怪奇の館へようこそ  創元推理文庫『怪奇小説傑作集』
怪奇小説傑作集 1 (1) 怪奇小説傑作集 2 (2) 怪奇小説傑作集 3 (3) 怪奇小説傑作集 4 (4) 怪奇小説傑作集 5 (5)

 つねづね公言していますが、僕は短編がとても好きです。そういうわけで、必然的にアンソロジーを読む機会も多いです。
 そこで、生まれて初めて読んだアンソロジーは何だったかと考えると、たぶん『怪奇小説傑作集1~5』(創元推理文庫)になるでしょうか。最近新装版が出ているので、お読みの方もいるかと思います。国別の編集になっていて、「英米編1・2・3」「フランス編」「ドイツ・ロシア編」となっています。「英米編」の巻数が多いのは、やはりこのジャンルでは、作品量・充実度からいって突き抜けているからですね。
 けれど、「フランス編」「ドイツ・ロシア編」は、文学好みの方からも評価が高いようです。というのも、「英米編」の収録作品がいかにもな「怪奇小説」なのに対して、この二巻は、かなり異色な作品が入っているからです。とくに澁澤龍彦編の「フランス編」4巻のセレクションが凄い! もともとフランスには純粋な英米型の怪談が少ない、という理由もあるのでしょうが、広義の「幻想小説」としか呼べないような作家・作品を収録しているところが、凝っています。
 いわゆる「文豪」をはじめ、「小ロマン派」作家たちや、シュルレアリスム系の作家など、そのヴァリエーションは「怪奇小説」の枠を越えてしまっています。なかでも、とくに生彩を放っているのは、ナンセンスやエスプリに満ちた幻想小説群でしょう。
 恋愛を「科学的」に研究するという、シャルル・クロスの奇妙な恋愛小説『恋愛の科学』、姿を消すことの出来る能力を持った青年の悲劇的なストーリー、ギョーム・アポリネール『オノレ・シュブラックの消滅』、再婚しようとした愛妻のもとにあらわれる夫の幽霊を描く、アンリ・トロワイヤ『自転車の怪』、嫌がる娘の代わりに舞踏会をもぐりこんだハイエナを描くシュールな作品、レオノーラ・カリントン『最初の舞踏会』などは、どれも絶品です。
 全巻の中で、最も個性的な巻でしょう。確かに僕もこの巻が、いちばん面白かったような気がします。
 それでは、以下、各巻の簡単な内容を挙げておきましょう。
 1巻は、英米編その1。古色蒼然とした、いかにも「イギリス的」な怪奇小説集です。ブルワー・リットンの『幽霊屋敷』、ヘンリー・ジェイムズ『エドマンド・オーム卿』あたりはいかにも古い!
 とはいえ、W・W・ジェイコブズ の超名作『猿の手』、アーサー・マッケンの官能的な世紀末奇譚『パンの大神』、W・F・ハーヴィーの暗示の極致を極めたサイコ・スリラー『炎天』あたりは、読んで損のない作品でしょう。ただ、全体的に展開が遅い作品が多いので、現代の読者にとっては、まだるっこしく感じられるかもしれません。
 2巻は、英米編その2。1巻より時代が新しいせいもありますが、わりと凝った内容の作品が増えています。いわゆる「モダンホラー」の先駆的な作品集で、シリーズ中で、いちばん娯楽性の強い巻でしょう。
 植物になってしまう男の奇妙な運命を描いたユーモア・ホラー、ジョン・コリア『みどりの想い』、幸運を呼ぶという妖精の住む鳥籠を手に入れた夫婦の悲喜劇、ヘンリー・カットナー『住宅問題』、H・G・ウエルズの、異世界の風景が映る水晶球をめぐる瀟洒なファンタジー『卵形の水晶球』、肩越しにふりかえると「あるもの」が見えてしまう男が、世捨て人になった契機を語るという、J・D・ベレスフォード の奇妙な作品『人間嫌い』などが、必読です。純粋な怪奇小説というよりも、SFやファンタジー的な要素が強い作品が多いのも特徴です。
 3巻は、英米編その3。順当な名作集というところでしょうか。
 毒によって育てられた美しい娘を描くホーソーンの名作『ラパチーニの娘』、「あとになって」わかるという暗鬱な幽霊小説、イーディス・ワートン『あとになって』、フィッツジェイムズ・オブライエンのSFホラー『あれは何だったのか』、ウィルキー・コリンズの鬼気迫る名作『夢のなかの女』など。
 巻末に収められた、ウォルター・デ・ラ・メアの中編『シートンのおばさん』は、吸血鬼小説のヴァリエーションとも言われる意欲作なのですが、暗示が異様に多用された象徴的な作品なので、この手の作品を読み慣れていないと、何が書いてあるのかわからないかも。
 5巻は、ドイツ・ロシア編。それぞれ、どれも面白い作品が集まっているのですが、作品数が少ないのが非常に残念。ドイツとロシアと別に1巻にしてほしかったですね。
 クライスト『ロカルノの女乞食』は、ドイツ怪談の超名作。掌編といっていい長さながら、切りつめた硬質な文章が素晴らしいです。「怪奇小説」というよりも「短編」としての完成度が高いものでしょう。
 ケルナーの『たてごと』は、 ロマンチックな幻想恋愛小説。
 首つり事件の頻発する宿に住み込んだ青年を描く、エーベルス『蜘蛛』は、ドイツ流怪奇小説の名作。一人称の記述も効果的です。
 死んだ美女の祈祷をまかせられた青年僧が出会う恐怖の夜を描いたゴーゴリ『妖女(ヴィイ)』は、ホラーでありながらもユーモアの要素を失わないのが、面白いところ。
 あと、神秘的な黒衣の僧と出会う青年を描く、チェーホフには珍しい怪奇小説『黒衣の僧』など。
 このシリーズ、巻数順に読もうとして、最初に1巻に手を出してしまうと、ちょっと退屈だと感じて投げだしてしまう恐れがあります。何しろ、今となっては1巻の巻頭の『幽霊屋敷』を読み切るのがつらい!
 そういうわけで、読む順番としては、まず2巻で様子見。次に4巻、その次は3巻か5巻、最後に1巻を読むというのが、推奨したい読み方ではあります。
 ちなみに、このシリーズは、タイトルに「怪奇小説」とうたっているので、ホラーが苦手な人からは敬遠されがちだと思うのですが、現代の「ホラー」とはまた違って、格調高い名作や、ユーモアのある幻想小説など、ヴァラエティに富んだ作品集なので、せめて4巻だけでも読んでみていただきたいと思います。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
このシリーズ
ずっと気になっておりつつも、手を出せていないシリーズなのです。
なるほど、巻数順に読もうとすると失敗するのですね~。
いいガイドを頂きました♪
幻想的なお話も好きなので、4巻からトライしてみようかなぁ。
日本は夏が怪談の季節だけれど、欧米ではむしろ秋冬なのですっけ。
季節的にも挑戦するのにいい感じですね。
【2006/10/01 13:03】 URL | つな #nfSBC3WQ [ 編集]

怪奇小説日和
そうなんです。1巻の収録作品は、かなり「クラシカル」なので、この手の古い怪奇小説を読み慣れてないと、けっこうつらいと思います。僕はこういうのも好きなんですけどね。
4巻はもう「怪奇小説集」ではなくて「幻想小説集」ですね。編者の好みが如実に出ていて「軽み」のある楽しい作品が多いです。この巻を読んで、フランス文学の道に進んだ人もいるとか聞きますし、かなり世間に影響力を及ぼしたアンソロジーですね。
そうそう、欧米では冬が怪談のシーズンです。今はどうか知りませんが、昔はイギリスの雑誌では、ゴーストストーリー特集が組まれていたとか。ディケンズの『クリスマス・キャロル』も一種のゴーストストーリーですしね。
【2006/10/01 13:35】 URL | kazuou #- [ 編集]

おすすめは
こんにちは!
kazuouさんのおすすめは、4巻なんですね~。私はいま5巻を終えて、4巻を読み始めたところです。確かに面白そうな品揃えなんですよね。わくわく。

ところで、このシリーズは1~3巻も結構面白そうだったんですねー。私はなんとなく普段は英米文学を読まないのでスルーしていましたが; 2巻がとくに面白そうです!

あ、あと、私の手もとにあるのは新装版のようですが、こちらの装丁もいいですね。カバーの絵はひょっとして「ひらいたかこ」さんですか? いいなー。素敵。もっとはやくに買っておけばよかったです。
【2006/10/01 18:26】 URL | ntmym #- [ 編集]

旧版の方が…
そうです、画像のカバーは、「ひらいたかこ」ヴァージョンですね。一番最初のカバーは、模様だけの素っ気ないものだったので、この「ひらいたかこ」の新装版が出たときに、イラストに惹かれて全部買い換えてしまいました(笑)。最近出た新装版のものよりも、こちらの装丁のほうがお洒落だと思うんですけどね。
4巻のセレクションは、今見てもすごく斬新だと思います。解説もなかなか詳しいし、楽しめますよ。アンリ・トロワイヤやレオノーラ・カリントンの名前は、この本で知って、後にそれぞれの作品集を読んだりしましたが、この本を読んでなければ、手にとっていなかったかもしれません。
あと、1~3巻もなかなか面白いですよ。とくに2巻。ちょっとひねった作品や、気の利いた作品が多かったように思います。
【2006/10/01 19:10】 URL | kazuou #- [ 編集]


 私は,3巻までしか読んでいませんが,kazuouさんのレヴューを読んで,4巻は買いだなと思いました。
 それにしても,充実したラインナップです。
 kazuouさんの紹介作品のほかにも,M.R.ジェイムスの「ポインター氏の日録」が,戦慄を誘いますし,「こびとの呪」という人面疽の作品も切断の場面がすごいし,ラブクラフトの「ダンウィッチの怪」もいかにもおどろおどろしくて,大好きであります。
 でも,やっぱり,「猿の手」と「炎天」が双璧ではないでしょうか。
 年代を経ながら,何回も再版を重ねているため,貫禄をもったアンソロジーといえましょう
【2006/10/01 21:55】 URL | おおぎょるたこ #- [ 編集]

そうだったのか!
”模様だけの素っ気ない”カバーと今回復刊のカバーの間にこんなカバー・ヴァージョンがあったんですか。うかつにも知りませんでした。
私も英米のホラー古典作家はこのアンソロジィで知りました。アンロジィ無差別選手権があれば優勝候補筆頭でしょう。対抗馬は…ハヤカワの『幻想と怪奇』もまるで及びませんね。
【2006/10/01 22:09】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

>おおぎょるたこさん
ほんとうに充実したラインナップだと思います。考えたら、けっこうマイナーな作品も入っているこのアンソロジーが初版以来、版を重ね続けているのも、すごいですよね。
『こびとの呪』は、たしかに傑作ですね。ラヴクラフトは他にもっとすごい作品があるような気もしますが、なかなかだと思います。
M・R・ジェイムズもE・L・ホワイトも後に作品集が出ましたが、それも、やっぱりこのアンソロジーがあったからこそでしょうね。
【2006/10/02 06:55】 URL | kazuou #- [ 編集]

>迷跡さん
そうなんですよ、この「ひらいたかこ」版のカバーが出たときは、ずいぶんお洒落になったなあ、とか思ったものです。それだけに、新装版のカバーが変わってしまったのは残念です。ちなみに、このときは、活字を大きくしたりはしてなくて、単にカバーの掛け替えだけだったようですね。
アンソロジー無差別選手権! 『幻想と怪奇』は、今となってはちょっと弱い感じですね。対抗馬は、『怪奇小説の世紀』全3巻(国書刊行会)か、『怪奇幻想の文学』全7巻(新人物往来社)あたりでしょうか。
【2006/10/02 07:00】 URL | kazuou #- [ 編集]

こっちの方が
こっちの方がカバーが格好良いなあ(泣)。
ただ今、こちらで紹介されていた『悪魔のいる文学史』を読んでいるところです。もっとも興味のあったシャルル・クロスから読みました。
ヴェルレーヌとランボーの痴情のもつれに巻き込まれるわ、エジソンのような発明をしながらも、タイミングが悪くてパッとしなかったとか不遇な人生をおくっていたのですね。
他にもペトリュス・ボレルや小ロマン派に触れられていて、非常に面白いです。

怪奇小説傑作集4はどの作品も好きです。でも、それを収録編纂した澁澤龍彦の解説が一番好きかもしれません。何だか、愛が溢れていて。
【2006/10/03 09:22】 URL | イーゲル #- [ 編集]

>イーゲルさん
そうですよね。やっぱり、カバーは、ひらいたかこヴァージョンが一番お洒落だと思います。
四巻は、編者の澁澤龍彦が個人的に好きな作品を集めた、という感が強いです。それだけに、解説も自身楽しみながら書いている感じがするところがよいですね。
シャルル・クロスの詳しい伝記は、僕も『悪魔のいる文学史』で知ったのですが、破天荒な人生を送った人みたいですね。めぐりあわせが変わっていたら、大発明家として歴史に名前が残ったかもしれない、というのには驚きました。作品に劣らず、人生そのものが興味深い作家です。
【2006/10/03 18:56】 URL | kazuou #- [ 編集]


kazuouさんのレビューを読んで、書店で値段を見てびっくりしました。
キレイになったけれど値段もバージョンアップですねぇ。5巻の内容がちょっと寂しいのが残念
ですね。種村氏あたりが加わっていればよかったのかもしれません。


フランスの怪奇・幻想のアンソロジーは児童書ながら金の星社・『世界こわい話ふしぎな話傑作集』が
面白いラインナップだと思います。アンソロジーは児童書も要チェックなんですよね。
【2006/10/04 01:04】 URL | shen #- [ 編集]

たしかに…
新刊はともかく、復刊や新装版が出るたびに思うのは、ずいぶん高くなったなあ、ということ。最近は、活字を大きくした結果ページ数が増えたりして、値段が上がる…というパターンも多いみたいですね。ハヤカワの『闇の展覧会』なんか分冊数が変わってしまったのには驚きましたが。
そうそう、5巻はもうちょっとヴォリュームアップしてほしかったですね。なんかこの巻は、おまけみたいな感じなんですよね。でも種村季弘が加わってたら、かなり前衛的になってしまっていたかも(笑)。『ドイツ幻想小説傑作集』なんか、ものすごいアヴァンギャルドでしたし。
児童書でも、そんなものが! そちらはまだ未知の領域ですね。
【2006/10/04 07:08】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/147-b0ed1e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する