FC2ブログ
日本のホラー作品を読む

ほねがらみ 単行本 – 2021/4/14


芦花公園『ほねがらみ』(幻冬舎)
 大学病院に勤める男性医師の「私」は、怪談の収集を趣味としていました。さらにネットだけではなく、病院のスタッフや患者からも怖い話を集めるようになっていたのです。メールでの体験談、症例研究、記者から送られてきた資料などを調べているうちに、「私」は、ばらばらだった怪異現象につながりがあるのではないかと考え始めます。様々な記録に現れてくる、呪われた村、手足のもがれた体、邪悪な蛇…、その中心に出てくるのは「橘家」と呼ばれるある家系でした…。

 怪談収集を趣味とする医者の周囲で怪異が起こり始める…というホラー作品です。民俗学的な呪いや怪異を扱ったホラー作品なのですが、それらが様々な媒体でバラバラに現れてくる、というのが特徴です。ネット怪談や都市伝説風の創作に近いものから、直接的な怪異の体験談など、そのレベルは様々なのですが、それらを語り手の「私」が読んでいるうちに、記録に共通する現象が見えてくる…という作りになっています。そして内容を知るごとに「私」自身の周囲にも怪異現象が発生し始めるのです。
 様々な層の様々な語り手が語る話が集まっているだけに、何が真実(物語内で)なのか分からなくなってくるという、メタフィクショナルな趣向が使われています。最初の章「読 木村沙織」にしてから、怖い話を漫画化している語り手の元に、知り合いから何通かに分けて複数の話が送られてくるという話で、エピソード中に、さらにエピソードが再分割されるという複雑な構成になっています。このあたり、「はじめに」でも言及される、三津田信三作品の影響もありそうですね。
 主題となる怪異部分の解釈も面白いです。日本独自の民族的な呪いに海外のオカルト的な影響があったのでは…というユニークな解釈がされています。その形式も相まって、読者それぞれが物語の内容を再構成していくような面白さがありますね。
 もちろん純粋に怖がらせる部分でも、結構「怖い」作品です。



異端の祝祭 (角川ホラー文庫) 文庫 – 2021/5/21


芦花公園『異端の祝祭』(角川ホラー文庫)
 容姿が優れず内気なことから、人生が失敗続きだと考えていた島本笑美は、大手の食品会社「モリヤ食品」の面接を受けてその会社に就職することになります。ヤンと名乗る、不思議な魅力を持った青年社長に直接仕事を支持された笑美は、その作業の異様さに違和感を抱きますが、ヤンの言葉にはなぜか抗えないのを感じていました。
 一方、笑美の様子を心配した兄の陽太は、心霊案件を専門とする佐々木事務所に調査を依頼することになります。事務所の所長である佐々木るみと、その助手青山幸喜は、調査の過程で事件の異様さを知ることになります…。

 生まれつき死者の姿が見える女性が、異様な会社に入社したことから、霊的な事件に巻き込まれるというホラー作品です。
 引っ込み思案の女性がカルトのような企業に就職し、洗脳のような状態になってしまいます。心霊的なものが絡んでいると考えた兄がその筋の事務所に依頼し、その真相を探っていくという、<ゴースト・ハンター>風味のホラー作品です。
 探偵役の佐々木るみと青山幸喜が事件を追っていくことになるのですが、その捜査過程は独特です。霊的・宗教的な事件だとして、相手がどんな術を使い、どんな宗教的背景が分からなければ対抗できないとして、具体的な情報を集めようとするのです。特定の信仰がらみだとして捜査を進めるものの、それが上手くいかず、事態は暗礁に乗り上げてしまいます。
 佐々木るみのキャラクターも独特です。30代、中性的で、男女どちらか一見分からない、という風貌。礼儀正しく、慈善家のような一面を持ちながら、その内面は計り知れない…という、ちょっと不穏なキャラクターとして描かれています。
 一方、助手の青山は善人そのもののような人間で、純粋にるみを信用する「善」を体現したかのようなキャラとなっています。青山が持つ宗教的な背景がヒントとなって事態が打開される、という後半の展開も面白いですね。
 問題となる霊的現象も、異様かつ不条理でインパクトがあります。優し気な青年社長ヤンが要求する、異様な作業の意味は何なのか? 彼が持つ不思議な力とは何なのか? 加えてヒロイン笑美が生まれつき持つ霊能力はどうつながってくるのか? というあたりも興味深いですね。
民俗学的な題材が使われていますが、他にもカルト集団による集団の狂気、霊能力者の能力ゆえの孤独感と絶望感、探偵の秘められた過去など、いろいろなモチーフが混ぜ合わされており、読み応えのあるホラー作品となっています。
 登場する「霊」の描写もかなりグロテスクで怖いです。しかも後半に登場する怪異・超常現象は、それらの「霊」現象さえ大したことではないと思わせるようなインパクトがありますね。



地棲魚 単行本(ソフトカバー) – 2019/12/18


 嶺里俊介『地棲魚』(光文社)
 事故死した両親の葬儀のため実家に戻っていた片桐真治は、母の遺品の中から、母の弟、赤石信彦からの葉書を見つけます。かって一度だけ会ったことのある叔父は、母と奇妙な会話をしていたのを片桐は覚えていました。
 そこで聞いた話の中で、赤石家には一世代に一人か二人、特殊な能力を持つ人間が生まれるということ、その能力者は『矢の者』と呼ばれ、『的』を追い詰める任務がある、ということを聞いていました。実家との関係を嫌った母によって、赤石家とは断絶していましたが、青年期から片桐には不思議な能力が発現していました。
 叔父の住所が分かったことから、彼と話をしてみたいと片桐は叔父が住むという南房総の山奥を訪れようと考えます。片桐の家に夫婦で泊まっていた親友の貫井は、その場所を見て、かって起こった凄惨な誘拐事件のことを思い出します。それは、巨大企業グループの当主の息子が誘拐され殺害された事件でした。
 やがて山奥を訪れた片桐は、再会した叔父、赤石が異様な雰囲気をまとっているのを見て驚きます。何かを警戒しているらしい赤石は、一族のことや能力のことについてもまともに教えてくれません。
 それから片桐の周りで、いくつもの事故や殺人など、不可解な事件が起こり始めますが…。

 一族に伝わる不思議な能力を持つ男が、同じ一族の叔父に再会したことから、危険な災難に巻き込まれ命を狙われるようになるという伝奇ホラー作品です。
 一族との関わりを嫌った母親によって育てられた主人公片桐は、自らの能力やその由来について詳細を知らされておらず、それを知るため叔父のもとを訪れますが、まともな情報がもらえないところか、身の回りで彼の命を狙うかのような災難に巻き込まれます。これは一族の敵である『的』の仕業なのか? 叔父の赤石は何を知っているのか?
 現実に起きた殺人事件の謎を追っていくうちに、片桐の一族とその能力、『的』の秘密も明らかになっていきます。
 『的』の人間離れした能力が強烈です。殺人術に通暁するばかりか、人間離れした力と正確さを持っています。その強さは、相手が複数で正面から立ち向かっても皆殺しにされてしまうほどのもの。主人公が殺されないのもたまたま運が良いだけで、一方的に友人や知り合いを殺されてしまいます。
 能力者でありながらその使い方もよく分かっていない主人公は、敵からの攻撃をどう逃れるのか、どうやって敵を倒すのか、といったところは非常にスリリングですね。加えて、『矢の者』や『的』に関わる伝奇的な事実も徐々に明らかになり、その部分もホラーとして面白く読めます。特に、『的』がその力を使って、異形のものたちを作り出すという部分は、グロテスクながら、ホラーファンを魅了する魅力がありますね。



おどろしの森 (角川ホラー文庫) 文庫 – 2020/10/23


滝川さり『おどろしの森』(角川ホラー文庫)
 尼子拓真は、憧れだった新築の一軒家を購入します。しかし住み始めた直後から、お香のような甘い匂いや女の笑い声を感じ取るようになります。妻の茉祐や高校生の娘の祐希は何も感じないらしいのですが、幼い息子の勇真のみが、拓真同様、奇怪な現象を感じ取っていました。
 やがて、はっきりとした女の霊らしき存在までもが現れます。上司に連れられて訪れたガールズバーで、霊能力があるという若い店員ミヤと中年女性の鳳と顔見知りとなった拓真は、鳳に相談して家を見てもらいます。しかし家からは何も感じ取れないというのです…。

 新築の家に越した直後から、怪奇現象に襲われる男とその家族を描いたホラー作品です。家族のうちでも怪異が見えるのは父親の拓真と息子の勇真のみ。なぜか妻と娘には見えないのです。霊能力者に見てもらっても何も見えません。いったい何の怪異なのか?それに取り憑かれる条件が存在するのか? というところで、謎が深まっていきます。
 霊能力者であるミヤと、同じく能力者であるその恋人波瀬アキラが登場し、拓真の家の呪いに向き合うことになります。調査を進める間にも事態は悪化し、関係者の命さえもが危うい状況になってしまうのです。
 怪異現象に襲われ続ける拓真のパートのほか、派手好きな友人とのつきあいからパパ活にまで踏み込んでしまう娘の祐希のパート、幼い頃に怪異に襲われ呪われてしまったというミヤのパートとが併行して描かれていきます。
 成長して以後その仲がこじれていた娘の祐希と父親の拓真との親子愛、呪いの存在によって閉じこもっていたミヤと恋人の波瀬との関係など、怪異現象以外の部分でも読ませる作品になっています。
 怪異自体の描かれ方もユニークで、取り憑かれる条件や感染の条件、そして怪異現象が見える条件など、呪いの様々な特性が段々と判明していく過程は、なかなかにスリリングです。
 現象自体は派手なのですが、ちまちまと襲ってきていた前半に比べ、後半では俄然、物理的にも強力な力で襲ってくる怪異のインパクトは強烈です。空間さえもねじ曲げてくる怪物にどうやって勝つことができるのか? アクションホラーとしても秀逸な作品になっていますね。



Another 2001 単行本 – 2020/9/30


綾辻行人『Another 2001』(角川書店)
 数十年前のある生徒の死をきっかけに、そのクラスの生徒および関係者に死者が大量に発生するという〈災厄〉に取りつかれてしまった夜見山北中学の三年三組。〈災厄〉は数年に一度訪れ、それが始まってしまった場合は、死の連鎖を防ぐ方法はないと言われていました。
 ことに大きな被害を出した1998年の〈災厄〉から3年後の2001年。3年前の夏に見崎鳴と知り合った比良塚想は、父方の親類の赤沢家に引き取られて夜見山市に引っ越し、夜見山北中学三年三組の一員となっていました。
 〈災厄〉を防ぐために、三年三組の生徒と教師たちは、学期が始まる前から対策を講じようと考えます。最も効果があるとされていた対策に加えて、今年はさらに追加の対策をしようというのです。
 最初は対策が上手くいったかに見えますが、ある出来事をきっかけに、またしてもクラスは〈災厄〉に見舞われることになります…。

 理不尽な死の〈災厄〉に襲われる中学生とその関係者たちを描いたホラー長篇『Another』の続編です。前作から3年後、再び〈災厄〉に襲われたクラスの生徒たちを描いています。主人公はシリーズ外伝的な作品『AnotherエピソードS』に登場した少年比良塚想、『Another』のヒロインだった見崎鳴も高校生となって登場し、ところどころで想の相談役として活躍します。『Another』の主人公だった榊原恒一は海外にいるという設定で、電話のみですが、重要な場面で示唆を与えてくれる存在として登場しています。
 前作では〈災厄〉の謎や法則などが主人公に明かされていなかったため、手探りでそれらを探っていく展開だったのですが、今作では、主だったルールを主人公含めクラスの面々は承知していて、さらにそれの対策もしています。例年にない追加の対策も加え、安全にやり過ごせると思った矢先に〈災厄〉が発生してしまいます。
 追加で行った対策がまずかったのか、通常の対策が徹底されていなかったのか、それともランダムな現象なのか、相手がほとんど「自然現象」に近い存在のため、対応策が合っているのかどうかも分からないところに恐怖感がありますね。
 さらに〈災厄〉のある特性により、関係者たちに記憶の改竄が起こり、それが改竄されていることすら気づけない…という恐ろしい現象も同時に起こるのです。
 前作で、〈災厄〉を止める方法が見つかり、実際にその方法で〈災厄〉を止められるのですが、今作では、関係者にもその記憶が薄れてしまっており、それを実行することができないのです。
 しかも、ようやく再発見した方法で、〈災厄〉を止めることに成功するものの、今までになかった現象が発生してしまう、というあたり、手が込んでいますね。
 主人公想が引き受けるある役目が『AnotherエピソードS』での体験と通じるものがあったり、前作のヒロイン見崎鳴の家族に関する秘密が、今作での肝になっていたりと、シリーズを通しての伏線的な仕掛けも非常によく出来ていますね。前作で明かされた〈災厄〉の謎を前提にしたうえで、さらに新たな謎と展開を登場させており、続編として面白い作品になっているように思います。
 直接の続編なので、さすがに前作を読まずに読むのは難しいですが、作中で前作のあらすじや設定が言及されるので、前作を読んだけれども内容をはっきり覚えていない…という人にも読みやすくなっているかと思います。



わたしのお人形 怪奇短篇集 (集英社オレンジ文庫) 文庫 – 2020/7/17


瀬川貴次『わたしのお人形 怪奇短篇集』(集英社オレンジ文庫)
 瀬川ことび名義のホラー作品でも知られる作家の怪奇短篇集です。怖いホラーから楽しいファンタジーまで、バラエティに富んだ作品集になっています。

 海で父が奇怪な魚を釣り上げたことから少女が不思議な体験をするという幻想譚「海の香り」、家出した少年がふと出会った青年三人組と団地に肝試しに行くことになる「廃団地探検隊」、父親に虐待されていた少年が奇妙な生き物を見つけ育て始めるという「小さな生き物」、自分が夢に出てくるのを止めさせようとストーキングを続ける女の恐怖を描く「心配しないで」、引っ越し先の家に残されていた日本人形にまつわる怪奇現象を描いた「わたしのお人形」とその続編「わたしのお人形 その後」、悪魔に支配されたアメリカの町で、ひとり愛する男を探し続ける女性を描いた本格ホラー「インフェルノ」を収録しています。
 抒情的な幻想作品から、コミカルなファンタジー、本格的なホラーまでタッチが様々で、楽しめる作品集になっていますね。表題作にもなっている「わたしのお人形」が、本格的な怪異譚風に始まるものの、ユーモラスなファンタジーになってしまうのにびっくりします。

 ホラーとして一番魅力的なのは「心配しないで」
 女子大生の絵里は、地味な同級生佐伯直子から突然、夢に出てくるのをやめてほしい、と言われます。否定するものの、彼女は信じてくれません。ある日教室で眠り込んでしまった直子の頭のそばに、白い蝶がまとわりつくのを絵里は目撃しますが…
 相手が夢の中に現れ続けるという「妄想」を抱いた同級生から追い回される主人公の恐怖を描いています。それが「妄想」かと思わせて実は…という展開になっています。生霊が出現して物理的に害をなすなど、恐怖度の高い作品になっています。

 あと印象に残るのは「廃団地探検隊」でしょうか。
 成績のことで叱られた小学五年生の「ぼく」は家出をするつもりで夜に外に出ます。三人の青年を乗せた軽自動車に行き会った「ぼく」は、彼らに誘われて、廃団地に肝試しにいくことになりますが、団地で怪奇現象に遭遇した四人はあわてて逃げ出します。
一年後も同じメンバーで廃団地の探検をすることを約束した別れた「ぼく」でしたが、翌朝、母から驚くべき事実を知ります。数年前に大学生三人が乗った軽自動車が川に落ち全員が命を落としたというのです。彼らは幽霊だったのか…?
 家出した少年が気のいい青年たちと出会い肝試しをする、という展開もいいのですが、彼ら自体が霊である存在が示唆された後の展開もすごく良いのです。生者と死者の断絶、そして時の流れ、それでも変わらない友情が描かれる結末には、寂寥感と共に抒情性も感じられます。

 巻末の「インフェルノ」は、官能的な要素も濃いアダルトなホラーとなっています。悪魔を使役するらしき翳のある男に魅了されたヒロインが、彼が悪の側であるのを知りながら男を求め町を彷徨う…という作品です。伝奇ホラーとして面白い作品になっています。



祭火小夜の再会 (角川ホラー文庫) 文庫 – 2020/7/16


秋竹サラダ『祭火小夜の再会』(角川ホラー文庫)
 中学三年の浦沢圭香は、融通が効かないぐらい真面目な優等生でした。植物園で人を魅了するという奇怪な植物に遭遇した圭香は、そこで馴染みのなかった同級生、祭火小夜と出会い、親交を深めることになります。以来、小夜と共に様々な怪異に遭遇することになる圭香でしたが、小夜が怪異に詳しい理由、そして彼女が進んで怪異に近づいていこうとする理由について疑問を抱くようになります…。

 怪異に詳しい少女、祭火小夜の中学生時代を描いた、『祭火小夜の後悔』の続編、というか過去編といった趣の連作です。最初に高校生になった小夜と圭香の再会を描くエピソードが置かれ、続いて、二人に関わる過去のエピソードが語られていきます。
 前作に比べ、登場する怪異も小粒な印象があり、その意味で派手さには欠けるのですが、中では、願いの代わりに生け贄を要求する奇怪な男が登場するエピソード「身代わり」は、恐怖度が高くて面白いですね。
 最終エピソード「レプリカ」では、人間の分身的存在「ウツロミ」の存在が描かれ、その現象は、小夜と圭香の友情にも影響を及ぼすことにもなります。
 最初のエピソード「証」で、友人と再会したはずの圭香が、小夜のそれに比べて淡泊であり、読んでいてかすかな疑問を抱くのですが、その理由が最終エピソードを読むことによって判明します。タイトルの「再会」の意味が分かるクライマックスには味わいがありますね。
 全体を通して圭香の視点で物語が進むので、祭火小夜のキャラクターが薄めになっている感(これは前作でもそうでしたが)はありますね。前作ではその分登場する怪異現象にインパクトがあり魅力を放っていたのですが、本作ではそれほどの印象深い怪異は登場しないので、その意味でもちょっと薄味ではあります。ただ、少女二人の友情を描いた部分は悪くありません。作品全体の「仕掛け」も含めて、異色の青春小説としても読める作品かと思います。


テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kimyo.blog50.fc2.com/tb.php/1317-d0e50e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kazuou

Author:kazuou
男性。本好き、短篇好き、異色作家好き、怪奇小説好き。
ブログでは主に翻訳小説を紹介していますが、たまに映像作品をとりあげることもあります。twitterアカウントは@kimyonasekaiです。
怪奇幻想小説専門の読書会「怪奇幻想読書倶楽部」主宰。twitter上の怪奇幻想ジャンルのファンクラブ「 #日本怪奇幻想読者クラブ 」主宰。
『ミステリーズ!vol.96』(東京創元社)に怪奇小説の翻訳概況を書きました。
同人誌『海外怪奇幻想小説アンソロジーガイド』『物語をめぐる物語ブックガイド』『迷宮と建築幻想ブックガイド』『イーディス・ネズビット・ブックガイド』『夢と眠りの物語ブックガイド』『奇妙な味の物語ブックガイド』「海外怪奇幻想作家マトリクス・クリアファイル」を刊行しました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する