101匹死んだ猫大行進  サイモン・ボンド『死んだ猫の101の利用法』
20061203190449.jpg
B000J7UVNA死んだ猫の101の利用法 (1981年)
二見書房 1981

by G-Tools

 自殺するうさぎを描いたブラック・ユーモア漫画集『自殺うさぎの本』と、その続編『またまた自殺うさぎの本』(ともにアンディ・ライリー著 青山出版社)は、大変に面白い作品でした。一部で話題を呼んでいるようで、ファンとしては嬉しいかぎり。二冊セットでクリスマス限定バージョン(『自殺うさぎの本 死ぬほどXmasパッケージ』)なんてのも出ているようですね。クリスマスプレゼントには、ちょっとブラックすぎるような気もしますが、なかなか洒落ています。
20061203190636.jpg さて、本題。今回は『自殺うさぎ…』の元祖ともいえる漫画集、サイモン・ボンド『死んだ猫の101の利用法』(二見書房)を紹介しましょう。タイトルからもわかるように、死んだ猫を徹底的に「モノ」として再利用する…というコンセプトのブラック・ユーモアにあふれた漫画集です。
20061203190532.jpg 日常生活に使う道具を「猫」と置き換えたらどうなるか?というのが基本的なスタンスなのですが、これがまた極端に即物的なのが特徴です。敷物として使う、なんてのは誰でも思い付きそうなネタですが、その後はどんどんエスカレートしていきます。ダーツの矢として使う、とか、書見台として使う、鉛筆立てとして使う、ローラースケートとして使う、テニスのラケットとして使う、など、多種多彩。
 一番笑えたのは「小鳥の巣箱」として使う、というもの。
 漫画なので、当然、材質とか機能性とかは全く無視しています。そのため、えっ、こんなものまで? と驚くような使い方がされていて、楽しめます。
20061203190714.jpg 『自殺うさぎ…』も、うさぎ好きの人は怒るかも、という感じがしましたが、それ以上に、この本は、猫好きにはきついかもしれません。実際、この本に怒って『死んだ人間の101の利用法』(フィリップ・リーフ著 二見書房)という漫画集を出してしまった人もいるほど。こちらの本は、猫が人間を「モノ」として使う、という漫画集。ちなみに、こちらの本は『死んだ猫…』ほど、洗練されていなくて、面白みに欠けます。
 残念なことに、この『死んだ猫の101の利用法』、現在、絶版になっています。『自殺うさぎ…』に関連づけて、復刊すれば、けっこう売れると思うんですけどね。
20061203190620.jpg20061203190701.jpg20061203190545.jpg

20061203190600.jpg20061203190647.jpg20061203190521.jpg


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/06 14:02】 | # [ 編集]

コメントありがとうございます
『自殺うさぎ…』と『死んだ猫…』って、テーマと言うかコンセプトが似た作品集だと思います。絵の技術はともかくとして、内容的には『自殺うさぎ…』に軍配をあげたくなりますけど。

そうですか!お気に入りの本の傾向が似ているというのは、嬉しいですね。
これからも、意見などあったら、ぜひコメントしてくださいね。
【2006/12/06 18:55】 URL | kazuou #- [ 編集]


これまた面白そう♪
死んだ猫を日常生活に使う道具にすると考えないで、超猫好きな人たちが持ってる猫の形をした小物の自慢大会と思えば猫好きにも見れるかも??
しかし絶版ってのが残念!わが街の図書館には置いてないし・・・。『自殺うさぎ…』に関連づけて復刊して欲しいですね。
【2006/12/06 21:15】 URL | TKAT #- [ 編集]

面白いですよ
出版当時、けっこう売れたような話だったんですが、ネットで検索してみても、ほとんど出てこないのが悲しいです。
『自殺うさぎ…』みたいに、考えオチがまったくなくて、ただただ物理的に猫を道具として使う…というのが、特徴です。そういう意味で、かなりブラックではありますね。
ちなみに、原書版は現役で買えるようです。文章が全くないんで、原書版でも楽しめると思いますよ。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0517545160/sr=11-1/qid=1165408419/ref=sr_11_1/503-1239667-8437565
【2006/12/06 21:36】 URL | kazuou #- [ 編集]


自殺うさぎが翻訳されるとは思ってなかった……
捕鯨反対のくせに、海外はこの手の絵本がよく見られますよね~(笑)
個人的には『猫のマッサージのしかた』がお気に入り。
【2006/12/07 09:16】 URL | 司書つかさ #- [ 編集]


司書つかささんは、ご存じでしたか。
そうそう、欧米のブラックユーモアものは、ほんとに徹底的というかエグイものがあったりするのが、面白いところです。
『自殺うさぎ…』は、邦訳されるまで存在も知らなかったので、翻訳版を出してくれて感謝してますよ。
【2006/12/07 18:57】 URL | kazuou #- [ 編集]


明けましておめでとうございます。今年も早速お世話になります(笑)。

『自殺うさぎの本』の元祖といえる本ということで原著を買いました♪今年初読書はコレです(漫画集だから読書じゃないか)。
スケート靴やバイオリンなど、ほんと機能性は全く無視してますね(笑)。でも多種多彩で楽しめました。
『死んだ人間の101の利用法』も見たくなりましたが、やはり絶版なのかな?同じ人間だけにこちらは見るのがちょっと怖い・・・。
【2007/01/03 16:35】 URL | TKAT #- [ 編集]

>TKATさん
原書を購入されましたか。もし復刊されたら、ごめんなさい(たぶんないとは思うけど)。
完全に猫を「モノ」扱いしているところが、ある種爽快ですよね。平然とした顔をしている登場人物が、ユーモアをかもし出してます。
『死んだ人間の101の利用法』は、かなり出来が悪いので、見なくてもいいかも。漫画家の技量が圧倒的に、サイモン・ボンドに劣ります。あまり批判になっていないというか、パロディとしても、大した作品ではないと思いますよ。むしろサイモン・ボンドの他の作品を見てみたいところですね。
【2007/01/03 18:36】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/167-ccf8246b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「101 Uses for a Dead Cat」 サイモン・ボンド

『101 Uses for a Dead Cat』   著者:サイモン・ボンド (Simon Bond) 出版社:Clarkson Potter   <感想>kazuouさんのブログ「奇妙な世界の片隅で」で見つけた一冊。『自殺うさぎの本』と TK.blog【2007/01/03 16:34】

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する