愛すべきナンセンス  ダニイル・ハルムス『ハルムスの小さな船』
4860951980ハルムスの小さな船
ダニイル ハルムス 西岡 千晶
長崎出版 2007-04

by G-Tools

 今世紀初頭に活躍したロシア・アヴァンギャルドの詩人、ダニイル・ハルムス。その前衛的な作風は、当時の政府に弾圧され、獄死したといいます。その短い数奇な生涯に劣らず、彼の作品には、ナンセンスが溢れており、強烈な魅力を持っています。そんな彼の散文を集めた作品集が『ハルムスの小さな船』(井桁貞義訳 西岡千晶絵 長崎出版)です。
 ごく短い作品が大部分なのですが、基本的に、ストーリーらしいストーリーはありません。言葉遊びに近いナンセンス詩や、不条理な展開がたまらないコントなどが収められています。
 例えば『夢』と題された作品。薮の中を通り過ぎる警官の夢を見る男を描いた、ただそれだけの作品です。『フェージャ・ダヴィードヴィチ』は、妻に隠れてバターを口にほおばった男の物語。『衣装箱』は、衣装箱に潜り込んで生と死を考える男の奇妙な話です。
 また『墜落する老婆たち』は、墜落する老婆たちを描いたシュールな作品。イメージがとても面白いので、一部を引用してみます。
 
 一人の老婆が異常な好奇心のために窓から落ち、地面に叩きつけられて粉々になった。
 窓からもう一人の老婆が身を乗り出して、下の、粉々になった老婆を見ていたが、極度の好奇心のために同じように窓から落ちて、地面に叩きつけられて粉々になった。
 さらに三番目の老婆が窓から落ち、四晩目、そして五番目が落ちた。


 この作品に限らず、どの作品にも、とくに意味があるとも思えない、シュールなイメージが溢れています。しかも、不条理ながらも、陰湿ではなく、陽気な雰囲気を持っていて、楽しく読めるのが特徴です。
 そして、ハルムスの作品自身の魅力もさることながら、西岡千晶の挿絵もじつに魅力的です。繊細で震えるような描線で描かれた画風は、ハルムスの作品とぴったり! まるで文章と絵が一緒に作られたかのようで、もはや、挿絵の領域を超えているといってもいいでしょう。
 とくに、いくつかの戯曲形式のコントにつけられた挿絵は、上質のコラボレーションともいうべき出来です。寝転がったプーシキンとゴーゴリが、互いの体につまずきあうという、人を喰った作品『プーシキンとゴーゴリ』、劇団員全員が吐き気をもよおして、舞台から退場してしまうという『失敗した芝居』などに至っては、挿絵と文章のレイアウト、間のとり方が、じつに絶妙で、感嘆させられる事しきりです。
 装丁も、戦前の児童書を思わせる瀟酒なもの。軽装ながら、洒落た箱もついており、ずっと手もとに置いておきたくなるような、愛らしい本に仕上がっています。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/234-8e005c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する