彼らがやってくる  ロバート・ウェストール『かかし』
4198616388かかし
ロバート ウェストール Robert Westall 金原 瑞人
徳間書店 2003-01

by G-Tools

 ロバート・ウェストール『かかし』(金原瑞人訳 徳間書店 )は、いちおう児童文学の範疇に入る作品なのですが、その筆力、迫力はただごとでありません。
 戦争で父を失った少年、サイモンは、母親と妹の家族と暮らしていました。サイモンには、怒りにかられると、ときどき自分でもわけがわからなくなる状態になってしまうことがありました。それをサイモンは「悪魔」と呼んでいます。そんなある日、母親が、ジョーという中年の男を連れてきます。画家であるジョーは、サイモンの母親と再婚して、いっしょに暮らすというのです。亡き父を崇拝しているサイモンは、ジョーと、そして母親にも憎悪を抱きます。
 新しく棲むことになった家のそばには、過去に凄惨な殺人事件が起こった水車小屋がありました。そんなある日、家の外の畑に、妙な「かかし」があらわれます。サイモンの憎悪がふくらむにしたがって、かかしたちは家に近づいてきます。彼らが家にたどり着いたとき、いったい何が起こるのでしょうか…?
 再婚した母に対する愛情と憎悪、亡き父に対する崇拝の念。思春期の少年の逡巡を描いた作品なのですが、そこに恐怖小説的な要素をからめているのが特徴です。なんといっても、超自然的な香りのする「かかし」の存在感が圧倒的です。おそらく、主人公の少年の心理を象徴するための、寓意的な存在なのでしょうが、下手をすれば、お笑いにもなりかねないこの素材を、作者は迫力のある恐怖小説に仕上げています。
 そして「かかし」以上に読者に強い印象を与えるのは、主人公サイモンが追いつめられていく心理のサスペンス。思春期の少年の孤独感の描写が素晴らしく、それだけでも充分に読みでがあります。そして、追いつめられる主人公と、近付いてくる「かかし」、この両者がじつに上手く相乗効果をもたらしているのです。
 子供に読ませたら確実にトラウマになるであろう作品です。大人の鑑賞にも耐える、というか、むしろ大人が読むべき作品でしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

『かかし』、全編をとおしての緊迫感は凄いですよね。
私は徳間書店ではなくて福武書店版を持っていますが、タイトルは『かかし -今、やつらがやってくる』
・・・これだけで迫力満点です。
”かかし”、OZでいうところの「心を持たない」例えるなら入れ子のような無機物がヒト型であるが故に
めちゃくちゃに怖い。最後にきっちり形をつけるのは児童文学ですが、そのままいけば
『The Secret Window』ではないかと。

同じ福武書店からでていて去年目出度く岩波書店から復刊した『ブラッカムの爆撃機』もお勧めです。
こちらはイギリスのウェリントン爆撃機、通称ウィンピーをめぐる怪談話、と『チャス・マッギルの幽霊』
というファンタジーに何故か宮崎駿の書下ろしが。ファンらしいのですが
【2007/06/29 17:41】 URL | shen #SgmGMb7Y [ 編集]

>shenさん
この『かかし』という作品、以前雑誌で紹介されているのを見て、興味を持ったのですが、思っていた以上の出来でした。
体裁は児童文学ですが、実質はこれホラー小説ですよね。
『ブラッカムの爆撃機』も読みましたが、これもなかなかの佳作でした。他の作品は読んでいないのですが、このウェストールという作家、ホラーやファンタジーと親和性の高い作家のようですね。いずれ他の作品も読んでみたいと思います。


宮崎駿のおまけ付き復刊には驚きましたね。なんか抱き合わせ販売みたいで、いい感じはしませんけど。
【2007/06/29 20:33】 URL | kazuou #- [ 編集]

ブラッカムの爆撃機
『ブラッカムの爆撃機』は面白かったです。
(『かかし』は怖そうなので読んでません…)
宮崎監督のマンガは、爆撃機の図解なんかが、読むさいの参考になりました。
あと、本編をちょっとマンガ化したところが、やりすぎだと思うんですけど、因果なことに面白いんですよね。
「ぜんぶマンガで読みたい」などとという知人もいましたよ。
【2007/07/01 01:29】 URL | タナカ #- [ 編集]

>タナカさん
宮崎駿版『ブラッカムの爆撃機』、お読みになったんですね。
飛行機好きの宮崎監督の本領発揮というところなんでしょうか。ちょっと読んでみたくなりました。

『かかし』はたしかに怖い作品ですが、読んで損はない作品だと思いますよ。
【2007/07/01 07:32】 URL | kazuou #- [ 編集]


始めまして、こんにちは。

「読書の秋」のせいか、最近は今まで以上に本が好きになり、
暇な時があれば本を読む、という感じです。
本を読む時間を、無理矢理作っているという感じもしますが(笑

本題に移りますと、
私は、「弟の戦争」という本でロバート・ウェストールさんと出会い、
何とも言えない発想力、可能性がある物語から、
自然と名前を覚えた作家さんです。
(2.3年前に、お母さんの興味から買ってきた作品で、私も家にあったから自然と手に取った感じ)

そして、次何読もうかなーと考えていたところ、
ロバート・ウェストールさんの名前が頭を過り、不意に検索してみたところ、
「かかし」という作品が多く色々なところで、紹介をされており、
どんな内容なんだろう、と気になった結果ここのサイトに辿り着きました。

この記事を読み終えた今、

怖い話はあまり好まないのですが、
次に読む本はこれで、決定という感じです。
私の気になってた作家さん+有名で、予告編だけで惹かれる作品
となると、買わざるおえないと。

「子供に読ませたら確実にトラウマになるであろう作品」ということなので、
大丈夫かなーとは思いますが、頑張って読んでみます(笑

読んだら、またコメントさせて頂きますー。

余談なのですが、「かかし」を探しに、色々な店舗を探し回ったところ、
どこにも在庫がなく、取り扱っていませんでした。
ロバート・ウェストールさん自体の本がなく、
機械で検索したり、サービスカウンターに言っても、どこにも在庫がないと言われました。

なので、ネットで頼もうと思った結果どこにも、あまり在庫があまりなく、
残り3点でぎりぎりGETした感じです。
今日、家に着いたんですが、「学校で暇な時間に読める本」として買ったので、
読みたい気持ちは山々なのですが、今読んでしまうと勿体無いので、
明日まで我慢します(笑

ものすごく長文失礼しました。
それと、弟の戦争もぜひお勧めですよー。
【2008/10/29 16:53】 URL | 南 #- [ 編集]

>南さん
南さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

僕もウェストールは、そんなにたくさんの作品を読んでいるわけではないのですが、とても筆力のある作家ですよね。『かかし』は、なかでもユニークで魅力的な作品だと思っています。
大人になってから読んでも、これほどの感銘を受ける作品なのだから、子供のころ読んでいたら、さぞかし強烈な印象を残しただろうなあ、という意味で「トラウマになる」という表現をしたのですが、読んで損のない作品であることは確かですね。

ウェストールは、最近では宮崎駿推薦ということで『ブラッカムの爆撃機』が復刊されているようですが、これも面白い作品ですよ。

『弟の戦争』は未読なのですが、機会があったら読んでみたいと思います。
【2008/10/29 20:28】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/242-771802bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する