ブラッドベリアーナ その3
サウンド・オブ・サンダー デラックス版 太陽の黄金の林檎 ウは宇宙船のウ ヴィレッジ

 ブラッドベリの映像化についても、少し語っておきたいと思います。ブラッドベリの作品は映像化不可能だ、とする意見もあるようですが、それなりに成功した作品もあると、個人的には思っています。フランソワ・トリュフォー監督の『華氏451度』は、ブラッドベリのセンスとは異なるとはいえ、映像美としてはかなりのものでしたし、ディズニーの『何かが道をやってくる』も悪くはありませんでした。
 短編の多いブラッドベリだけに、海外のドラマシリーズなどでは、ちょくちょく映像化もされているみたいです。未見ですが『ミステリー・ゾーン』でも、いくつかのエピソードが放映されています。僕の見たことのあるものでは『新トワイライトゾーン』の二つのエピソード、『エレベーター』『バーニングマン』があります。どちらも大したことのない作品で、どうも作品選択が間違ってるんじゃないかという節があります。
 個人的に一番評価したいのは、カナダで作られたオムニバス形式のドラマシリーズ『レイ・ブラッドベリ・シアター』。関東では、13年前ぐらいに、テレビ日本などで『怪奇の館』というタイトルで放送されていたので、ご覧になった方もいるかもしれません。
 ブラッドベリ本人が監修しているだけあって、作品のムードを実によく再現していたように思います。ちなみにビデオ化もされています(廃盤のようですが)。毎回冒頭に、ブラッドベリ本人が現れて、自分の部屋で前置きを語るシーンが映されるのですが、この部分だけでも、ブラッドベリ好きとしては、感涙ものです。
 映像化された原作を挙げると、『風』『骨』『少年よ、大茸をつくれ!(ぼくの地下室においで)』『泣き叫ぶ女』『群衆』『誰も降りなかった町』『ティラノザウルス・レックス』『こびと』『マリオネット株式会社』『使者』『遊園地』『ダドリィ・ストーンのすばらしい死』『みずうみ』『歓迎と別離』『棺』『草原』『鉢の底の果物』など。ブラッドベリファンなら泣いて喜ぶタイトルが目白押し。
 『使者』での詩的な結末、『ダドリィ・ストーンのすばらしい死』で原稿をばらまく幻想的なシーンなど、印象的な映像が今でも記憶に残っています。
 あと注目すべきエピソードとしては、『雷のような音』。原題は"A Sound of Thunder"。そう、これ、この前公開されたピーター・ハイアムズ監督『サウンド・オブ・サンダー』と同じ原作。
 近未来、タイムマシンが開発されますが、それは過去の時代での恐竜狩りをするという商売に使われていました。ある日、客の一人が、ふと蝶を踏みつぶしてしまったことから、未来が変わってしまう…という話。原作はごく短い短編で、過去のささいな出来事が未来に甚大な影響を及ぼすという、いわゆる「バタフライ効果」を扱った作品。
 ついでに、映画版『サウンド・オブ・サンダー』にも触れておきましょう。映画版では、過去からあるものを持ち帰ってしまったがために、未来が変わってしまうのですが、その影響が「時間の波」として、視覚化されるのが特徴。それによって、次々と植物や動物などの進化の道筋が変わってしまい、世界は荒廃してしまう…という展開になっています。一気に未来が変わるのではなく、何回かに別れて変化が訪れるので、人間には最後に影響が及ぶという設定になっています。
 この辺がどうもご都合主義な感じがするのですが、まあそれは良しとしましょう。あと、CGがけっこうしょぼいです。何しろ序盤の恐竜狩りのシーンが使い回しの映像を使ってたりしますから。でも、まあそれもあんまり気になりません。
 この映画の見所は、過去を元に戻そうという主人公たちが、異様な進化を遂げた動物や植物の攻撃をかわしながら、現代にものを持ち帰ってしまった客を捜す、というサバイバル的な部分にあるからです。このあたりは、いわゆるパニック・ホラーとして、なかなか秀逸。特殊CGを使った映像スペクタクルを期待すると、がっかりするでしょうが、演出もなかなか手堅く、飽きさせない作りになっています。そういう意味では、傑作ではないものの、まあまあ楽しめる佳作といえるでしょう。
 でも、ブラッドベリの作品とは全然違うトーンの作品であることは確かです。どうせ映画化するなら、短編を集めたオムニバスにしてほしかった…というのが、個人的な希望です。
 映像化、といえば萩尾望都の漫画化作品『ウは宇宙船のウ』(小学館文庫)も忘れられません。熱狂的なブラッドベリファンであるらしい作者が漫画化しただけあって、原作に対する愛情が感じられるところが、嬉しいところですね。
 画風的には好みではないのですが、うまく原作を視覚化していると思います。中では『泣き叫ぶ女の人』『びっくり箱』などが気に入っています。
 『びっくり箱』といえば、M・ナイト・シャマラン監督の映画『ヴィレッジ』『びっくり箱』にそっくりだ、という話があったようです。たしかにメインとなるネタはかぶっているような気がします。ただ、これ以前にも似たネタを使った映画や小説はあったようですし、パクリとか盗作というには当たらないような気がします。実際僕が思いつく範囲でも似たようなネタを使った作品があります。チャールズ・ボーモント『ロバータ』とかイアン・バンクス『蜂工場』、服部まゆみ『この闇と光』なんかも、そうでしょうか。
 問題は、長編映画であのオチを持ってくるところにあるのではないかと思います。しかも結末ではなく、その一歩手前でネタあかしをしてしまうところに、さらに問題が。要するに演出次第・上映時間次第では、もっとうまく出来たのではないかと思わせられるという意味で、お世辞にも傑作とは言えない、というところです。
 ちょっと脱線してしまいましたが、映画化においてはブラッドベリは今のところ、あんまり恵まれていないというのが正直なところですね。ただ前出の『レイ・ブラッドベリ・シアター』は、掛け値なしに素晴らしい出来なので、もし中古ビデオ屋で見かけたら、購入しておくことをオススメしておきます。

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
Illustrated Man
はじめまして、最近このサイトを見つけて楽しみにしています。

ブラッドべリの映像化の作品には「The Illustrated Man(刺青の男) 」(1969)もあります。原作と違う所もありそのイメージを持ってみると「あ~ぁ」と思うかもしれませんが
雰囲気や刺青の感じがいいので機会があれば是非!というところですね。

『レイ・ブラッドベリ・シアター』は米国でDVD化されてます。『The Illustrated Man』は
VHSのみで、TVで見た人やファンは「是非DVDにして!」といっているようです。
【2006/08/16 11:30】 URL | shen #ktK91OcQ [ 編集]

ぜひ一度見てみたいものです
shenさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
『刺青の男』の映画化作品の存在自体は知っていましたが、まだ見る機会には恵まれていません。そうですか、原作とはちょっと異なるトーンなのですか。本国でもDVD化されてないとなると、日本版は難しいでしょうね。
そういえば『火星年代記』の映像化作品も、このあいだDVD化されたそうですが、これも未見です。こっちはいずれ見たいと思っていますが。
『レイ・ブラッドベリ・シアター』は、やっぱりいいですよね! テレビシリーズということもあるのでしょうが、ちゃんと原作の味を損なわないように作られていたところが、よかったと思います。ビデオ版を中古ビデオ屋で探し回っているのですが、まだ数本しか見つかっていません。日本版のDVDを出してもらいたいものですね。
映像方面には詳しくないので、これからもご教示くださると、幸いです。
【2006/08/16 14:16】 URL | kazuou #- [ 編集]

あれ?
記事を読んでずいぶん前に買って開けてもいなかったビデオを引っ張り出して映してみました。
おお、はじめにブラッドベリが自分の部屋で話している!
「レイ・ブラッドベリSF怪奇劇場1」(指紋/棺)で1988年アメリカTVシリーズとありますが、ご紹介の『レイ・ブラッドベリ・シアター』と同一なんでしょうか。
安売りで買ったのですが(300円の値札がついている)、他の巻も買っておけばよかったと悔やまれます。
【2006/08/16 23:24】 URL | 迷跡 #- [ 編集]

ややこしいんです
『レイ・ブラッドベリ・シアター』は、何回かビデオが出し直されてるので、ややこしいんですよね。迷跡さんがお持ちの『レイ・ブラッドベリSF怪奇劇場』は二話収録で六巻組。後にそれを増補した四話収録の『レイ・ブラッドベリシリーズ』というのがまた六巻組で出ています。さらに、そのどちらにも入っていないエピソードを収めた三話収録の『レイ・ブラッドベリSFシアター/デンジャラスゾーン』というのが、二巻組で出ています。
『レイ・ブラッドベリシリーズ』と『レイ・ブラッドベリSFシアター/デンジャラスゾーン』を揃えれば、とりあえずビデオで出ているものは揃うわけです。以前にテレビ放送されたときも『レイ・ブラッドベリSFシアター…』の収録分は放送されなかったようなので、こちらの希少価値は高いかもしれません。
【2006/08/17 06:55】 URL | kazuou #- [ 編集]

こんばんは
『ウは宇宙船のウ』を読みました。

これって漫画化もされてるんですか?すごいですね^^;
『雷のような音』の映画版はそんな内容だったんですね。
CGがしょぼいとは噂に聞いてましたが、原作の良さは
ちゃんと残ってるのでしょうか?←映画を観ようか観まいか迷ってます^^;
『霜と炎』はいままで読んだことがない内容だったので
インパクト大でした。これが映画化されると是非観てみたいなぁ。

今、図書館で『社交ダンスが終わった夜に』を予約しており、
手元に来るのを楽しみにしております♪

P.S Boichiさんの『HOTEL』をやっと購入しました!
週末にも読みたいと思います^^
【2008/11/20 19:15】 URL | TKAT #- [ 編集]

>TKATさん
漫画版『ウは宇宙船のウ』はわりと評価も高いみたいですね。文庫版も出ているし。この漫画をきっかけにして、ブラッドベリを読むようになったという例もあるみたいです。

『雷のような音』の映画化は、あんまり期待すると裏切られるかもしれません。低予算SF映画として見るなら、なかなか面白いんですが、ブラッドベリの原作のトーンはほとんど感じられないです。

『霜と炎』は、やっぱりすごいですよね。僕も初読時にびっくりしました。ブラッドベリの作品には珍しい「センス・オブ・ワンダー」の感じられる作品だと思います。映画化したら、すごいスペクタクルになるでしょうね。今の技術なら視覚化も不可能じゃないかも。

『HOTEL』は、ぜひTKATさんの感想も聞きたいです。
【2008/11/20 20:27】 URL | kazuou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/132-0db4c3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ウは宇宙船のウ」 レイ・ブラッドベリ

『ウは宇宙船のウ』  R IS FOR ROCKET  著者:レイ・ブラッドベリ (Ray Bradbury)  訳者:大西尹明  出版社:東京創元社 創元SF文庫 ... TK.blog【2008/11/20 19:00】

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き。短編好き。異色作家好き。怪奇小説好き。
怪奇幻想小説の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。
主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。
記事の新旧に関わらず、コメント・トラックバックは歓迎しています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する