fc2ブログ
死のキャンプ  三浦晴海『歪つ火』
ibitubi.jpg
 三浦晴海の長篇『歪つ火』(角川ホラー文庫)を読了。超自然的な要因でキャンプ場に閉じ込められてしまった女性の苦難を描くオカルトホラー作品です。

 仕事に疲れた水瀬友美は衝動的に会社を休み、バイクでソロキャンプに出掛けます。いななき森林キャンプ場で出会った年上の女性、恭子は、人なつこく積極的な性格でした。友美も含め、周囲のキャンパーたちを集めてキャンプファイアーを行うことになります。
 楽しい夜を過ごした友美でしたが、翌日目を覚ますと、キャンプ場から出られなくなっていることに気付きます。何度外に行こうとしても戻ってきてしまうのです。しかも、他の人間たちは昨日一緒に過ごした記憶がなくなっているようで、友美に対しても初対面であるかのような態度を取ります。
 起こっている事態を周囲の人間たちに説明しますが、信じてもらえません。唯一協力的だった恭子と一緒に、脱出する方法を探ろうとする友美でしたが…。

 仕事に疲れて一人キャンプ場を訪れた女性が、周囲の人間たちと共にキャンプ場から出られなくなってしまう…というホラー作品です。しかも記憶があるのは友美一人。時間が戻っているのか、記憶がリセットされてしまうのか、どちらにしても周囲のキャンパーたちは恭子以外がまともに味方になってくれず、二人で状況を探っていくことになります。
 異常事態が起こるまでの序盤が結構長いのが特徴なのですが、序盤では友美たちがキャンプ活動やアウトドア活動を行っていく様が丁寧に描かれていきます。その過程で周囲の人間たちと知り合い、そのキャラクターたちが紹介されていくという意味でも重要な部分となっていて、後半そちらの描写が生きてくることになります。

 キャンプ場に人間たちが閉じ込められてしまう怪奇現象の原因に関しては、オカルト的な背景が途中で明かされることにはなるのですが、その上でなお脱出は可能なのか、その方法は何なのか、探っていく過程はサスペンスたっぷりです。
 具体的なところはネタバレになってしまうので書けないのですが、面白いと思ったのは、超自然現象が起こってからの趣向。キャンプ場全体がいわゆる「異界」になってしまうのですが、そこでは生者と死者の区別がつかないのです。さらに死者と分かっていても、脱出のための知識を持っている可能性があるため、コミュニケーションを取らざるを得ない場合も出てきます。
 主人公の友美は、子どものころに体験したトラウマが原因で、他人と打ち解けるのが苦手な性格。積極的にコミュニケーションを取ってくる陽気な恭子との出会いはもちろん、超自然的な危機に対しての「他人」(生者の場合もあれば死者の場合もあります)との接触行動を通して、その性格が矯正されていく…という意味での成長物語にもなっていますね。
 一見悩み事のないような恭子を含め、キャンパーたちもそれぞれ個人的な問題を抱えているらしいことが示されています。それらの過去や問題が、その人物をどういう結末に導いていくのか、といった部分も読みどころでしょうか。

 前半はキャンプに不慣れな人間たちが、初対面で打ち解けながら、協力してアウトドア活動を行って行く様が描かれ、後半はキャンプ場から脱出しようとする命がけの探索行が描かれる…。同じサバイバルが描かれながら、それぞれ「正」と「負」のベクトルになっているのも面白い趣向ですね。

テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1826-89c74e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
twitter上でも活動しています。アカウントは@kimyonasekaiです。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」も主宰してます。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド 増補版』『奇妙な味の物語ブックガイド』『海外怪奇幻想小説ブックガイド1・2』『謎の物語ブックガイド』『海外ファンタジー小説ブックガイド1・2』『奇想小説ブックガイド』『怪奇幻想映画ガイドブック』を刊行。「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」も作成しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する