正義は必ず勝つ  アンドリュウ・ガーヴ『黄金の褒賞』
20061125220220.jpg
黄金の褒賞 (1960年)
福島 正実
B000JANXWS

 かって評論家の瀬戸川猛資は、ミステリ評論集『夜明けの睡魔』(創元ライブラリ)で、イギリスの作家アンドリュウ・ガーヴについて、こう書いていました。

 お話は同じパターンのものが多く、結末がとても甘い。人物描写がとくに印象的ということもないし、文章が際立ってうまいわけでもない。もちろん、謎やトリックの興味に溢れているわけでもない。また、イギリスの男性作家のくせにユーモア感覚があまりなく、洒落っけにも乏しい。

 ひどい貶しようだな、と思いきや、瀬戸川はこの後こう続けます。

 こういうミステリが、それほどおもしろいはずがない。ところが、実際に読んでみると、どれもこれもあきれるほどおもしろいのだ。まったく不思議である。
 察するに、これがストーリイ・テリングの力というものなのだろう。


 そう、瀬戸川猛資のいうことは、的を射ています。ガーヴの作品は、だいたいどれも同じような展開で、結末は必ずハッピーエンド。筋の予想もついてしまうことが多いです。それでも、面白いのです。やはりそれは、ストーリイ・テリングによるところが大きいのでしょう。
 今回紹介する『黄金の褒賞』(福島正実訳 ハヤカワ・ミステリ)も、件のパターンにそった物語ではありますが、他のガーヴ作品に比べると、すこしスパイスの利いている作品です。
 思わぬ遺産を手に入れ、働かなくても暮らしていけるようになった主人公、ジョン・メランビイ。ある日、彼の留守中に、海に出かけた息子と妻がおぼれかかりますが、危機一髪のところをロスコオなる男に救われます。
 感謝してもしきれないメランビイ夫妻は、ロスコオに援助を申し出ますが、彼はそれを固辞します。しかし、全くの善人に見えたロスコオは実はとんでもない詐欺師。メランビイ夫妻の知り合いの女性に色目をつかい、あまつさえ金を要求してきたのです。
 同じく、ロスコオに妻を乱暴されかかった男シアーストンが怒鳴り込んできたことから、メランビイは誤ってロスコオを殺してしまいます。彼らは悩みの末、死体を埋めてしまうことで、すべてを葬ろうとします。しかし、メランビイの良心はとがめていました…。
 犯してしまった殺人を隠し続けようとする主人公の話、というのは、よくありますが、この作品では、主人公メランビイが「善人」であるところがポイント。善人であるだけに、メランビイが苦しみつづけるという展開は、痛々しいものがありますが、サスペンスは十分です。
 とはいえ、上にも書きましたが、ガーヴの作品は基本的にハッピーエンド。とするなら、この物語もハッピーエンドのはず、と考えていくと、結末の予想はだいたいついてしまいます。ところが、この作品に限っては、それをさらに裏切る展開が待っています。単純な勧善懲悪には終わらない、ほろ苦い結末。そして、最後の最後でメランビイがとる行動とは…?
 徹底的に窮地に追い込まれる主人公。それゆえ、読者は欲求不満がたまります。結末に至っても、それは完全には解消されません。しかし最後にメランビイがとる行動には、人間性に対する信頼があらわれていて、ほろ苦い結末ながら、気持ちの良い読後感を与えてくれるのです。
 主人公が「一般人」であるために、感情移入もしやすく、物語に入り込むのも容易です。「プロット職人」ともいうべき、ガーヴの佳作といっていいでしょう。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
ガーヴ
こんにちは。
アンドリュー・ガーヴといえば、昔に読んだ「ヒルダよ眠れ」が、
印象深かったです。
他には一冊も読んでいないのですが、
ご紹介の作品、面白そうですね。
図書館ででも探して見ます。
【2006/11/26 10:08】 URL | 木曽 #GHYvW2h6 [ 編集]

ハズレが少ないです
アンドリュー・ガーヴといえば、代表作はやっぱり『ヒルダよ眠れ』があげられるみたいですね。でも、あの作品はガーヴにしては例外中の例外みたいな作品で、他の作品はあれと全くトーンが違うので驚きますよ。
僕も最初は『ヒルダよ眠れ』から読みました。心理サスペンス風の作家なのかなあ、と思っていたら、全然違います。明朗な冒険小説風サスペンス、というのがガーヴの持ち味なんですよね。
ガーヴの作品は基本的にハズレがほとんどないので、どれもオススメですが、面白かったのを挙げると、『黄金の褒賞』『メグストン計画』『ギャラウェイ事件』『カックー線事件』『死と空と』あたりでしょうか。
【2006/11/26 13:32】 URL | kazuou #- [ 編集]


これは「ヒッチコックサスペンス」で放送されたものを観ました。ドラマの出来は個人的にいまいちだったので、原作の方もなかなか手を出そうとは思わなかったんですが、私も今度探してみます。
ちなみにこれ、日本でも土曜ワイド劇場枠でドラマ化されたことがあるみたいです(「夏の海にご用心」 出演 大谷直子/谷隼人)。観たいような観たくないような……。
【2006/11/26 21:37】 URL | げし #ItxbjV56 [ 編集]

初耳です
ドラマ化されていたんですか。ヒッチコックはともかく、日本ものもあったとは驚きですね。さすが、お詳しい。
たしかにガーヴの作品は二時間サスペンスなんかに向いているかも。ちなみに、ガーヴの『遠い砂』は、文庫版のカバーがスチール写真になっていたので、ドラマ化されたのは知っていましたが、『黄金の褒賞』もドラマ化作品があったんですね。それにしても、なんというセンスのないタイトル! 出来もなんとなく予想できますね。
そういえば、初期の火曜サスペンスや土曜ワイドは、海外ミステリを原作としたものがけっこうあったみたいですね。ウールリッチとかアルレーとかガーヴとか。
【2006/11/26 21:56】 URL | kazuou #- [ 編集]



ずいぶんと遅いレスで恐縮です。昭和44年頃にNHKで連続ドラマになっています。
主人公夫婦が芥川比呂志(龍之介の長男)「と香川京子、彼らの家庭に入り込む
謎の青年が津川雅彦、たぶんシアーストン役が辰巳隆太郎、他という配役です。
津川さんは、はじめは好青年、しかし実は・・・というロスコオ役を好演していました。
なお夫婦には子どもが無く、ジュディ・オングさん演じる若い姪が同居している、という
設定だったと記憶しています。
この頃、NHKの夜の時間帯に連続ドラマを放送していて、とくにこの前後には海外ミステリ
を原作としたものが多かったのです。他にもボワロー&ナルスジャック「影の顔」
カサック「連鎖反応」、クレイグ・ライス「スイートホーム殺人事件」などを原作としたものを
記憶しています。
【2007/02/11 21:20】 URL | いちプロ #jg3SrIu2 [ 編集]

>いちプロさん
いちプロさん、はじめまして。情報ありがとうございます。
それにしても、昔のNHKのほうが、海外ミステリに理解があったような感じですね。クレイグ・ライスあたりは、わりと親和性がありそうな気もしますが、カサック「連鎖反応」というのは、なかなか大胆な企画ですよね。ちょっと見てみたい気がします。
【2007/02/11 22:03】 URL | kazuou #- [ 編集]

おはようございます

前述のNHKドラマについて、覚えている限りで出演者を書いておきます。

「影の顔」の主役は二谷英明さん、「連鎖反応」の主役は目黒祐樹さん
「スイートホーム殺人事件」はあまり覚えていないのですが、長女役が野田睦美
さん=これは本名で、その後岡本茉莉さんと改名して声優・女優として活躍中です。
他にもパトリック・クエンティンの「二人の妻を持つ男」もドラマ化されていました。
まだ中学生で、それにしてはマセテいたと思います(笑)。父親がミステリーファンで
初期の早川ミステリ、創元推理文庫などを買って来ては読み、読了したのを押入れに
掘り込んで、それを子どもの私が読んでいたという次第です。子どもが読みにはふさわしくないカーター・ブラウンなども読みました(笑)。

また読ませていただきます。
【2007/02/12 13:24】 URL | いちプロ #jg3SrIu2 [ 編集]


いやあ、よく覚えてらっしゃいますね。
『二人の妻を持つ男』もドラマ化されていたんですか。これはテレビドラマにピッタリの感じですもんね。

そうですか、お父様がミステリファンでしたか。それはいい環境(笑)でしたね。その当時で、ポケミスなんかを読んでいるというのは、かなりハイブロウな趣味ですよね。
【2007/02/12 15:55】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/162-12058248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主催。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する