンド『霊応ゲーム』(早川書房)
あたりが、おすすめでしょうか。
【2007/08/25 20:19】 URL | kazuou #- [ 編集]


お返事ありがとうございます。
おっしゃるとおり好きなジャンルとか傾向がないと答えにくいですよね。
ジャンルは問いませんが、
傾向としては「やるせない結末」ものが好きです。
”所詮、現実はそんなに甘くありません”みたいな感じです。
(ひねくれているわけではありません・・・)

紹介していただいた本、さっそく検索させていただきましたが
いまのところ新刊ではなさそうです。
頑張って探してみます・・・

【2007/08/26 00:18】 URL | ひととおり #- [ 編集]

やるせない系?
あんまり現実離れしていなくて「ほろ苦い」感じのタイプの作品でしょうか。
上に挙げた3作は、たぶんそんな感じの物語だと思います。かなりおすすめではあるんですが、すでに全部絶版だったとは! 申し訳ないです。
それでは、たぶん新刊で購入できるものの中から、いくつか挙げさせていただきます。
まずはパトリック・クェンティンの諸作品ですね。安逸な生活を贈っていた主人公の幻想が壊される…というパターンの作品が多いです。筋の運びがどれも達者なので、エンタテインメントとしては、一級品です。
『二人の妻をもつ男 』(創元推理文庫)
『わたしの愛した悪女』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
『追跡者』(創元推理文庫)
『わが子は殺人者』(創元推理文庫)
あれ、Amazonで検索してみたら、全部品切れみたいですね。でも何かの折りに重版なんかかかると思うので、見かけたら是非。

皮肉なタッチの作家としては、フランシス・アイルズもいいですね。
『レディに捧げる殺人物語』 (創元推理文庫)
『殺意』 (創元推理文庫)
『被告の女性に関しては 』(晶文社ミステリ)

あとはちょっと好みが別れると思いますが、エドワード・ケアリーなんかどうでしょうか。
『望楼館追想』(文春文庫)
『アルヴァとイルヴァ』(文芸春秋)
どちらも、外界との接触を恐れる主人公の成長物語、といっていいかと思います。

以下、順不同でいくつか。
アイラ・レヴィン『死の接吻』(ハヤカワ・ミステリ文庫)
ウィリアム・アイリッシュ『死者との結婚』(ハヤカワ・ミステリ文庫)
リチャード・ニーリィ『心ひき裂かれて』(角川文庫)
ジェイムズ・ヒルトン『鎧なき騎士』(創元推理文庫)
シャーロット・アームストロング『毒薬の小壜』(ハヤカワ・ミステリ文庫)
シェリイ・スミス『午後の死』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ウィリアム・モール『 ハマースミスのうじ虫 』(創元推理文庫)


【2007/08/26 09:52】 URL | kazuou #- [ 編集]


>やるせない系?
映画で言うと「SEVEN」みたいな感じです。

紹介していただいた本の中から
選びました!
ハマースミスのうじ虫を読んで見たいと思います。
いろいろありがとうございました。

家に届く日が楽しみです。
【2007/08/27 23:39】 URL | ひととおり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/251-4c3e4283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する