ブラウン・オブ・ワンダー  フレドリック・ブラウンの奇妙な世界
スポンサーから一言 未来世界から来た男 天使と宇宙船 さあ、気ちがいになりなさい フレドリック・ブラウンは二度死ぬ

 かって、SF初心者がまず読むべきとされた作家たちがいました。ロバート・シェクリイ、レイ・ブラッドベリ、フレドリック・ブラウン、彼らの作品は、非常にとっつきやすく、初めてSFを読む読者にも、SFの面白さを味あわせてくれる貴重な作家たちでした。
 彼らの作品には、共通点がいくつかあります。まず、主要作品が短編であること。難解な科学用語やガジェットがあまり使われていないこと。起承転結のきいたストーリー展開があること。そして、「センス・オブ・ワンダー」があること!
 諷刺のきいたシェクリイ、感性豊かなブラッドベリの作品も素晴らしいものがありましたが、こと「センス・オブ・ワンダー」に関する限り、間違いなくフレドリック・ブラウンが、頭抜けていたといっていいでしょう。極度に短い作品の中に、SFの核となるようなアイディアをめいっぱいにつめこんだ、ブラウンの作品は、今読んでも十分に楽しむことができます。斬新なアイディア、大胆な対比、思いもかけない展開、と彼の作品は、日常では味わえない「認識の変化」を与えてくれます。作品が短かったせいもあるのでしょうが、余計な風俗描写などがないことが、普遍的な面白さを出すことに成功した一つの要因ではないかと思われます。
 初期の日本SFに絶大な影響を与え、星新一の作風の原型ともなったフレドリック・ブラウン。今回は、そんな彼の作品を概観してみましょう。

 博士が発明したタイム・マシンを使って、憎んでいた祖父を抹殺しようとした青年の末路は…。愉快なショート・ショート『最初のタイム・マシン』(中村保男訳 創元SF文庫『スポンサーから一言』収録)。

 迫害を逃れ、未来へと逃走した吸血鬼一族の生き残りの二人組が出会ったものとは…『血』(中村保男訳 創元SF文庫『スポンサーから一言』収録)。

 突如、素裸で見知らぬ部屋にいることに気づいた青年。机の上には自分にあてられた手紙。ここはいったいどこなのか? 時間旅行の秘密を解き明かした青年の、究極の選択とは…。斬新なタイムトラベル小説『鏡の間』(中村保男訳 創元SF文庫『スポンサーから一言』収録)。

 気がつくと、男は見知らぬ惑星のドームの中に入れられていました。そして、目の前には不可解な球体が。孤立無援の不条理な戦いを強いられる男の物語『闘技場』(中村保男訳 創元SF文庫『スポンサーから一言』収録)。

 ハービー坊やが、奇術師に扮した悪魔から世界を救う顛末を描いた、楽しいファンタジー『悪魔と坊や』(小西宏訳 創元SF文庫『天使と宇宙船』収録)。

 息子が親に隠れて読んでいたSF雑誌。それに憤慨した父親は、妻を叱るのですが…。極端な対比が際だつ、アイディアの勝利というべき作品『非常識』(小西宏訳 創元SF文庫『天使と宇宙船』収録)。

 ある日チャーリーは、目の前でミミズに翼が生え、昇天するのを目撃します。その後もつぎつぎと起こり続ける不可思議な出来事。チャーリーが突き止めた世界の秘密とは…。センス・オブ・ワンダーの極致、名作『ミミズ天使』(小西宏訳 創元SF文庫『天使と宇宙船』収録)。

 目に見えないこびとの原理「ユーディの原理」に巻き込まれた、青年二人組が遭遇するおかしな出来事の数々。目のまわるようなイメージが素晴らしい、奇妙な味の作品『ユーディの原理』(小西宏訳 創元SF文庫『天使と宇宙船』収録)。

 核爆弾による突然変異により、不死身に近い肉体を得た男。彼は、18万年にわたって人間社会を見守ります…。すさまじいスケールが感動を呼ぶ『不死鳥への手紙』(小西宏訳 創元SF文庫『天使と宇宙船』収録)。

 タイム・マシンを開発したユースタスの運命を、三通りに語るという面白いショート・ショート『タイム・マシンのはかない幸福』(小西宏訳 創元SF文庫『未来世界から来た男』収録)。

 ハルパリンばあさまの誕生会の席で起きた殺人事件。一族ばかりの出席者たちは混乱しますが、思わぬ結末が…。「一族もの」のミステリを皮肉ったかのような作品『ばあさまの誕生日』(小西宏訳 創元SF文庫『未来世界から来た男』収録)。

 好色なウォルターが悪魔から手に入れた「魔法のパンツ」。だがそれには意外な盲点が…。おかしな艶笑譚『魔法のパンツ』(小西宏訳 創元SF文庫『未来世界から来た男』収録)。

 財産目当てに伯父を殺そうとした青年の失敗とは…。究極のショート・ミステリ『大失敗』(小西宏訳 創元SF文庫『未来世界から来た男』収録)。

 少女が持っていた人形には秘密がありました。それぞれの家族に見立てた人形について、少女が語る話は現実になるのです…。無気味な結末が印象的な怪奇小説『人形』(小西宏訳 創元SF文庫『未来世界から来た男』収録)。

 地球上に生き残った最後の男が部屋に座っていると、突然ドアにノックの音が…。思いもかけないストーリー展開が興味深い作品『ノック』(中村保男訳 創元SF文庫『宇宙をぼくの手の上に』収録)。

 殺人の事実について誰も知らないのは一体何故なのか? 困惑する警部が知った驚くべき真実とは…。謎解きとしても秀逸な近未来ミステリ『白昼の悪夢』(中村保男訳 創元SF文庫『宇宙をぼくの手の上に』収録)。

 宇宙ロケットに乗せられた実験用のネズミは、異星人との接触によって高度な知能を手にいれます…。主役のネズミがかわいらしい、楽しい作品『星ねずみ』(中村保男訳 創元SF文庫『宇宙をぼくの手の上に』収録)。

 宇宙船の故障により、宇宙飛行士の男は、異星でサバイバルを強いられることになります。その星の生物をペットにした男は、救出を待ち続けます。ようやくたどり着いた救援隊が洩らした真実は、男の人生を一変させるものでした…。人間の普遍的な心理にも踏み込んだ、味わい深い佳品『みどりの星へ』(星新一訳 早川書房『さあ、気ちがいになりなさい』収録)。

 誰もいない森の中で、木が倒れたとき、音はしたことになるのだろうか? 不倫をした妻と恋人を見殺しにした男の罪はいったいどうなるのだろうか? 認識にかかわる哲学的問いをミステリに応用した、超絶的な傑作『沈黙と叫び』(星新一訳 早川書房『さあ、気ちがいになりなさい』収録)。

 自分はナポレオンだという妄想狂のふりをして、精神病院に潜り込んだ記者の青年。しかし、それには問題がひとつありました。実は自分はナポレオンなのだ! 正常と異常の境目がわからなくなってしまう、相対的思考の極致。めくるめくような作品『さあ、気ちがいになりなさい』(星新一訳 早川書房『さあ、気ちがいになりなさい』収録)。

 あと、長編では、突如パルプ・マガジンの安っぽいパラレルワールドに転移してしまう『発狂した宇宙』(稲葉明雄訳 ハヤカワ文庫SF)と、ある日火星から大挙して、地球にやってきた火星人たちが起こす顛末をユーモラスに描いた『火星人ゴーホーム』(稲葉明雄訳 ハヤカワ文庫SF)が面白いです。とくに『火星人ゴーホーム』は、単なる宇宙人の騒動モノかと思わせておいて、非常に奥深い哲学的なテーマを持った傑作です。

 ブラウンの主要作品を三人の作家が漫画化したという『フレドリック・ブラウンは二度死ぬ』(講談社漫画文庫)という本も出ています。中では『ミミズ天使』『さあ、気ちがいになりなさい』を漫画化した作品が、面白いですね。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
魅惑の世界
ですねえ、うっとり。
うーん、全部読んでみたーい!、となってしまいます。笑
kazuouさんのところにお邪魔すると、読みたい本が沢山出てきて、嬉しい悲鳴です。

こういう風に、自分が知らなかった作品を、その魅力を存分に知る方が紹介してくださると、ブログやってて良かったな~、としみじみ思います。

記事中リンクしたので、トラバもお送りしました。
(うーん、なんで、出来なかったんだろう。弾かれてしまったそうで、すみません・・・)
【2006/10/08 08:25】 URL | つな #nfSBC3WQ [ 編集]

>つなさん
コメント&トラックバック、ありがとうございます。
つなさんの記事を読んで、フレドリック・ブラウンの短編集をパラパラと拾い読みしていたら、やめられなくなってしまいました。既読なんですけど、やっぱりブラウンは面白いです。今でも、ハマる人はハマると思うんですけどね。

考えたら、そちらへトラックバックできなかったのは、記事中でリンク先のURLの言及がなかったからかも。最近のブログって、デフォルト設定で、そういうのが設定されてたりしますよね。
【2006/10/08 09:04】 URL | kazuou #- [ 編集]


フレドリック・ブラウンの短編は、どれも本当に読みやすくて面白いです。
しかし『ミミズ天使』の漫画化って…!み、見たい!!
これは3人のうちどなたが描かれてるんですか?察するに坂田靖子氏かな?
【2006/10/08 20:53】 URL | そら #- [ 編集]

>そらさん
ブラウンって、アイディアだけじゃなくて、文章もわりといいですよね。再読のときなんかに、内容がわかってても面白く読めるのは、そのせいもあるんだと思います。
『フレドリック・ブラウンは二度死ぬ』は、面白いですよ。20年以上前に出たものの再刊ですが、今読んでもなかなか。
『ミミズ天使』は、波津彬子が担当しています。原作からは、ギャグタッチで漫画化したものを想像しがちですが、けっこうシリアスなタッチで描いているのが、けっこう新鮮だったりします。
ちなみに、坂田靖子の担当は、『さあ、気ちがいになりなさい』と『プラセット』。他の二人の漫画家のタッチがわりと古びているのに対して、この人の作品は、全然古びていないのがすごいですね。とくに『さあ、気ちがいになりなさい』の漫画化は実に見事! そういえば坂田靖子の作風はどこかブラウンを思わせるところもありますね。
【2006/10/08 21:15】 URL | kazuou #- [ 編集]


 私は短編好きなのですが,おかしなことに短編の名手のフレデリック・ブラウンについては,長編から入りました(ミステリーではなく,SFですが)。
 「発狂した宇宙」,「火星人ゴーホーム」とぢらも名作ですが,好みとしては,「火星人ゴーホーム」でしたねえ。寝室にお邪魔する火星人,火星人に対処する方法を伝授する博士?に対する強烈な口撃などなど,やな連中のパワー全開のいい話でした(ラストがやや物足りないですが)。
 短編で読んだうちでは,やはり「ミミズ天使」が好きですねえ。意表をつきながらも,ヒューマニスティックな,「スポンサーへの一言」や「1999年」もなかなか。
 つまみ読みしかしていないので,kazuouさんの紹介を参考に,積読本をめくり返してみます。
【2006/10/08 22:53】 URL | おおぎょるたこ #- [ 編集]

>おおぎょるたこさん
長編では、やっぱり『火星人ゴーホーム』ですね。スラップスティックな中にも、「センス・オブ・ワンダー」らしきものが、垣間見える良作でした。たしか、小林信彦がエッセイでえらく褒めていて、なるほど、と思った覚えがあります。
『ミミズ天使』が好きな人は、わりと多いですね。オチが、外国人にはわかりにくいのは別としても、前半の不条理な展開や、その現象の秘密が明かされるところが、魅力的です。
ブラウンの短編は、現代SFの元ネタになっているものも多くて、そういう面でも面白いですね。
【2006/10/09 07:56】 URL | kazuou #- [ 編集]


どれもこれもおもしろそうなショート・ショートですね。星新一にも影響を与えたということなので。読んでみようと思います。「沈黙と叫び」は特に気になります。
「さあ、気ちがいになりなさい」の自分はナポレオンだ!というのはよくある設定のようですね。今読んでいる北村薫「ニッポン硬貨の謎」にもこのくだりが出てきました。
【2006/10/09 10:33】 URL | 加納ソルト #- [ 編集]

折り紙つきの面白さです
星新一が好きな方なら、ブラウンは、絶対気に入ると思いますよ。短いだけに、余計な枝葉末節がないので、すぐ物語に没入できます。
『沈黙と叫び』は大傑作! 初めて読んだら、すごく驚くんじゃないかと思います。こんな話を思いつく時点で、ブラウンは天才でしょうね。
「自分はナポレオンだと思っている」精神病患者、というのは、現実にもよくあるそうです。フィクションでは、それを踏まえて、ステレオタイプとして使っているようですね。
【2006/10/09 10:51】 URL | kazuou #- [ 編集]

センチメンタル・ブラウン
この記事を読んでいたので、今日実家に顔を出したとき、本棚からF・ブラウンを持ってきてしまいました。そこであれ?と思ったのが創元推理の『宇宙の一匹狼』と『73光年の妖怪』の2長編。はっきりいって凡作。これらを読んだがゆえにF・ブラウンは短編に限るの思いが強くなり、『発狂…』と『火星人…』を手に取ったのはずいぶん後になってからでした。
それでも表紙(司修と真鍋博)を見るとSFをむさぼり読んだ昔が懐かしく思い出されます。
【2006/10/09 14:27】 URL | 迷跡 #- [ 編集]


「闘技場」はスタートレックの一エピソードになったやつですね。カーク船長が孤軍奮闘する話で、個人的にはいまいちだったんですが、結構人気のあるエピソードみたいです。
しかしブラウンといえば逆説を駆使して現実を揺さぶってくれる話の方が好きで、「沈黙と叫び」は私も初めて読んだ時にしびれました。あの話の哲学的問題はかなり影響を受けましたね。後、良く登場する唯我論とか。
ブラウンはミステリやサスペンスを書いてもうまい人だったんですが、そっちの系統がほとんど絶版になっているのが悲しいです。
【2006/10/09 14:39】 URL | Takeman #- [ 編集]

>迷跡さん
『宇宙の一匹狼』と『73光年の妖怪』は、たしかに凡作かも。ブラウンの主要短編を読んだ後に、これらの作品を手に取ったんですが「ええ、これがブラウン?」というくらい凡作でしたね。やっぱりブラウンは短編に限るなあ、と(今でも?)思っております。
ああ、そうか、昔のカバーは真鍋博でしたっけ。そういえば彼のカバーは今でもあんまり古びていませんね。ハヤカワのクリスティーなんかのカバーも好きでした。《クリスティー文庫》で一掃されてしまいましたが。
【2006/10/09 15:05】 URL | kazuou #- [ 編集]

>Takemanさん
僕も逆説的な論理を駆使するタイプの作品は大好きですね。『沈黙と叫び』とか『唯我論』とか『事件はなかった』とか、認識論をネタに使った作品はすごく面白いです。『火星人ゴーホーム』の解説でしたか、稲葉明雄氏がブラウンのネタは「哲学」だ、というのに、なるほどと納得した覚えがあります。
ブラウンのミステリはあんまり読んでないんですが『悪夢の五日間』なんて、面白かったですね。まあ全体的に、SFほど革新的なことをしているわけではありませんが、職人芸であることはたしかだと思います。
【2006/10/09 15:11】 URL | kazuou #- [ 編集]


先週実家に帰った折に、「未来世界から来た男」を引っ張り出して読み直しました。上記作品以外にも、「ミステリ百科事典」でも取り上げられた「雪女」も好きです。
転居先の近くの図書館には結構古い文庫が多く所蔵されてまして、先日はブラウンの「まっ白な嘘」を借りました。「沈黙と叫び」(こちらでは「叫べ沈黙よ」)は何度読んでもラストで戦慄がはしります。またラストに載っている「うしろをみるな」。散々ネタバレされている話ですが、何度読んでも面白いです。
あと個人的にはブラウンのミステリーも悪くはないかなと思っています。基本的にはワンアイデアを膨らませた感じですけれど。「3,1,2とノックせよ」とか「やさしい死神」とかいいですよ。
【2006/10/14 08:44】 URL | げし #ItxbjV56 [ 編集]

ブラウン・ミステリ
そういえば『雪女』もいいですね。民話をSF的に解釈する…というパターンの話はよくありますが、ブラウンは本当に人を喰ったアイディアで楽しませてくれます。
ブラウンは話のあらすじを聞くだけで面白そうなので、『ミステリ百科事典』はじめ、いろんな本でその梗概が紹介されてますよね。ネタを知った後で読んでも面白いところがまたなんとも。
『沈黙と叫び』あと『うしろをみるな』も好きな作品です。
ブラウンのミステリはまだほとんど読んでないので、楽しみが残ってます。ただ創元から出ていた文庫本はミステリに関する限り、ほとんど絶版になってるんですねえ。
【2006/10/14 09:04】 URL | kazuou #- [ 編集]


俺もこの作家は大好きです。
ミステリーもいい物がありますね。
真っ白な嘘、3,1,2とノックしろ、なんか好きです。
とにかく安心して読めます。
【2008/08/10 22:57】 URL | hitosi #mQop/nM. [ 編集]


職人作家といったら、やっぱりブラウンですね。
ミステリも手堅く楽しめるものが多いけれど、やっぱり個人的にはSFやファンタジー方面の作品が好みです。
【2008/08/11 20:43】 URL | kazuou #- [ 編集]


まさにセンス・オブ・ワンダーですね。
今月、エリン、ブラッドベリ、チェスタトン、ブラウンとそれぞれ2~3冊ずつ読みましたが、
もちろんすべて面白かったのですが、殊にブラウンの短編群はどれも唸るほど面白かったです。
現代日本の作家でもこれほど面白い短編を書ける人、自分には思い当たりません。
(もちろん星-小松-筒井-椎名らの大御所は除きます。でも自分にはこの3人も超えているほど印象でしたが)

SFショートショートのアイディアの秀逸さにまず感心したのですが、
一方で「いとしのラム」のような悲しく美しい幻想的な作品も書けちゃうし、
一体どういう脳みその構造だったのでしょうか。ほんと、異能ですよね。

今後もこの人の著作を可能な限り読み進めたいです。
【2010/04/16 17:12】 URL | おのじ #TMk8PTho [ 編集]

>おのじさん
ブラウンの短編は傑作揃いですね。同時代の他の作家、例えばウィリアム・テンの作品が今読むとかなり古びていたりするのに比べて、驚くほどブラウン作品は古びていないように思います。
稲葉由紀氏でしたでしょうか、ブラウンの作品は哲学的な思考が根本にあるのではないか、という意見を述べておられましたが、そういう点も古びていない要因のひとつかなと思います。
アイディアもすごいけれど、アイディアだけではなくて、叙情性とか寂寥感にも優れているんですよね。ほんとうに間口の広い作家です。
【2010/04/17 12:56】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/149-462b4c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「フレドリック・ブラウンは二度死ぬ」/いつかは読みたい、フレドリック・ブラウン

坂田 靖子, 橋本 多佳子, 波津 彬子 「フレドリック・ブラウンは二度死ぬ 」坂田靖子さんのマーガレット奥さんの本 を読み始めたら、ついつい既に読んだ坂田さんの本にも手を出してしまいました。とはいえ今日のこの本は、坂田靖子さんだけでなく、波津彬子さん、橋 日常&読んだ本log【2006/10/08 08:15】

ミミズ天使

 結婚間近で幸せ一杯のチャーリー。 日曜日の朝5時15分ごろ,釣りの餌になるミミズを掘り出し,つまむあげようとしたとき,ミミズは白い羽をはばたいて,ゆるやかに優雅な螺旋をえがいてゆっくりと舞い上がったのだ! しかも頭の上に小さな金色の輪をかけて。 火曜日の わしには,センス・オブ・ワンダーがないのか?【2006/10/08 22:55】

「未来世界から来た男」 フレドリック・ブラウン

『未来世界から来た男』 NIHGTMARES AND GEEZENSTACKS 著者:フレドリック・ブラウン (Fredric Brown) 訳者:小西宏 出版社:東京創元社 創元SF文庫<感想>第1部「SFの巻」 、第2部「悪夢の TK.blog【2007/01/06 12:49】

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する