走って逃げろ!  ウィリアム・ゴールドマン『マラソン・マン』
4150410852マラソン・マン
ウィリアム・ゴールドマン 沢川 進
早川書房 2005-06-09

by G-Tools

 基本的に、ただ走って逃げるだけの物語が、これほどサスペンスを生み出すとは! ウィリアム・ゴールドマン『マラソン・マン』は、期待をいい意味で裏切ってくれる、傑作サスペンス小説です。
 偉大なマラソン・ランナーに憧れる、歴史学生リーヴィは、アカ狩りの犠牲となった父の無罪を証明しようと勉学に励んでいました。しかしある日、ただ一人の肉親である、兄のドックが何者かに殺されたことから、いわれなく命を狙われるようになります。ドックは政府のエージェント、いわゆる「殺し屋」であり、仕事でナチの残党のダイヤモンドの運び屋をしていたことが明らかになります。ナチの残党はリーヴィが、ドックから何かの情報を託されていると疑っており、そのためにリーヴィを捕らえようとします。リーヴィは彼らから逃げ切れるのでしょうか?
 カットバック形式で、リーヴィのパートと、殺し屋シラのパートが交互に描かれるのですが、最初はシラの正体は明かされません。お人好しで不器用なリーヴィと、殺し屋でありながらロマンチストであるシラと、それぞれの人物造形は素晴らしい出来栄えになっています。
 リーヴィは、武術の心得があるわけでもない、ただマラソンが好きな一般人です。組織に狙われても、彼にできるのは、走って逃げる事だけ。その意味で、素人が事件に巻き込まれる「巻き込まれ型サスペンス」に分類できる作品でしょう。
 この作品の素晴らしいところは、素人が自分に出来る限りの手段で(この場合マラソンですが)、敵に反撃をする、というところにあります。B級ハリウッド映画のように、素人のはずなのに、いきなりアクションし始める、というご都合主義はありません。
 基本的に反撃手段がマラソンなので、あまり派手な展開はないと思ってしまいがちですが、そこは才人の作者、全く飽きさせません。
 味方だと思っていた人物が敵だったりと、中だるみしそうになったころ、要所要所で繰り出されるドンデン返しも、サスペンスを上手く持続させています。まさに「手練れ」というべき、サスペンスの一級品です。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/232-59683935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マラソンマン(1976)

1967年の映画『俺たちに明日はない』を発端として、アメリカではアメリカン・ニューシネマと呼ばれる反体制的な若者を描く作品群が1970年代半ばまでいくつか制作された。英語では”New Hollywood”がこれを指す。ダスティ・ホフマン主演のこの映画は、その中の1本だ。... tetujin's blog【2007/06/16 16:48】

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する