ネット古本屋の憂鬱
 以前『ネット古本屋の恐怖』と題した記事で、ネット古本屋について書きましたが、今回はその続きです。相変わらず、ネットでの古書販売自体は拡大しているのだと思いますが、実は大きな変化(個人的な判断ですが)がありました。それは『楽天フリマ』がなくなってしまったこと。
 昨年11月に『楽天フリマ』『楽天オークション』になる、ということは知っていたのですが、ただ名前が変わるだけで、中身はほとんど同じだろう…と思っていました。それが、ふたを開けてみてビックリ!
 システムの大幅変更がなされていました。で、内容は改善されたのかな、と思ったら、その反対。大幅な改悪! これは使えません。『楽天フリマ』に出品していた業者の人も個人も、ほぼ全撤退の様子です。
 具体的に何が悪いのかというと、例えば送料。発送方法が決められていて、送料がやたらと高くつきます。一番安い方法で送料は550円。あと、複数の品物を同じ店から買っても、同梱不可なので、必ず個々の品物にそれぞれ送料がかかってしまいます。振込みの際にも、楽天が提携している三井住友以外の銀行を使うと、品物それぞれに対して手数料が取られるという始末。
 発送手順もどこかおかしいです。出品者と落札者が、お互いの個人情報をやりとりせずに取引できる「匿名エスクロー」というのが売りらしいのですが、これは取引の途中に必ず楽天が入るというもの。出品者は一度、楽天に荷物を送って、楽天が落札者へ再発送する、という仕組みです。こんなことしてたら、発送が遅れるのは一目瞭然です。
 他にもいろいろと問題点があるようで、ネットで検索してみても、トラブルが続出のようです。システムがどう変わろうと、出品されている品物の種類が増えるとかすれば、それはそれでいいんですが、上にも書いたように、出品数が激減。一時は100万冊はあった出品数が、いまや1万冊程度。まともに使えるものではなくなってしまいました。古本購入の際には、よく利用していただけに、非常に残念です。
 選択肢がひとつ減ったわけですが、それでは『楽天フリマ』に変わるものは…と考えたのが『ヤフーオークション』。手数料がいちいちかかったり、取引きが面倒くさそうなので、今まで手を出していなかったのですが、現在キャンペーン中で手数料がかからないということもあり、ヤフーオークションに挑戦してみました。
 結果は、というと、うーん、これはなかなか難しいですね。基本的に「オークション」なので、値段はその時々で変わるのは当然なのですが、思ったより安く買えません。ある品物を欲しがる人が二人以上いたら、それでどんどん値段が上がってしまうわけですから。
 珍しくて、人気のある本に入札するから上がるんだ、というのもあります。『ヤフオク』だと、人気のある特定アイテムは、決して安くは買えませんね。具体例を挙げると、ある絶版の画集、定価4000円ほどのものが1500円で出品されていました。残り時間が一時間を切るまで、入札なしだったので、とりあえず入札してみたわけですが、そのとたん、もう一人の入札が入りました。その後は値段の上げ合い。結局5000円を超えた後で、断念しました。なるほど、これは確かに、場合によっては白熱します。競り合う相手が複数だと、そうでもないんですが、相手が一人の場合、自分が落札できる可能性も高いわけですから、変に熱くなると、必要以上に高額にしてしまいかねないわけですね。
 もちろん、珍しい本が安く買えたこともあります。ライバルなしで、あっさり相場の五分の一以下で落札!なんてのもありました。
 使い方次第では、珍しい本や高額な本を安く買うこともできるので、皆様もいちど試していただければ、と思います。

テーマ:本とつれづれ - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

プライベートばたばたしていたので、ネットショッピングはしばらく控えていて変更になったことを先日まで知らなかったのですが、先日久々にみてみたらとんでもないことになっていて愕然といたしました。楽天側が自分のところで必要以上に管理したかった、もっとリベートを取りたかった結果なのかもしれないですが。
「ヤフオク」はどうも「せどり」目的で値段のつりあげが謙虚なのが、あまりいい気持ちがしないですね(友人をつり上げ要員として参加させている知人がいました)。私はただ「読みたい本を読みたい」、それだけなんですけどねぇ。
【2007/01/20 09:34】 URL | げし #ItxbjV56 [ 編集]

残念です
『楽天フリマ』は、たまにレアな本が安く出ていたりして、すごく重宝していました。オークション形式もありましたが、本の場合はほとんど固定価格だったので、安心して買い物できた、という面もありましたね。それだけにここがなくなったのは、痛いです。
『楽天フリマ』の改悪は、楽天の儲け主義が極端に出た感じですね。もともとそんなにユーザーフレンドリーな会社だとも思ってませんでしたが、ここまでやるとは…、あきれてしまいました。
しょうがないので、最近は『ヤフオク』に挑戦してみているんですけど、なかなか厳しいです。レアな本が出るのはいいんですが、あっという間に値段が上がってしまう!
やっぱり「つり上げ」っていうのは、やっている人がいるんですねえ。どうしてこの本がこんなに上がっちゃうの?というのも、いくつか見ました。
結局『ヤフオク』の場合、最終的にお金を出せる人間が勝っちゃうんですよね。システム上「早いもの勝ち」もありえないし。
【2007/01/20 09:51】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/191-e0666b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する