8月の気になる新刊
8月7日刊 アンドレ・ブルトン編『黒いユーモア選集1』(河出文庫 予価998円)
8月7日刊 アンドレ・ブルトン編『黒いユーモア選集2』(河出文庫 予価998円)
8月7日刊 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』(徳間文庫 予価660円)
8月8日刊 東雅夫編 文豪怪談傑作選『柳田國男集 幽冥談』(ちくま文庫 予価924円)
8月8日刊 イタロ・カルヴィーノ『魔法の庭』(ちくま文庫 予価756円)
8月20日刊 鹿島茂『鹿島茂の書評大全 和物篇』(毎日新聞社 予価1890円)
8月20日刊 鹿島茂『鹿島茂の書評大全 洋物篇』(毎日新聞社 予価1890円)
8月24日刊 シャーリイ・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』(創元推理文庫)
8月24日刊 北原尚彦『SF奇書天外』(東京創元社 キイ・ライブラリー)
8月28日刊 江戸川乱歩作 ヤン・シュヴァンクマイエル画『人間椅子』(エスクァイアマガジンジャパン 予価2625円)

 アンドレ・ブルトン編の名高いアンソロジー『黒いユーモア選集』が文庫化です。これは好企画ですね。
 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』は、初期短編集。横溝の初期作品は、後年のものと違って、明るくて軽妙なエンタテインメントが多いので、個人的には好きです。
 シャーリイ・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』は、以前に学研から出たものの、絶版になっていた作品。邦訳のあるものでは、間違いなく最高傑作でしょう。新訳ということなので、解説も含めて期待大です。
 北原尚彦『SF奇書天外』は、かって『SFマガジン』に連載されていたもののようです。マイナー好きにはこたえられないブックガイドになっていると思います。
この記事に対するコメント
こんにちわ
はじめまして!!
偶然にもこちらのブログに行き着いたものです!
わたしも短編大好きなんですが、なかなかどの本がいいのか、どの作家が自分の好きなのと同じテイストなのかがわかんなくっていつも買えないでいたんです。

私は小学生のときに星新一にはまってから短編が好きになり。今は一番好きなのはジェフリー・アーチャーなんです。
でもこの人の短編全部読んでしまって、ジェフリーと似た感じの短編があれば他のも読んで見たいなあっていつも思ってたんです。
ここに出てる作者さん達の名前は全然知らないのばかりで・・・お恥ずかしいですっ。

もしもこれらの本が私が読みたかったものなのであれば・・・・
すんごい大発見なのですっ!!

ちなみにジェフリーの本はここにはなかったのですが
少し趣向が違うのでしょうか・・・。

一度これというのをメモって本屋に探しにいってみますね!
おじゃまいたしました。

【2007/07/29 07:30】 URL | ちょま #- [ 編集]

>ちょまさん
ちょまさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

短篇好きだそうで、嬉しいです。ちなみに、ジェフリー・アーチャーも短篇の名手だと思いますよ(単純にこのブログで今までとり上げてないだけですので)。
アーチャーが好きなら、早川書房の〈異色作家短編集〉に取り上げられている作家などは皆オススメですね。ロアルド・ダール、ジャック・フィニィ、ジョン・コリア、フレドリック・ブラウンなど面白いですよ。
あとは、アーチャーによく似た傾向の作家としては、ヘンリー・スレッサーなんかはいかかでしょうか。軽妙でオチもあるので、たぶん気に入るんじゃないかと思います。

【2007/07/29 17:52】 URL | kazuou #- [ 編集]

溜め息
『ずっとお城で暮らしてる』は入手できないでいたので嬉しい限りです。
鹿島茂は現在『悪党が行く』が積読状態なんですが、この2冊も楽しみ。文章の面白さもさることながら、信用できる本の目利きですね。

さて、7月は怪談シーズン到来ということで東雅夫関連本の出版ラッシュで買いまくりましたが(『響鬼』は除きます)、8月以降もかと溜め息が出てしまいます(9月は「三島由紀夫集」でしたか)。
【2007/07/29 20:59】 URL | 迷跡 #- [ 編集]


最近の創元文庫は、解説が非常に充実しているものが多いので、『ずっとお城で暮らしてる』も既読ですが、買ってしまいそうです。
鹿島茂は、基本的には何を読んでも面白い人ですが、今回の書評集はとくに面白そうですね。

東雅夫ラッシュというか、怪談ものが最近多いですね。たしか新潮文庫からも実話系の怪談集が出てましたが(これは福澤徹三編)。
【2007/07/29 21:29】 URL | kazuou #- [ 編集]


新刊情報毎月参考にさせてもらってます(^-^)
『ずっとお城で暮らしてる』私も持ってますが
新訳ならこちらも欲しいですね~
【2007/08/03 17:20】 URL | そら #- [ 編集]

期待大ですね
『ずっとお城で暮らしてる』の新訳は期待大ですね。
同じジャクスンの『山荘奇談』でも、新訳が出たとき、ずいぶん印象が違いましたし。どんな感じになっているのか、楽しみです。
【2007/08/03 20:30】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/248-5d2d2135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する